人気ブログランキング |

スティーロ2. ブラブラ旧市街を歩いてみる

スティーロ2. ブラブラ旧市街を歩いてみる_f0205783_20351561.jpg




カットリーカも見たことだし、ちょいと町を歩いてみましょう。

お天道サマがてっぺんまで登り、昼食をたっぷり詰め込んだ胃袋と脳ミソが、満足げに瞼を閉じようとする、町がいちばんまどろむ午後過ぎ。昼食前にも仲良くだべってたのに違いないオヤジたちが、食後もやっぱりワラワラ集まってる(笑) たとえ誰かがコックリ船を漕いでいても、おしゃべりとカードを繰る手は止まらないのだ。

でもって、そ〜ゆ〜とこを隠し撮りするイケナイアタシなのであった(^^ゞ





スティーロ2. ブラブラ旧市街を歩いてみる_f0205783_21510104.jpg




あんな場所に建っているカットーリカが今も現存しているのはイッツァミラコ〜!!と前述したが、それは1783年1908年に大地震があったから。特に1783年の被害は甚大で、20近くあった町の教会のほとんどが倒壊してしまった。

この Duomo di Stilo も地震後に再建されたものの、2度目の大地震に襲われた時、これは体裁を繕っているバヤイではない!と、11世紀に起源を持つ町で1番歴史がある教会を護るために、優雅な入口だけを残して全体をすっぽり壁で覆ってしまった。この写真じゃあ〜よくわかんないけど “塗り込められた” 箱状になっていて、ある意味必見なんです。




スティーロ2. ブラブラ旧市街を歩いてみる_f0205783_23020888.jpg




もぅ1つ“必見” ⁈なのがコレ。
入口横に生えてたコレ。
無言で2度見してしまったコレ。
“足” ですね〜コレ
なんですのぉお〜〜コレ?!

近くにいた小さな女の子に「コレなぁに?」と聞いてみると、脱兎の如く逃げられ、普段は子どもウケのよいアテクシ、3ミクロンほど傷ついたけど(笑) 信者が破壊した異教の神の残りモノ。または異教に勝利した象徴物…など、諸説あるようだ。

それでも世の中、気になる人はいるようで、残された唯一の手が掛かり〜履き物に注目した人がいた(笑) 古代ギリシャの時代から、身分や用途によって数種類の履き物があったが、こちらは丈夫で長距離の移動に適した男女兼用のkrepidoi というサンダルの一種らしい。だから、踝から上がどんな人物であれ“杖と振り分け荷物”持った旅人スタイルだったかもしれない。

もし“真実”を知りたなら、BARに集う長老を捕まえて話を聞くといい。真偽はどうであれ、必ずやオモロイハナシを聞かせてくれることだろう。





スティーロ2. ブラブラ旧市街を歩いてみる_f0205783_21035327.jpg




おぉ〜っと!!! ココでもオールドチンク発見(//∇//)
今でも動くの?ノンノン、そんなこたぁ〜ど〜でもイイ。出会えただけで目ン玉ハート♪
南部での遭遇率は北より遙かに高い気がします。

で、多分地震のせいだと思うけど、城門(Porta Reale) が崩れ落ちちゃってる。これはコレで絵になる風景だが、他の通りの城門は修復再現されているので、ココもそのうち手が入ることだろう。なんといっても16世紀の遺跡なのだから。




スティーロ2. ブラブラ旧市街を歩いてみる_f0205783_20463400.jpg




同じ通りを下っていくと、アラブとビザンチンの同盟を意味した2匹のイルカの噴水があり、狭い道から視界が広がってきたな〜と思うと、正面にS・フランチェスコ教会が見えてくる。

ここにはスティーロが生んだルネサンス時代の代表的な哲学者トマソ・カンパネッラの像がある。難しそうで読む気にもならないけど(笑) 代表的な著作『太陽の都』は岩波文庫から出版されているので(さすが岩波!!(違)、興味のある方は…どうぞ(^^ゞ




スティーロ2. ブラブラ旧市街を歩いてみる_f0205783_14235440.jpg




度重なる震災にもめげず、カットリーカに近い山裾に居を構え続けた先人たち。そこは今、迷路のように小径が延びる旧市街になっている。

そ〜ゆ〜所を気ままに歩くのが大好きで、町の西側まで行けなかったんだけど、ま、それもイイんじゃない?! チンクだけじゃない、絵になる光景もいっぱい転がってるし…ね。






スティーロ2. ブラブラ旧市街を歩いてみる_f0205783_20494692.jpg



最後に…背後に迫るコンソリーノ山の麓を囲むように、スティーロを含め3つの町が点在している。そのうち山を挟んで北にあるBivongi〜ビヴォンジは、かな〜り感じが良い町だ。昨今注目されている散在型宿泊施設〜アルベルゴ・ ディフーゾ(Albergo Diffuso)も取り入れているので1泊するのもよいと思うし、スティーロとセットで訪れてもイイと思う。くぅ〜!知ってたら泊まってたのになぁ〜。 ←例によって後で知ったのである(>_<)//







# by 21giova | 2019-12-10 23:44 | ├ スティーロ | Comments(0)

スティーロ1. 世界遺産候補?! カラブリアが誇る美しきカットーリカ

スティーロ1. 世界遺産候補?! カラブリアが誇る美しきカットーリカ_f0205783_12282280.jpg




海上に浮かぶ城から一転。
ちょいと山側に登ってやってきたのは“イタリアの最も美しい村” Stilo〜スティーロ

山といっても海から数キロほど。上へ上へとあがるにつれ水平線が顔を出し、よそ見運転するのに忙しい(笑)




スティーロ1. 世界遺産候補?! カラブリアが誇る美しきカットーリカ_f0205783_13004289.jpg



ドライブの途中でよく見かける、通りかかるような町は、人口3千人ほど。それでも我々のようなビジターが絶えず足を止め、訪れるのは、単に “美しい村”だから…だけではない。

破壊と略奪をよしとする侵略者でさえ、その佇まいに魅了され手をかけなかったという、奇跡のように美しい教会〜 Cattolica〜カットーリカ があるからだ。





スティーロ1. 世界遺産候補?! カラブリアが誇る美しきカットーリカ_f0205783_13513945.jpg




車を停め、テクテク歩いていくと……
うぅうむ!!!いやはや、これはね〜、こんなの見たことないわ〜(//∇//)

どこか拙いのに温かみを持つ煉瓦積み。幾何学風の意匠は明らかに東の風を運んでおり、ラヴェンナのソレを思い出したほど。5本並ぶ特徴的なドームの下に9つの正方形部屋が並ぶギリシャ十字形のプランは、すなわち、典型的な(中期)ビザンチン様式になっている。

サンタ・セヴェリーナにも年期の入った“ビザンチン様式”が幾つかあったが、カットーリカは、文句のつけようがないほど完璧なスタイルだ。10世紀建立という歴史も含め、たいへん貴重な宗教遺跡として、2015年のミラノEXPOでは州を代表する教会として紹介。今や世界遺産候補にもなっている。もし実現すればカラブリア州初の、そして待望の世界遺産となることだろう。

アタシたちが行った時は内部は撮影禁止だったのでwikiの写真をお借りして





スティーロ1. 世界遺産候補?! カラブリアが誇る美しきカットーリカ_f0205783_13515185.jpg




残念ながら写ってないけど、中央を支える大理石の支柱が4本建っていて、1本は逆さまコリント式が(本来は意匠がある方が上なのに下になっている!)、もぅ1本はドーリア式の柱が使われている。

当初はイスラムの礼拝堂として使われていたこと。どこぞのローマ遺跡からかっぱらってきたことから(!!) 様式なんぞ気にしなかったのかもしれない。それか、シマッタ!間違えたとか…ね(笑) なんにせよ、かなり珍しい事だと思う。

オマケにこんな言い伝えもあるという。
男手数人は必要な柱を、1人1本。4人の若い村娘が、道中、歌い踊りながら運んできたという。伝説は、ロマンとファンタジーがとことんあった方がいい。逆さま柱と共に、想像しながら見るとオモシロイかもしれない(๑˃̵ᴗ˂̵)و





スティーロ1. 世界遺産候補?! カラブリアが誇る美しきカットーリカ_f0205783_13521363.jpg




内部にはところどころに色鮮やかなフレスコ画が遺っている。これが創建当時のように、全ての面が壁画と装飾で覆われていたら、決して広くないこの空間で、息苦しいまでの“美圧”を受けるだろう。朽ち方と遺り方がアタシ的にはちょうどよくって、敬虔でありながら、安心して身を任せられる心地よい雰囲気を醸し出している。

調査によると、イスラムの礼拝堂からキリスト教会へと移っていく際に、4回ほど描き直されているそうだ。それでも“ハコ”には手を加えなかった先人たちの良識に、感謝と合掌を贈りたい。





スティーロ1. 世界遺産候補?! カラブリアが誇る美しきカットーリカ_f0205783_13522356.jpg




でもって、ディテール好きにもたまらないつくり♪♪なのよね〜。
一見、それほど難しい事はしてない(ように見える)のに、組み方1つでこれだけ顔が変わる。もし煉瓦づくりの家を建てるなら参考にしたいくらいである(笑)

特に屋根!こんなクッキーあったよね?!と思うのはアタシだけ?
美味しそうな色(!!) といい、ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家みたい(//∇//)





スティーロ1. 世界遺産候補?! カラブリアが誇る美しきカットーリカ_f0205783_13523476.jpg




実際、それはそれはキューとなサイズなのです。
しかもこ〜〜〜んな所に建ってるの!! (写真:Wikiより)

訪れた時は町外れにあるんだな〜くらいしか認識できなかったので、こんな写真見ると改めてビックリする。正面からしか入れない、見れないワケがわかったわ。

今も昔も地震が多い南イタリアの、ましてこんな場所に現存しているのは、厚さ70cmの鎧(壁)をまとっている、実は細マッチョだからかもしれないが、やっぱミラクルよね〜と、しみじみ思ってしまうのであった(>_<)//

Cattolica di Stilo
入場料:4€
4〜9月 9〜20時 10〜3月 10〜18時 最終入場は15分前まで
伊語・英語の音声ガイドあり( 3€ )



# by 21giova | 2019-11-21 23:01 | ├ スティーロ | Comments(0)

レ・カステッラ 青き海に浮かぶ美しき城

レ・カステッラ 青き海に浮かぶ美しき城_f0205783_20335660.jpg




次の町に行く前にちっくら寄り道。サンタ・セヴェリーナから南下した Le Castellaという海岸線の町に、なんとも幻想的なお城〜Castello aragonese le castella があり、ひと目見た瞬間、行く行く行く〜〜!! と、恋に落ちゃったからだ。

前の投稿で、カラブリアの沿岸沿いには数え切れないほど城や要塞があったと書いたが、この城もその名の通り、アラゴン人が防衛のために築いたもの。こんな突端にあったら、さぞかし矢面に立たされだろうと思うが、それは遠い昔の話。

平和な今、その特異なシチュエーションゆえ、オヤジ度MAXなアテクシでさえ身をよじって悶えるほど美しい〜(//∇//) 青い海に浮かぶお姿は、イタリア屈指の“美城”と言っても過言ではあるまい。




レ・カステッラ 青き海に浮かぶ美しき城_f0205783_20543537.jpg




でね、決めてたんデス。ここでカラブリア初泳ぎをしよ〜と。
さらには、iPhoneに高価な防滴カバーをつけたからには海中撮影もしたかったのでアル(^^ゞ

ちゃんと泳げるアテクシですが、ぷぅぷぅ浮き輪を膨らませ、ザブンとプカプカ〜♪
海から見るとまんまインフィニティキャッスル。伊国のいろんな海に入ってきたけど、こんな贅沢な眺め、初めてデス♪

で、iPhoneは…というと、海中ではボタン押されへんや=ん!!と、アホな事に気が付き、プカプカ撮りだけして早々に断念。だって「肉眼」で見るこの景色の方が断然キレイなので、iPhone にうつつを抜かしてるなんて勿体ない!

海もたいへんキレイで、足元にピヨピヨ泳ぐ小魚がハッキリ見えるほど。
それもそのはず。この一帯はイタリア最大級の海洋保護区〜Area Marina Protetta Capo Rizzuto に指定されているからだ。

普通、こ〜ゆ〜場所は立ち入りが厳しく制限されているが、約40kmに渡る海岸線の中でガイドの引率が必要不可欠なエリアはごく限られており、残りは自由に出入りできるという、規制がゆるい希有な?!保護区になっている。だからこ〜して入れるワケで、オンシーズンともなるとパラソルの花が咲き乱れるほど(笑)




レ・カステッラ 青き海に浮かぶ美しき城_f0205783_22400730.jpg




と、お城と共に初泳ぎを楽しんだのだが………
まだ午前中で海が温まってなかったようで、美しい景色ほど水温はやさしくなく、実は唇青いよ?なサブイボ泳ぎであった(ガキんちょか〜いっ!!!)

そ〜ゆ〜時はコレっ!!!!
昨日、タンクからペットボトル(!!)に入れてもらった赤い液体の出番デス。
水温と反対に、毛布みたいにあったかい砂浜に座って飲む。これもまた至福なり。

アントニオもまさかこんな所で飲んでいようとは思わないだろ〜が(笑)
ありがとう〜〜リブランディ〜!!!




レ・カステッラ 青き海に浮かぶ美しき城_f0205783_22074775.jpg

お城とタツノオトシゴのロゴがカワイイ♪♪


海岸線の町はどこも小さく素朴で、キャンピング場や長期滞在用のレジデンスなどが点在。それでも数はそう多くない。例えば外国人も入り乱れて良くも悪くも大賑わいなトロペーアに比べると、ず〜っとのんびりできるだろうと思うと、実はとっても穴場エリアじゃないかと思った。たとえ喰っちゃ寝して海で過ごす、行動範囲500m以内な毎日になったとしても…だ(笑)

だからといってアクティビティがないワケじゃなく、オンシーズンには海底が見えるグラスボートが出たり、ガイドと一緒に潜れば、城の近くに沈んでいるという難破船の残骸やマリア像なども見れるらしい。きゃ〜!それってかな〜りステキ♪♪

…というのは後付けで知った事で、 この時はまだシーズンインしてなかったんだけど、お宿の資料でたまたま知って、それでも来てヨカッタ〜♪♪




レ・カステッラ 青き海に浮かぶ美しき城_f0205783_22392285.jpg



こっから別のオマケ話として……

実は城まで行く時、あんま道がわからんけど、こんな1本道やけど、ホンマにお城に辿りつくんかいな?と、結構アドベンチャーだった。

最近ようやくwifiをレンタルし、Googleマップをカーナビとして使うようになったけど、レンタカーで伊国を回り始めた2002年以来ず〜っと、この時も、地図といえばズバリ紙の地図を意味し、ミシュランのイタリア全土を網羅したロードマップが良き相棒だったからだ。

しかしこの地図、縮尺が小さいので、ローカルな地域のローカルな道を辿るのが難しい。しかもそ〜ゆ〜場所ばっか好んで行くから始末が悪い(笑) それでも道路標識を信じれば(!!)、大抵行きつくのだが、経験上、迷ってエライ事になるのがイヤなので、アタシはいつも自前の紙地図も用意する。

Googleマップ上で調べた小さな町への入り方や駐車できる場所、目当ての店などをメモと共にプリントアウトしていくのだ(意外に用意周到派(笑) これはGoogleマップなカーナビと併用してでも、今でも必ず用意する。特に最近読んだ記事に、うんうんと頷いてしまったので、城までの“これで大丈夫かロード”事件(!!)を思いだしたのだ。その記事はコチラ↓


GOD!!!ってくらい便利なツールだけど、Googleマップに頼りすぎるのも問題ってこと。ルート検索だって結構トンチンカンな時があるし、万が一、wifiやスマホが使えなくなったらど〜すんのさ?そんな時、大いに役に立つ紙の地図。それはまるで、出来は良いけど奔放な息子を見守る母のような存在。だからね、必要なんです。大事なんです。…と、思ってマス。

但し…この時のように突発的に行き先を変えると少々困る上に、エラソに言ってるわりにはだいたいアテクシ、あんまし地図が読めない人間なのだ(爆) だから「母」と共に助手席も大事なんだよなぁ〜(笑)







最後にもぅ1度、お城を思い出してもらうために貼っておこう♪♪





# by 21giova | 2019-10-28 23:23 | ├ レ・カステッラ | Comments(0)

il-vento 2つめの別館デス♪本館に代わり、旅の記憶を辿ります。Copyright(C) Giova21. All Rights Reserved.


by 21giova
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る