人気ブログランキング |

ペンテダッティロ 悲劇を背負い廃墟と化した奇岩の村

ペンテダッティロ 悲劇を背負い廃墟と化した奇岩の村_f0205783_14373884.jpg




雲ひとつない青空の中に奇っ怪な姿をさらす岩山と、そこに同化してしまった家々。手を変え品を変え(?!)幾度も現れるカラブリアの絶景にはホントビックリさせられる。一体どんだけアタシを驚かせたら気が済むね〜んっ?! って。

ボーヴァと同じように、イタリア統一前までギリシャ語圏の独立したコミューンだったペンテダッティロ〜Pentedattilo. 舌を噛みそなその名はギリシャ語で「5本の指〜ペンタダクティロス 」を意味する。それがグレカニコ(移民のギリシャ語とカラブリア方言のMIX)に変換されて、数字の5〜Pente + 指〜dattilo = Pentedattilo になったという。

ギリシャ語でもグレカニコでも「5本の指」という意味には間違いない。
それもそのはず。その昔、尖塔のような岩が何本も立っており、さながら雲を掴まんとする巨人の指のようだったからだ。






ペンテダッティロ 悲劇を背負い廃墟と化した奇岩の村_f0205783_15265137.jpg




まるで南イタリアのカッパドキア?! ペンテダッティロの奇景は芸術家たちのインスピレーションを大いにくすぐったのだろう。全然知らないけど(笑) 英国人の画家、エドワード・リア(上) の絵なんて、まさしく「手」!! 想像だとしてもこんな姿だったのかな〜と思うと、まるで秘境の聖地のようではないか。

下は知ってる人も多いはず。だまし絵で有名なMC・エッシャーだ。1930年頃、実際にこの地を訪れた彼は、ペンテダッティロの風景を何枚も描いている。当時はココまで来るのは大変だったはず。しかし、そうまでしても己の目で見たかったんだよね。そらムリもない。アタシだってこの姿を知った時は、行かねばならぬ〜っ!!って思ったもん(^^ゞ





ペンテダッティロ 悲劇を背負い廃墟と化した奇岩の村_f0205783_21144446.jpg




今にも傾き崩れてしまいそうな巨岩もそのまま。
90年前のエッシャーの絵と、驚くほど同じ姿を留めるペンテダッティロ。

なぜなら、時が止まっているから。
なぜなら、人の営みがないから。





ペンテダッティロ 悲劇を背負い廃墟と化した奇岩の村_f0205783_21224259.jpg





今まで何度か書いてきたように、カラブリアを襲った2度の大地震と自然浸食によって、もろい砂岩でできた巨人の指は、手を閉じるように欠けていく。

そのうち大崩落の危険性も出てきたため、1960年、州はついに住民に撤退命令を出す。以来ココは廃村になってしまったのだ。





ペンテダッティロ 悲劇を背負い廃墟と化した奇岩の村_f0205783_15052768.jpg




人々が村を去って約60年。

それが長いのか短いのかわからないが、目眩がしそうなほど強烈な陽射しの元では、ゴーストタウンな悲壮感はあまり感じられない。

むしろ、よくできたオブジェのような村人たちの置き土産を探検してみたくなるような、カラッとした荒涼感が漂っている。





ペンテダッティロ 悲劇を背負い廃墟と化した奇岩の村_f0205783_20365160.jpg




ね、こ〜ゆ〜所なんて、ジモティが子どもの頃、1度は行ったことあるんじゃないかな〜。
アタシだったら絶対秘密基地作りに来たと思う。親に止められても…さ。

で、その子が親になって自分の子どもに同じ事言うの。
危ないから行っちゃダメ!って…ね(笑)
妄想半分だとしても、いかにもありそうな話で、1人、クスクス笑ってしまった(^^ゞ





ペンテダッティロ 悲劇を背負い廃墟と化した奇岩の村_f0205783_20232722.jpg




だからといって、そんなサンダルで、そんな所に立たないでぇええ〜〜〜!!!!!
とは、エエ歳して無謀な事しまくるお連れサマ。

アタシも高所は平気です。むしろ好き♪
でも…こんな自然の、足場の悪い所は本能的にコワイ。ってかさ〜、子どもちゃうねんからやめて欲しいデス。心から。。。。( ̄o ̄)

*端っこ行く時は、足元に十分注意してください。こんな所で脳天カチ割ったら(おいおい!!)、病院行くまで「1日」かかるので。





ペンテダッティロ 悲劇を背負い廃墟と化した奇岩の村_f0205783_14120062.jpg




周囲がスカーンと拓けているので、標高約250mでも眺めはよい。

ほぅら、イオニア海の水平線も見えるよ♪





ペンテダッティロ 悲劇を背負い廃墟と化した奇岩の村_f0205783_21231715.jpg




撤退命令が出ても、なるべく近くに留まりたいと思った人たちも多かったようだ。

万が一、大崩落が起こったら、その距離ってどうなん?と思うほど。
わずか500mほど南に小さな集落もある。




ペンテダッティロ 悲劇を背負い廃墟と化した奇岩の村_f0205783_13455075.jpg




廃村といっても、有志により手入れされている教会〜Chiesa dei Santi Pietro e Paolo(FB)があり、廃墟ツアーというか、アタシたちのような観光客も増え、土産物屋や軽食を提供する店もポチポチできはじめた。だからか、教会周辺は比較的キレイに整っている。

また、世界中から関係者が集まる短編映画祭〜Pentedattilo International Short Film Festival が毎夏開催されるなど(今年はムリだな〜(TOT) 特異なシチュエーションを活かした観光事業にも着手。無人の廃村から人々の息吹が通う新しい第2章へと、徐々にその顔を変えつつある。





ペンテダッティロ 悲劇を背負い廃墟と化した奇岩の村_f0205783_15273359.jpg




暑くてアテクシがダウンしてる間に行方不明になっていた友人は、いつの間にか教会の鐘楼に登っていた。元気やな〜キミ(笑) そう、ここなら安心して遠景を臨めます。

さてこの教会には伯爵だったアルベルティ家の墓があり、いはくつきの血生臭い史実がある。前回長々とベルガモット談義をしたので今回は短く…って思ってたんだけど、あ〜コレは!というネタを知ってしまうと書き残しておきたくなるので、も1回、我慢して読んでください(^^ゞ

同じくペンテダッティロの名家だったアベナヴォリ家は、領地問題で長年揉めてるアルベルティ家と犬猿の仲だった(キ〜ッ、似たよな名前でややこしいわい!!) しかし、アベナヴォリ家がアルベルティ家の娘、アントニエッタをめとる事になり、両家の確執も収まると思われていた。

ところが思わぬ横恋慕が入る。アントニエッタの兄とナポリ総督の娘が結婚することになり、その家族がペンテダッティロにやって来た時のこと。体調を崩しペンテダッティロに長逗留することになった総督の息子が、アントニエッタに熱烈フォーリンラブしてしまったのだ。

彼の家柄に揺らいだのか、当主となっていたアントニエッタの兄ロレンツォは2人の結婚を許してしまう。これに激怒したのは彼女と結婚するはずだったベルナルディーノ・アベナヴォリ。彼の怒りはもっともだが、オジサンと政略結婚するより異国の若者に惹かれてしまう。映画やドラマのようにわかりやすくベタな展開である。しかしこの後がまずかった。ヒジョ〜にまずかった。




ペンテダッティロ 悲劇を背負い廃墟と化した奇岩の村_f0205783_14512117.jpg




そうでなくても仲が悪かった両家の黒歴史が再燃。家名と己のメンツを潰されたベルナルディーノは、武装隊を率いてアルベルティ家を襲撃する。問題の2人は総督に対する人質とし、アルベルティ家の人間のほとんどを、幼子まで無残に虐殺。特にロレンツォにはライフル2発を撃ちこんだ上に「14回」も刺しに刺した。

アルベルティ家に息子と娘がいる総督も黙ってない。首謀者のベルナルディーノは取り逃がしたものの、軍を派遣して下手人の首をペンテダッティロ城の城壁にさらしたという。

16世紀後半に起こったこの出来事は「La tragedia di Pentedattilo〜ペンテダッティロの悲劇」という小説になったほど耳目を集め、冬の北風がたてる音はロレンツォの悲鳴で、ペンテダッティロの5本の指は、血に染まったベルナルディーノのソレであるという言い伝えと共に、アルベルティ家虐殺の物語は以後、長く語り継がれる事となる。

惨劇の場が今は廃村と化してる事に時の流れの無情さを思うが、こ〜ゆ〜事があったんですね。つたない収集力なので多分、多分ですよ、内容合ってると思うけど(!!) Wikiにも詳しい記述があるので参照してみてください。




ペンテダッティロ 悲劇を背負い廃墟と化した奇岩の村_f0205783_19104594.jpg




そっか〜。知ってる人からすると不吉な5本指なのかもしれないね。
→ ええ、ハイ。いつものように(!!)後で知ったのでありマス(^^ゞ

事前に知っていたら少しは見る目が違ったかもしれないけど、年老いた巨人の掌(たなごころ)に護られているように見えたペンテダッティロ。でも…それはそれでよいのだろう、きっと。

史実は史実として、時は過ぎ、人々の思いは散り散りに舞う。
確かな事はただ1つ。それは…天地の怒りに触れない限り岩山が今日もそこにあり、明日もそこにあるということだ。少なくともアタシにとってペンテダッティロは、とても美しい所であったことも。





# by 21giova | 2020-07-13 21:00 | ├ ペンテダッティロ | Comments(0)

ボーヴァ2. 人々を魅了した黄金の香り ベルガモットのお話

ボーヴァ2.  人々を魅了した黄金の香り ベルガモットのお話_f0205783_21342218.jpg




ボーヴァ(の周辺)にはグレカニコの他に希少な物がもぅ1つある。
カラブリアが誇る柑橘類の一種、ベルガモット〜Bergamotto だ。

果肉は苦くて食用に向かないが、果皮から抽出される精油(エッセンシャルオイル)は、数々の有名ブランドの香水の中に。アタシたちも口にする紅茶のアールグレイの香りづけに。強い抗菌作用を活かした医薬品に。その他さまざまな食品の香料として使われている。

暑かったので果汁入り炭酸ジュースをさっそく飲んでみましたv
良い意味で、イケてないグレープフルーツのような苦みとライムのようなスッキリした香り。木陰のベンチで口にした事を差し引いても、灼熱のボーヴァに一陣の風が吹き渡ったように爽やかで、実に、実に美味しいデス♪♪

これを作っている La Spina Santa は、他にも多くのベルガモット製品を手がけており、アグリも併設している。ホントは泊まりたかったんだけど、ローカルエリアのアグリあるある物件〜全然返事が来なくて泣く泣く諦めたのであった…合掌、、、





ボーヴァ2.  人々を魅了した黄金の香り ベルガモットのお話_f0205783_22424441.jpg

特等席でベルガモットをいただきました(//∇//)



ではこっから、後付けで知った(またか〜いっ‼︎)「すごいぞベルガモット!」についてアウトプットしていきマス。表皮5ミリな知識でベルガモットを目指したアタシ。知らなくても困らないが、知っていたらと思うと残念に思ったし、万が一誰かのお役に立つかもしれないので(?!) むっちゃ長くなるけど、よかったら読んでください(^^ゞ

中国やカナリア諸島伝来と言われるベルガモットの起源は今も明らかになってないけど、ある時、カラブリア南部のとある農夫がオレンジに似た果実を見つけ、手に取る所から物語は始まる(おいお〜い!!(笑)。果肉はカトちゃんペ〜ッ!とするほど苦かったが、手についた残り香はうっとりするほどかぐわしく、これを利用できないかと1680年頃、本格的にベルガモット栽培が始まった。

現在はシステマチックに行われているが、1960年代まで残っていた伝統的な抽出方法は、果肉をくり抜いた果皮を海綿に押しつけ移し取るという、極めてシンプルな手法だった (↓)








えぇええ〜?! こんなんで取れるの?ってビックリしちゃうよね?!

でも…できるんです。

なぜなら……







果皮をちょっと握れば、ご覧の通り。
ふなっし〜もひれ伏す勢いでエキスが吹き出すからだ!!(@▽@)!!

画像はコチラのHP内の動画集から拝借したんだけど(収穫の様子なども見れるので興味を惹かれたら見てみてね) 見た瞬間、うわ〜!!って声あげちゃったくらい「ほとばしる」の(//∇//) 誤謬力追い付かないけど、とにかくスゲ〜!と思った。





ボーヴァ2.  人々を魅了した黄金の香り ベルガモットのお話_f0205783_21534603.jpg

13時。まっ昼間のボーヴァ。暑いはずだわ、こりゃ。




ただ、この方法は手間と時間がかかるため搾取量は少なく、ベルガモット精油はたいへん珍重された。じゃあ〜オイラん所でも作ろう!と、本国イタリアや近隣諸国がこぞって手を出したのだが、フシギな事にレッジョ・ディ・カラブリアからボーヴァ・マリーナまで。約70キロのイオニア海沿いでしかうまく育たず、また質の良い精油も採れなかった。

枝葉や未熟果、花まで。果皮から採れる精油以外にも余すことなく利用されるベルガモットは、1本の木に6つの宝物が成ると言われている。実際、唯一無二のベルガモット産地として、カラブリア南部に富をもたらす黄金の果樹となった。一説によると、ベルガモット農家の寄付だけでオペラハウスが建ったほどだという。

現在でも世界のベルガモット精油の9割近くを生み出す Bergamotto di Reggio Calabria - Olio essenziale. 言うまでもなくD.O.P. 指定品であり、スローフードの中でも特に希少な Ark of Taste〜味覚の箱舟 にも指定されてる。

箱船〜!?! そんなん初めて知ったけど、欧州の中でもイタリアはぶっちぎりの1位!なんと900種以上が選ばれている。自国に甘い?そんなたくさん箱船に乗るんか〜い?と、突っ込みたくなるが、さすがイタリア!楽しくていちいち見てたら恐ろしく時間が経っちゃったけど、それでもイイ方は(!!)コチラからチェックしてみてください(๑˃̵ᴗ˂̵)و





ボーヴァ2.  人々を魅了した黄金の香り ベルガモットのお話_f0205783_14451279.jpg

人っ子ひとりいなかった通り。



さてお次は、名だたる著名人たちが愛した“香り”の話デス。

16世紀後半。ひと儲けできないかと、ピエモンテ出身の調香師ジョヴァンニ・マリア・ファリーナケルンにやって来た。「香りとケルン」とくればは アッ!!と思う方もいるだろうが、もぅ少し我慢してください(笑) でね、中世ヨーロッパの衛生状態はというと、入浴しないわ、通りはフン尿まみれだわと、あらゆる悪臭に満ちていた。そのため、好みというより必然的に、強く重厚な香りの香水が主流であった。

こっから勝手に想像しちゃうと…良きも悪きもふんぷんたる匂いの中で、ファリーナはある時フッと、故郷イタリアの情景を思い浮かべたのではないだろうか。それは…昨晩降った雨が、花や草木、果実の匂いをまといながら空中に立ち上る陽春の早朝だった。生命の息吹が醸し出す、清涼で爽やかな匂いであった。

香りが呼び覚ます記憶というのは、胸が痛くなるほどキュンとなるものだ。ファリーナはきっとコレだ!と思ったに違いない。さっそく「雨上がりの春の朝」をイメージした香りを調合する。そう…主成分の1つはベルガモットだった。



ボーヴァ2.  人々を魅了した黄金の香り ベルガモットのお話_f0205783_20265739.jpg



従来とは真逆の柑橘系のフレッシュな香りは「ケルンの水」と呼ばれ、瞬く間に人々を虜にする。ファリーナは署名付きの使用説明書も添付して品質を保証。やがて欧州中のほとんどの王室御用達品となり、今日知られるオー・デ・コロン〜Eau de Cologne (仏語でケルンの水) の名と香りは不動のものとなる。香水の町として世界中に名が広まったケルンは、香水瓶を持つ石像を作り、ファリーナの功績を称えたほどであった。

また1709年には世界初の香水工場も設立。戦火を逃れた地下室は階上のショップ兼香水博物館と合わせて現存しており、残された莫大な顧客名簿からは、モーツァルト、ヴォルテール、ヴァルザック、トーマスマン、はたまたダイアナ元妃まで、蒼々たるメンツが並んでいる。




ボーヴァ2.  人々を魅了した黄金の香り ベルガモットのお話_f0205783_15442274.jpg



左:説明書付きのケルンの水〜オー・デ・コロン。コロコロ転がりそうなミニボトルタイプだったが、1日1本使うほど愛用していたナポレオンは、自らの長靴に香水瓶を差し込めるポケットをわざわざ作らせたという。

右上:1837年。ヴィクトリア女王が付与した王室御用達証明書。

右下:常に手元にオー・デ・コロンを置いていたゲーテが、6本入りの箱を送って〜!と、ケルンにいる友人に宛てた手紙。




ボーヴァ2.  人々を魅了した黄金の香り ベルガモットのお話_f0205783_19341420.jpg




ケルンに骨を埋め、以来、310余年の歴史と香りのレシピを守り続けるFarina1709。シンボルマークの赤いチューリップは、当時たいへん高価だったチューリップを用いる事で、高品質であることを謳ったという。

と…知れば知るほど嗅いでみたいファリーナ。でも…Amazonでもヒットせず、ケルン土産であろう品が転売サイトに載ってるくらいで(全て完売)、ゲットするにはなかなかにハードルが高い(>_<) 反対に…なんならドラッグストアにもあるコチラ。4711のポーチュガル〜Portugal は、みなさんも1度は見た事あるんじゃないでしょうか。何を隠そう、アテクシ使ってましたがな(笑) そう…これもオー・デ・コロンなのデス。

これは商標登録の概念もなく、あまりの人気と認知度に「オー・デ・コロン」が一般名称になってしまい、他社も参入してしまったからだ。4711の歴史も興味深いモノがあるが、我こそはオー・デ・コロンの元祖なり!と、ファリーナと裁判沙汰になった事もあるそうだ。しかし、4711が製品化したのはファリーナのレシピ発明から100年も後のこと。ココ、とやかく言うつもりはないけれど、オー・デ・コロンを生み出したのは、元祖は、間違いなくファリーナだと思います。ハイ。

ちなみに両社共、現在も創業当時の場所に店を構えており、その距離、直線で500m足らず。ケルンというと大聖堂は見逃せないが、Farina1709と4711。オー・デ・コロンの礎を築いた2店に足を運んでみるのもよいかと思いマス(๑˃̵ᴗ˂̵)و





ボーヴァ2.  人々を魅了した黄金の香り ベルガモットのお話_f0205783_20395831.jpg




さぁ〜ココでよぅやくフィニッシュです。ベルガモットは一体どこいっちまったの?って感じだが…長文お疲れさまでした(^^ゞ 「オー・デ・コロン=ケルンの水」というのは以前から知っていたけれど、そこにイタリア人とカラブリア南部。すなわちイタリア半島最南部のごくごく一部に実るベルガモットが関わっていたのは初めて知った。後付けにわか知識だけど、ちょっと感動しました(๑˃̵ᴗ˂̵)و

カラブリア州内でも実物を見る事は希だというから、ここまで来たら是非ベルガモットにご注目を!オー・デ・コロンはぶっちゃけどこでも買えます。でも…エッセンシャルオイルはもちろん、ズッコやクレーマ、コンフェットゥーラにドルチェ類、リキュールなどなど。多彩なベルガモット製品を(安価)でゲットできるのは産地ならでは!なので(//∇//)

農家まで行かなくてもスーパーや食料品店に置いてあるかもしれないし、こんな製品があるよ〜という参考に貼っておきます。後で書くけど、大きな街〜レッジョ・ディ・カラブリアにもベルガモット商品があります。

Azienda La Spina Santa (Bova Marina)
Essenze Bova 1997 (Melito di Porto Salvo)


それから…希少なグレカニコの町として、I Borghi più Belli d'ItaliaBandiere Arancioni にも選ばれているボーヴァもどうぞお忘れなく。





# by 21giova | 2020-05-18 23:00 | ├ ボーヴァ | Comments(0)

ボーヴァ1. 希少言語グレカニコと山頂の機関車にこめられた思い

ボーヴァ1. 希少言語グレカニコと山頂の機関車にこめられた思い_f0205783_21115657.jpg




わ"〜!! またえ〜らい所に町があるな〜!!!
あそこまで行くんですね?! ええ。がんばりましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧
と、向かったのは、ブーツ型なイタリア半島のくすり指?! 辺りにあるボーヴァ〜Bovaである。

1番近い町、海水浴客で賑わうボーヴァ・マリーナから約11キロ。背後にはカラブリアンアルプスと言われる山塊を持つアスプロモンテ国立公園〜Parco nazionale dell'Aspromonte が広がり、陸の孤島といった感のあるボーヴァ。

クネクネ登っていく道は今まで立ち寄った町へのアプローチと変わらなかったが、道が狭い、カーブがキツイ!と難易度MAX。タンクローリーとこんにちは!した時なぞ、なんでこんなとこ走ってンね〜ん!(お前もや〜っ!!(笑) と毒づきながら回避しなければならなかった(^^ゞ





ボーヴァ1. 希少言語グレカニコと山頂の機関車にこめられた思い_f0205783_20511269.jpg




その代わり…標高約900m、町からの眺めは最高だ!!
ヤッホ〜ハレルヤ♪ 空と海が溶け合う青の、なんと美しいことよ(//∇//)

一応あるらしいボーヴァ・マリーナからのバスにしろレンタカーにしろ、ココに立つのはボーヴァまで来たご褒美。伊国の海を伴う風景はどこで見てもキレイだけど、南の青は格別だと思うのであった。





ボーヴァ1. 希少言語グレカニコと山頂の機関車にこめられた思い_f0205783_10462469.jpg




胸いっぱい青を吸い込み、歩を進めていくと…おやっ?と、ナゾ文字発見。
1番下はイタ語ですよね?でも…その上2つって?!
まるでチヴィタみたいな2ヶ国、いや、3カ国語表記。

こたえ(上から)=ギリシャ語 ギリシャ語+カラブリア方言のグレカニコ イタリア語…デス
ギリシャ語?グレカニコってなに(@▽@)??

それは…その昔、ギリシャからの移民がこの辺りに多く住んでいたからだ。そのうち、ギリシャ文化の中心地として発展していったボーヴァで、移民たちのギリシャ語とカラブリアの方言がMIXされた独自の言語が生まれた。それがグレカニコ(Grecanico)なのだ。

時を経てイタリア語が公用語になっても、土地柄、かろうじて生き残ったグレカニコは、この地域のみで使われる絶滅危惧種の希少言語として研究者も注目。今では住民たちも自分たちの言葉=アイデンティティーに誇りを持って、伝え残そうとしている。3言語の標識はその現れの1つなのだ。





ボーヴァ1. 希少言語グレカニコと山頂の機関車にこめられた思い_f0205783_14180928.jpg




Bova は Vùa になっちゃうんだね〜。
コレはボーヴァ出身の詩人、Napoleone Vitale の詩であるが、1行目はイタ語として読めるのに、次からドロンと変化しちゃうグレカニコ。試しに1節分をGoogle翻訳にかけてみると「コルシカ語」で意味が通った(笑)

コルシカ語とギリシャ語って親戚?また、グレカニコはクレタとキプロスの方言と、とてもよく似ているという。う〜む。ますますわからんナゾ言語、グレカニコ。凡人以下のアテクシの手に負えないので、コルシカ、クレタ、キプロス、どれも全て「島」ってことで納めて?!強制終了しようと思う(おいお〜い!!)

惜しむらくは、グレカニコを耳にする機会がなかったこと。読むのと聞くのとは全然違うと思うから、BARのシニョーラに聞いてみればよかったな。うん。





ボーヴァ1. 希少言語グレカニコと山頂の機関車にこめられた思い_f0205783_21123651.jpg




ってのも、全く人がいなかったの。出会った人といえば、2軒寄ったBARの人たちと花壇の中に飛びこみ、花を踏み散らかして去っていったこの子だけ。

そらムリもない。すっご〜く暑か…いや、「熱かった」から。短い影は墨を吐いたように黒く、石畳からの反射は、下方45度から繰り出されるもはや殺人光(TOT)// そんな時間に外を出歩くPazzo なジモティは皆無。我々も暑さで食欲が失せちゃったわい。





ボーヴァ1. 希少言語グレカニコと山頂の機関車にこめられた思い_f0205783_14202521.jpg




少ない影を求めてジグザク歩いている中、3言語標識と同じく仰天するよな“ブツ”発見!
駅も鉄道もない山の上に、なして…機関車〜?!
笑っちゃうほど場違い。なんじゃこりゃあ〜。

でもね…ホントの所、笑い話ではなかったようだ。

現在、沿岸部に沿って走っている鉄道を引くにあたり、仕事を求めて大勢の人が山を降りた。何ヶ月も「山の下」で働いた人たちの1部分は、ボーヴァより遙かに賑やかで便利な下の町に留まる事を選び、鉄道が通った事により、より遠くの都会へ行く人も増えた。結果、ボーヴァの人口がどんどん減っていったのだ。

主要産業もないボーヴァの、そして貧しかった南イタリアのこと。家族のために、生きるために、新天地を求めた事は責められないが、この機関車は、鉄道という文明の利器によって町を去ったボヴェージ(Bovesi/ボーヴァの人)を象徴しているのだという。





ボーヴァ1. 希少言語グレカニコと山頂の機関車にこめられた思い_f0205783_13323259.jpg



当時走っていたこの機関車。長さ約20m。総重量60トンもある。
それをだ。アテクシも四苦八苦しながら登ってきた「あの道」を使って、ここまで運び上げたのだ。時にトレーラーが曲がりきれないヘアピンカーブを重機で削り広げてまで。

鉄道敷設に貢献したボヴェージの記念碑だという記事もあり、どっちが本当かわからない。けど…「去ってしまった説」に心が動く。そしてつい、感傷的に妄想してしまうのだ。多大な時間と労力を要してまで運びたかったもの。それは、散り散りになってしまったボーヴァの心だったのかもしれない…と。





# by 21giova | 2020-04-30 23:00 | ├ ボーヴァ | Comments(0)

il-vento 2つめの別館デス♪本館に代わり、旅の記憶を辿ります。Copyright(C) Giova21. All Rights Reserved.


by 21giova
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る