人気ブログランキング |

タグ:プーリア ( 53 ) タグの人気記事

オストゥーニ 1. プーリアへ誘った思い出の町

f0205783_1129724.jpg



マルティーナ・フランカにはじまり、アルベロベッロにロコロトンド。
怒濤の白い町巡りの最終地は、オストゥーニ。

日もだいぶ傾いてきたのに、まだまだ明るいイタリアの夏。
西日を浴びて、町が海が、キラキラ光ってる。
オストゥーニもまた、外から見る姿がひときは美しい町である。

プーリアの町はどこもそれぞれ魅力的だが、
アタシをプーリアに連れて来た町_オストゥーニは、やはり特別な感慨がある。

そのもっと前に行ったアルベロベッロだってプーリアに属する町だが、
アルベロベッロという町に行きたくて行った。

プーリアという地をもっと知りたい…という気にさせてくれたのは
間違いなくこの町、オストゥーニだった。

たった2泊だが、住まうように過ごせたこと。
遠く焦がれた町が、あたたかく自分を迎え入れてくれたこと。
初めて夏という季節にイタリアを訪れたのも、この旅だったな…と
見覚えのある通りを歩きながら、いろんなことを思い出した。




f0205783_13485648.jpg




白亜の要塞も、ひとたび中に入ってしまえば、光と影の迷宮となる。
それもまたこの町の魅力。

通りの隙間からのぞくオリーブ畑。
そのまた向こうに広がるアドリア海。

コレは海の蒼が飛んじゃったけど(笑)
実際、とてもハッとしてキレイな光景なのだ。
そして当時、ココから海が見えることに、ひどく感動したものだ。

でもって、また同じアングルで写真撮ってるじゃん、と一人苦笑い。
心惹かれる風景は、いつ来ても何度見ても、同じなんだな。




f0205783_1418138.jpg




町によってその顔が違う大聖堂のファサードは
しかし、プーリア・ロマネスク特有のやさしさがあって、
青い空と白い町によく似合う。

同じ白い町、
わずか数十キロしか離れていないマルティーナ・フランカのソレ_バロック建築とは
大きく違うことが、また興味深い。

建築様式って、ある意味、町の雰囲気を決める。

華やかなマルティーナ・フランカに、素肌美人のオストゥーニ。
もちろん、どちらもとてもキレイです♪


f0205783_1341950.gif
Città di Ostuni

このTOPの空撮はとってもキレイ!ホントに Città Bianca 〜白い街だね♪
by 21giova | 2010-08-22 23:29 | ├ オストゥーニ | Comments(0)

ロコロトンド 3. 白い町の白いワイン

f0205783_1621927.jpg



ロコロトンド…といえば、外から眺める特徴的な外観がステキ!なのに
目先の誘惑に気を取られて、写真を撮るのを忘れてしまった。
つくづく口惜しい。しまったチクソ〜!である(TOT)//

ちなみにこんな感じ。ね、キレイでしょ?

なぜかというと…カンティーナが町のすぐそばにあって
町を顧みることなく、そそくさチョッコ〜してしまったのだ(笑)




f0205783_13101636.jpg




美術館か博物館か?という立派な建物の、こちら Cantina del Locorotondo は、
1930年に、周辺の農家により結成されたプーリア初の生産者組合である。

スプマンテやグラッパをはじめ、いろんな種類のワインを手がけているが、
ココはビアンコで決まり!

なぜって、ロコロトンドが、その姿に似つかわしく〈白ワインの町〉と呼ばれるからデスvv
*町の名を冠した白とスプマンテは D.O.C. に認定されている。





f0205783_13151425.jpg



誰もいないし、入ってエエんやろか?エエやろ?
と、コソコソ侵入した内部は(笑)
ええ〜っ!!て思うくらい整然としててビックリしたが、
外観、美術館だからって、中までそうとは限らないモンです(^^ゞ

片隅に巨大なステンレスタンクが並んでおり (ああ〜人がいた!)
両手にでっかい瓶を抱えたジモティのオジサンが、
手慣れた様子で、タンクからワインを計り入れている。

う"う"う"っ…… 何度見ても羨ましい光景だわ (>_<)//

でぇ〜〜もっ! アタシたちだって負けてらんない!(笑)
空のペットボトルを差し出し、1Lほど入れてもらうvv
ワインのランクもあるが、1ユーロしなかった。

う"う"う"っ…… またまた羨ましい土地である。




f0205783_13303830.jpg




ペットワイン(笑) は寝酒にするとして…
せっかくだから、めでたく〈紅白〉ワインを買っていこう。
重たいけど車に放り込めば、後は帰る日に泣けばイイ(笑)

帰国してから飲んだキリリと冷やしたキリリな白は、
写真は撮れなかったけど、記憶の中の白い町を、
それでも充分思い出させてくれたのでした。



f0205783_1723417.gif
Città di Locorotondo
by 21giova | 2010-08-20 23:02 | ├ ロコロトンド | Comments(2)

ロコロトンド 2. にぎやかな行列のその正体は…

f0205783_12565093.jpg




奥に伸びるアーチのその先を、探るべきか否か…と悩んでいると

「何してんの?入って見ていきなさい」

とは、通りを所在なげに眺めていたおばあちゃん。   
ではでは遠慮なく・・・・・(^^ゞ

アメーバーのように家屋がくっついたコの字型のドンツキは、
ちょいとオサレな長屋風。

呼べば答え、ケンカの声も筒抜けだろうけど、
そこは人情溢れる南イタリア。

建物だってホラ、互いに支えあって建ってマス。
ありがとう〜♪おばあちゃん。




f0205783_12575814.jpg




静かだね〜♪と歩いてた通りから、なにやらマーチングバンドな音楽が聞こえてきた。
見れば、人がゾロゾロ歩いており、何やら楽しげだ(と、見えた)

なるほど、今日は祭りだったんだな。だから人がいなかったんだ!!

と、ヒジョ〜に身勝手な結論を出したアタシたち。
どんな祭りで何が起こるんだろ?と、列に加わり一緒に歩き出す。
いつ花火があがってもいいように(!)カメラを構えながら。

ところが列の先頭にある〈黒い箱〉を見て、状況を一気に把握。
祭りなんてとんでもなくて〈お葬式〉だったんデス…(TOT)// omg!!


f0205783_139220.gif


伊国のお葬式についてよく知らないが、
小さな町ではこのように棺を持って町内を練り歩き、
故人を悼みながら、亡くなったことを皆にお知らせする習慣_伝統?があるようだ。
で、最後は教会に運ばれミサが行われる。

行列してる人たちの服装もまちまち_Gパン&Tシャツの人もいるし、
和やかに歓談してるし、トランペットとか吹いてるワケですよ。

映画ゴッドファーザーにも同じような場面があったが、
あんな見るからに!って感じじゃなかったので
も〜すっかり勘違いしてしまった(^^ゞ

見るからに「コイツらわかってないやろ?」なアタシたちを非難するワケでもなく、
なんなら最後まで一緒にどぅぞ〜くらいなフレンドリーさもあったが(笑)
ココはそっと静かに列を離れる。

名も顔も知らぬ棺の人。どうぞ安らかに。。。R.I.P.
by 21giova | 2010-08-04 23:47 | ├ ロコロトンド | Comments(0)

ロコロトンド 1. その名の響きに思わず笑みがこぼれる白い輪っかの町

f0205783_1142859.jpg




アルベロベッロも一度聞いたら忘れられない語感を持つが、
そこからわずか3キロあまりにあるロコロトンドも、
思わず舌っ足らずで発音してみたくなるほどカワイイ響きを持っている♪♪

loco 〜場所、rotondo 〜丸い…という名の通り、
旧市街地はまぁるく円を描くように広がっていて、
1キロにも満たないその散歩道は、
何気なくおしゃべりをしてる間に終わってしまうほど短い。

アルベロベッロの賑わいがウソのように静かな通りは、土産物屋さえ多くなく、
だからよけい目を惹いた1軒のレースのお店。

フィガロ辺りか?日本の雑誌にも載ってたそうだ。
素晴らしい!w…というか、恐るべしニッポンメディアの情報網!

IL TEMPO RITROVATO




f0205783_12404756.jpg





ただ今4時デス…ではなく…

迷う事は絶対ない!と断言できるロコロトンドだが(笑)
万が一の時は、大聖堂の丸屋根か、この時計台を目指すべし。

列車の窓からも見える堂々としたその鐘楼は、
こんな小さな町には立派すぎるとも思うが、
もちろん、今も昔も町の人たちの誇りであり、シンボルとなっています。
by 21giova | 2010-08-01 23:51 | ├ ロコロトンド | Comments(0)

アルベロベッロ 4. フェチにはたまらい石積みの美学

f0205783_1461925.jpg




で、またトゥルッリの写真に戻る(笑)

Kちゃん母じゃないけど、スケッチにしろ写真にしろ
とにかく〈絵〉になる町…ってことだけは確か。

今日はご機嫌ナナメで、コロコロ変わる空模様だったけど、
晴れ間を狙ってパチパチパチリ♪
高い建物がないから、空がポッカリ抜けて見えるのもイイねvv



   
f0205783_16485659.jpg




またおンなじよぅなアングルで撮ってるなぁ〜と苦笑いしつつ、
ニッポンにおける屋根瓦フェチのアテクシとしては、
この美しい石積み屋根ははずせない。


ね、キレイでしょ?

近くで見るとさらに感動的♪ まさに芸術品だわ。

え?もぅイイって?(笑)




f0205783_12283341.jpg




そうそう、今日はまだこの後、いろいろ回らなくちゃ。。。
名残惜しいけど、そろそろお別れの時間です。

今から町へ向かう人。町を去る人。
すれ違う人々に浮かぶ表情で、そのどちらかを察することができる。
でも、みんな同じように微笑んでる。

一大観光地となっても、訪れる旅人にちょっとした幸せを与えてくれる、
やっぱりココは特別な場所のひとつです。
だって_おとぎの国だもんね。



*同じ世界遺産として、また、同じように特異な建造物として、
〈白川郷・五箇山の合掌造り集落〉と姉妹都市提携を結んでいます。

思わずなるほど!って頷いてしまった。サンカク仲間だね♪(笑)


f0205783_189314.gif
Città di Alberobello
f0205783_17253199.jpg

by 21giova | 2010-07-23 23:05 | ├ アルベロベッロ | Comments(0)

アルベロベッロ 3. ひと休みは名店のジェラートで

f0205783_1232995.jpg




トゥルッリの写真ばっかでもアレなので…(^^ゞ

今日は晩ご飯付きのアグリなので、座ってランチは我慢して、
小さななエノテカで立ち飲みワインと前菜をつまみ、
おデザとして行った Gelateria Arte Fredda

数年前、Kちゃんのご母堂がアルベロベッロに来た時食べたそうで、彼女曰く、

「今まで食べた中で一番美味しかったから絶対行ってきなさい!」
という厳命を受けての来店である(笑)

なるほど、いろんなアイデア商品をつくっては、賞も獲った店のようだ。
フルーツてんこ盛りのゴージャスなコッパも魅力的だが、
ここはひとつ、オーソドックスなジェラートを食べてみよう。

よそ見してるとアッちゅう間に溶けていくフワサラ感。
滑らかな舌触りに、素材の甘みが活きたアッサリ感。

アタクシ的美味しいジェラートの全てをクリアしてます。
うんうん、こらいくらでも食べれるわ (^^ゞ

とてもキレイな店だし、大通り沿いのわかりやすい場所にあるから待ち合わせにもイイと思う。
現に今、Mちゃんがダンナを引っ立て、ストール買いに走ってマス(笑)

ゆっくり帰っておいで♪
ううむ_その間に、もぅ1つ食べようかな (^^ゞ




f0205783_13312837.jpg
by 21giova | 2010-07-19 23:28 | ├ アルベロベッロ | Comments(0)

アルベロベッロ 2. 教会だってとんがり帽子

f0205783_9564111.jpg



アルベロベッロ=南イタリア…なのは間違いないが、
実は仙台とほぼ同緯度で、夏は暑く、冬は積雪さえある。 
降雨量も多くなく、貴重な雨水を溜めるためにも
この三角屋根は大活躍するんだそうだ。

〈屋根瓦〉(笑) をアップで見ると、まぁ上手に積んであるわいな!って感心する。

Chiancole〜キアンコレと呼ばれるこの石は、
地面を掘ればいくらでも出ててきて、
ノミを入れると水平にパキッと剥がれる性質があるのだという。

この石とか税金対策とか、
まさにいろ〜んな要素が必然とからみあって、三角トゥルッリができたのだ。
今さらながら、文化や風習とは、その地に根差すモノだと実感する。




f0205783_1429388.jpg




キレイに手入れされた、こちらはジモティのトゥルッリたち。

一歩外に出れば、カメラ片手の観光客とコンニチハ!だからか
住人とは一度も出会わなかったけど。
そうそう、フシギな事に(笑) 日本人にも会わなかったな。

こんな大観光地の中で住むのは大変だと思うが、
それでもやっぱステキな佇まいデス♪




f0205783_1555231.jpg



教会だってトゥルッリ仕様なこちらは、Chiesa di Sant'Antonio
ボスダリ の画でも有名な「聖アントニウスの誘惑」の聖アントニオを奉った教会である。

ホケ〜と外回りしてたアタシだけど、
ナイス!な相方K嬢が、内部の写真を撮っていました(^^ゞ

ほぉお〜♪内部のドームはこんな風になってるのねvv

アポロチョコみたいな円錐形がよくわかる。声も響きそう。
ちゃんと入って「おぅうおぉい〜♪」と叫んでみればよかった。
(そんなことしちゃダメです、ダメ!(笑)




f0205783_16355012.jpg



折しもちょうど明日からSアントニオ祭たるものが始まるので、
通りにはイルミネーションが用意されており、
なんと!オストゥーニだかブリンディジに法王サマ!も来るそうだ。
にこやかに微笑む法王サマの巨大なポスターがあちこち貼られていました。
by 21giova | 2010-07-15 23:47 | ├ アルベロベッロ | Comments(0)

アルベロベッロ 1. とんがり三角屋根のヒミツ

f0205783_17111995.jpg



トンガリお屋根のおとぎの世界。
空に向かって、あっちでこっちでニョキにょきニョキ。
土産物通りだってニョキにょきニョキ。
と、、やってきました。アルベロベッロ。

今やプーリア No.1 の観光地と言っても過言ではないでしょう。
昔の閑散とした姿をおぼろげながら思い出し、
すっかり立派になっちゃって…と、思わず母親気分で感慨にふけってしまった(笑)

町外れにデッカイ駐車場も作られていたし(驚!!) それに準じて観光客も多い!!
だから「よそサマお写り厳禁」な写真を撮るのに苦労する。
みんな同じこと思ってるだろうけど(笑)

それでもジモティの土産物屋はのんびりしたもの。
「一応」開けてるけど、偶然、客が入ればもうけもの_とばかりに
やる気ナッシングの昼休み中。
束の間、これでも静かな時間が流れる昼下がりのアルベロベッロである。

そんな中、商魂たくましいY子さんの店に捕まって?しまった(笑)
屋上に上がらせてくれて
間近でトゥルッリの芸術的な屋根を見れたのは貴重な体験だったけど(^^ゞ




f0205783_18272411.jpg




その昔_

「屋根がある建物は〈家屋〉とみなし税金を徴収する」というおふれに対して
「屋根がなかったらエエんやろ?」と、石を積み上げた簡易な屋根を作り、
役人が来たらササッ!と取り壊し
「ほら見てみぃ。屋根なんかないやんけっ!」とやったのが
この特異なトゥルッリの形態のはじまりといわれている。

とても〈すぐ〉壊せるとは思えないが(笑)
厳しい税金から逃れるための、精一杯の知恵だったのだろう。

それが今、イタリア屈指の観光地として、多くの人の目を楽しませている。
時の流れ…って不思議だよね。




f0205783_18321443.jpg




こぅやって見ると、古代の古墳か遺跡のような重量感。
モルタルなど接着剤なしで、まんま積み上げただけ。
それでも崩れないのは、熟練の職人技の賜です。

だから彼らは、自ら作ったトゥルッリが遠目でもわかるよう
三角屋根の突端に、ピンナコロ〜Pinnacolo という飾り石を置いたそうだ。
なるほど〜全部違うよね〜♪

多分、最盛期は、他と違うカタチを考えるのに親方も頭を悩ませただろうが、
現在、屋根ふき職人は数えるほどしかいないという。

後継者不足は世界共通の悩みのひとつだと思うが、
とんがりムーミン谷のためにも、後継者よ立ち上がれ!と思うアテクシでした。
by 21giova | 2010-07-11 23:11 | ├ アルベロベッロ | Comments(0)

マルティーナ・フランカ 3. 壮麗なバロック建築を愛でるべし

f0205783_17152822.jpg




マルティーナ・フランカのもぅひとつの〈顔〉は、
壮麗なバロック建築の宝庫だということ。
深窓のお嬢さまは、白く美しいだけでなく、古典でデコラな一面もお持ちなのでアル。

で、またまたこの人の名前が出てくる。ハイ!フェデリーコ2世 デスねvv

あっちもこっちもフェデリーコ♪プーリア中がフェデリーコ♪
と〈フェデリーコ音頭〉ができそう(笑)

ではなく_

彼が創設したこの街は、住人や商人を集めるために免税特権が与えられ、
おかげで大いに栄えたという。
フランカとはつまり、免税〜Franco を意味し、そのまま街の名となったのである。

その後も街は発展し続け、
懐の潤った商人たちがしたことといえば_

ハイ、お約束ですね。
寄進をして、バカスカと教会を建てることであります(笑)




f0205783_11193065.jpg




そこには神への感謝もあるだろうが、
いろんな通りのいろんな角の、正面から横から、ありとあらゆる所から
そりゃあ〜立派な教会が顔をのぞかせる。

どれも同じに見えてくるほどあって困るが(笑)
街のサイズにあったほどよい大きさなので、屋外オブジェのように楽しむことができる。
教会&建築マニアにはたまらないんじゃないかと思うvv

レッチェもバロック建築の宝庫だが (良い意味で) 雑然とした街なので、
ゆっくりキレイに見るには、マルティーナ・フランカはお薦めデス♪





f0205783_1133197.jpg




もちろん、自身の邸宅も負けじ!と、たいそう立派である。
日本だと「うだつ」が上がりっぱなし!といったところだろうか(笑)

よくわかんないけど、天災などの被害にもあわず、
当時の姿がそのまんまとてもよく残っていると思う。

意匠を凝らした門扉やバルコニーなど、見てて飽きることがない。
   



f0205783_11404837.jpg




時々そこに、ヒラヒラ洗濯物が干してあったりしてクスリ♪ともなるが、
家とは人が住んでなんぼのモン。

上からのぞきこむ住人と目があっても、
そこは明るく、ブォ〜ンジョ〜ルノ♪ と挨拶を交わせば、必ず笑顔が返ってくる。


夏季に開催されるイトリア谷音楽祭〜
FESTIVAL DELLA VALLE D'ITRIA でも有名なマルティーナ・フランカ。
いつか泊まって、このフェスティバルを見てみたいな。
(いつか…ばっかだが…(^^ゞ


f0205783_19345176.gif
Città di Martina Franca
by 21giova | 2010-07-08 23:31 | ├ マルティーナ・フランカ | Comments(0)

マルティーナ・フランカ 2. 実は穴場な白い街

f0205783_1658633.jpg


   

たとえば検索ワードで〈マルティーナ・フランカ〉と入れてみると、
レストランやカフェ、結婚式場と、
さまざまな場所でその名が使われていることに気が付く。
もちろん日本でのハナシ…だが。

異国の地名には、特異な響きがつきものだ。

舌を噛みそうな、お隣〈アルベロベッロ〉に比べると
〈マルティーナ・フランカ〉とは、実に流麗な響きを持っている。
「どこかに」使いたくなるのもムリはない。

実際、この街は、とても魅力的だ。
歩くのに、見るのに、休むのに、ちょうどよい大きさ。

大型バスで大挙するビジターもまだ少なく、
だからか、どことなく、瀟洒で上品な感じを漂わせている。




f0205783_10523993.jpg




石畳も壁も、道行く人の服までもが「白」
プーリア特有の Città Bianca 〜白い町の典型的な風情が楽しめる旧市街の小径。

迷路のように続く道はしかし、広々としていて閉塞感がない。

頭上に並ぶ窓には花が溢れ、そのもっと上には、大きな空が広がっている。
白い道はどこまでも明るいのだ。





f0205783_10494573.jpg




そんな中でこんな看板を見つけると、思わず微笑んでしまう。

角を曲がれば、ジモティ御用達の生鮮店。

色鮮やかな野菜たちが目に飛びこんできて、こちらもどれどれ…とのぞきこんでみたくなる。
うわ〜〜!!ズッキーニの花がある!食べたい食べたい!(笑)




f0205783_1144162.jpg




かといって、こんなのどかな顔だけでないのが、この街のいいところ。

周囲に点在する〈白い町〉の中で、マルティーナ・フランカはいちばん大きな街でもある。
ちょっと都会的…というか機能的に過ごしたいなら、ココを拠点にして周辺を回るのもよいと思うし、
店も多いので、のんびり散策組もショッピング組も、双方満足できる_と思いマスvv
by 21giova | 2010-07-04 23:57 | ├ マルティーナ・フランカ | Comments(0)

il-vento 2つめの別館デス♪本館に代わり、旅の記憶を辿ります。Copyright(C) Giova21. All Rights Reserved.


by 21giova
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る