人気ブログランキング |

<   2015年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

カパッチョスカーロ 4. 美味しさ続くよどこまでも…なモッツァレッラロード

f0205783_18195562.jpg




アマルフィ海岸に向かう前に、
先ずは「例のお約束」を果たして行こうじゃあ〜ないの!(by 腕まくり)

リベンジモッツァレッラぁああ〜!!!!

と、再び Tenuta Vannulo にやってきましたvv

時刻11時前。既に駐車場は車でいっぱいだが急いで裏手に回ってみると…
やったやった〜!まだ作ってる最中だよ〜♪♪
よっ!兄チャン、オトコマエ〜!!




f0205783_18294485.jpg





これは レンネット で固め、ホエーを抜いた状態 (凝乳 カード) …と思われる。

お乳ってこんなになっちゃうんだね〜
なんかもぅ〜美味しさと栄養の固まりだな。

ソレを兄ちゃんがマシンに入れて細かく砕いていきます (冒頭写真ですね)





f0205783_18374834.jpg





細かくしたものを熱湯内でかくはん、餅状になってきたものを
2人1組で器用にちぎり、成型していく。

TV番組などで見たことがあるが、実際目にするのは大違いで、
のばしてちぎって丸めてポイポイ♪ という流れるような作業に見とれてしまう。

“モッツァレッラ”という名の由来は「mozzare 〜 (引き)ちぎる」からきているのだが、
なるほどな♪と大いに納得できます。

注:ガラス越しゆえ、背後霊のように「誰か」が映っているが気にしないように(笑)






f0205783_18551799.jpg




おっと!こぅしてるバヤイではない。早く買いにいかねば!!
ぎょえええ〜〜なんかスゴイ人!!なんじゃこりゃ。

え?なに?番号取れって??!!
OMG〜〜!!!! 銀行みたく番号呼び出し制になってるよ?!
ふええ〜イタリア人でもこんなしてまで並ぶんだね〜(@▽@)//

ま、この方が混乱しなくてよいけど、
人の多さもだがみんなスゴイ量…「トロ箱」にガバ〜!って詰め込んで買っていく。

そしてなぜだか圧倒的に「オヤジ率」が高い。
広くない店内にクマのように毛深いオッサンがひしめきあって、とにかく「濃ゆい」 (笑)

Vannulo 行くなら、アレとコレ買ってきて。
ついでに叔父さん家と妹ン家の分もね。ハイハイ早く行く!!
なぁ〜んてマンマに尻叩かれたのか、これは俺の仕事だ!と出張ってきたのか、
オヤジさんたちと似た面構えの紙袋の水牛さんとにらめっこしながら順番を待つ。




f0205783_19155596.jpg




Burro di bufala〜水牛乳のバターなんて美味しいだろうなぁ〜♪♪

じゃなくて…どんどん商品がなくなっていく……(TOT)//

売り場奥にある作業場から、次々商品が入ってくるんだけど、
文字通り「飛ぶように」なくなるので、ケースに置く間もない…って感じ。
これでも「1人5キロまで」と制限されているそうだが、ご、5キロって…どんだけ〜 ( ✧Д✧)//

そうか…だからトロ箱があるんだな…

まぁ〜それも仕方ない。
水牛の飼育から製造・販売まで一貫して手がけている数少ない店。しかも小売りは一切しない。
まさに「ココでしか買えない」んだからね。

そして……



f0205783_194628100.jpg


やった〜〜!!!!!!!

Bocconcini 無事ゲット〜〜!!
カミサマありがとう〜〜〜♪♪♪ (>_<)///

*Bocconcini とはゴルフボール大の小さなモッツァレッラで
伊語の「ボッコンチーノ〜ひと口サイズ」から命名されている。

さっそく1つ味見したいところだけど、たっぷり朝食の後だし、
ホエーがパンパンに入ったこの袋を開け、また閉じるのはムリっ!!これは今夜のお楽しみにvv

ちなみに…
固くなり風味が落ちるので、このようなできたてモッツァレッラを冷蔵庫に入れるのはNGなんだそうだ。
産湯のようなホエーに浸かってる状態なら常温で2〜3日は保存できるらしい。
だから、まぁ〜暑いけど、このまま持ち歩いても大丈夫でしょう。うん。

一緒にヨーグルト (冷蔵ケース入り) も買ったけど……

結論から申し上げますと…
ずっと出しっぱなしで (おいおい!) 「翌朝」食べても大丈夫だったよ〜〜(笑)
ま、ココは自己責任ってことで。チャンチャン♪♪




f0205783_18573478.jpg




伊国ではご自慢のワインを紹介する「Strada del Vino 〜ワインの道」が各々の産地に設けられているが、
この SS18号線は、さながら「モッツァレッラの道」
広い道路沿いの左右そこら中に「Mozzarella」の文字が踊り飛び跳ねてる。
助手席@カメラマンの激写も、あまりに店が多くて途中で飽きちゃったほど。

もしや…と思い調べてみたら、、、、ワハハ!!!やっぱあった〜 (≧▽≦)//
見てるだけで生ツバごっくんなレシピもいっぱい載ってるよ♪

〈Le Strade della Mozzarella〉

Vannulo にあれだけ人が押しかけるのは美味しいからに違いないのだが、
魅惑のモッツァレッラロードの店を片っ端から食べ歩いてみたいわ ( ✧Д✧)//

水牛を飼う事も手作業で作っていく事も今や簡単な事ではない。
牛の乳で作ってもモッツァレッラと呼んでいいことになってるが、
絶対ゼの字で Mozzarella di Bufala 〜「水牛」ってとこがココでは大事!
その始まりは12世紀と言われており、食する伝統や作り手の誇りが綿々と受け継がれているからだ。
まさに食は文化なり。美味しさにはちゃあ〜んと理由があるのだ。


日本で購入する時も是非このマークを目印にvv (た、高いけど…)


f0205783_11561323.jpg






f0205783_1823845.jpgCittà di Capaccio
by 21giova | 2015-04-22 23:18 | ├ カパッチョスカーロ | Comments(0)

カザールヴェリーノ3. アグリではぢめてプールに入ったなり♪

f0205783_19131287.jpg




衣…はないが「食住」たいへん居心地が良かったこのアグリ。
良い思い出となったと共に、今回晴れて「はじめて♪」を体験してきたvv

それは………

プールに入ったぞ〜!!!

あたし自身、日本で温泉宿を探す時に「露天風呂」がついてないと却下!するように、
プールがないとマイナスポイントになるようで、大抵どのアグリにも併設されている。
それはもぅ〜たとえ目前に海があっても…だ。
が、あたしとしてはのんびりプールに入る時間なんてないから、今だかつて使ったことがなかった。

しかし今回、海から帰ってきて、プールのすぐそばにある離れの部屋に戻る時、フト思ったのだ。
(そ〜だ!このままザブンと入れば、水着も洗えてちょうどよいではないか!) …と…(違!!!)

ジャっポ〜〜ンッ!!!

ワハハ!!!こりゃあ〜〜イイわ〜♪♪

プールサイドにたわわに実るレモンの木や、緑の山々に囲まれて水に浮かぶのは
海とはまた違った心地よさがあり、たいそう気持がよい。

しまった ( ✧Д✧)// どうして今まで入らなかったんだろう?!
せっかくあるんだから入らないと損やん! ←関西人気質(笑)
とにかく…だ。海から帰ってきたらそのままプール。これ、決まり!デスね。
あ、ちなみに水着は後でちゃんと水洗いしましたので…(^^ゞ




f0205783_18121993.jpg





プール脇にも咲きほこってたけど、
ミルト酒の原料にもなる 銀梅花〜ギンバイカ (英名マートル) という花の名がついた我々の離れは、
内装も備品も水回りも、アテクシ的基準でいうところの200点満点!

特にテラスにデッキチェアがあったのは◎で、トカゲの来訪にビビりながらも
朝に夜に…と、部屋にいるより長く過ごしたくらい。
しかも物干しスタンドまで完備!という用意のよさで、洗濯物が瞬く間に乾いて大いに助かりましたvv

あえて「問題」を言えば…
裏手で飼われてる「ロバ」が、周囲の静寂さをいっぺんに破ってしまう鳴き方をすること(笑)
聞いた事ある人はわかると思うがロバのいななきって、
なんちゅうか、出刃包丁持った狂女が泣き叫ぶ…みたいなすさまじさがあり、ほんとビックリするのだ。

たまたま夕食時にそのロバがヒステリックに鳴き始め、みんなギョッ!ってしたんだが、
隣席のドイツ人が放ったひと言がふるってた。

「あれはだな、うん。今まさに殺されかけてるんだよ」

ブッ!!!

こ〜ゆ〜冗談って世界共通なんだ!!って、アテクシずっこけそうになりました (≧▽≦)//
おっちゃん、おっちゃん、大阪でも十分やっていけんで!!




f0205783_17172177.jpg




という絶叫@ロバのオマケがあり(笑)、海からちょっと…いや…ずいぶん山の中にあるが、
Tripadvisor の評判もすこぶるよい Agriturismo I Moresani

今サイトを見ると、Mezza Pensione 〜1泊2食付き〜で1人€ 60 となっており、
アレレ、これって我々が利用した時 (2010年時) と同じ値段じゃ〜ん!
あれから値上げしてないなんて ファンタァ〜スティコ♪♪
これって南イタリア値段と考えても、かな〜りお得だと思う。

一般的な旅行サイトではなく、州や県の観光サイトかなんかで見つけたと思うのだが、
よいアグリに当たってラッキ〜だった。
いくらステキHPでも実際行ってみないとわかんないので、
予想以上だと、自分の勘が当たったみたいで嬉しさ倍増なんであります。
お世話になりましたvv
by 21giova | 2015-04-10 18:28 | ├ カザールヴェリーノ | Comments(0)

カザールヴェリーノ2. 2日目の夕食はやさしくパーフェクトに

f0205783_19344577.jpg




海行けど浮かぶだけ(笑)
後はドライブ三昧だったので、全然全く摂取カロリ〜分が消化できてない気分だが、
夕げのイイ匂いに、早くも腹が鳴り出した (ダメダメじゃ〜ん!)

でもでも…昨晩みたいなボリュームだと食べきれないかも。。。
というワケで、ちょっと量を減らして持ってきてもらうことにした。

今日のワインは、こちらで作ってる赤をボトルで。
品種は忘れちゃったが、食事にピッタリあう美味しいワインでしたvv




f0205783_19524838.jpg




少なめにして…と言うと、おやおや…って顔されたけど、
「これなら大丈夫だろ?」って、笑いながら持ってきてくれたのは…
わ〜い!なんか野菜がい〜っぱい!いいねいいね〜♪♪

白菜の煮浸しみたいな、コレはなんだろう?
見た目通りのやさしい味に頬が緩む。

ガツン系なイタリアンは大好物だが、こ〜ゆ〜料理を口にするとやっぱホッとする。
150キロのストレートがガンガン来たところに、フォークでストン!って落とされる感じ…かな。
なんでもメリハリ〜「強弱」って大事なのだvv

って、まだ2日目。情けない。これってズバリ!歳…なんだろうな〜(T_T)


f0205783_11122219.jpg




パスタその1は、昨晩の菜箸巻き付けパスタのトマトソース。

なんでバジルがないの?だったが、
トマトの酸味がしっかり効いてて、素朴に普通に美味しい♪♪

100万回くらい言ってるけど(笑)
イタリアに星の数ほどあるパスタの中で、アタシはポモドーロが1番好きだvv

毎日食べてもオウケイ!飽きない。ごまかしが効かないシンプル・イズ・ベストの極致!
あたしの辞書にはこぅ書いてある。
パスタはポモドーロに始まり、ポモドーロに終わるのだ…と。( ✧Д✧)//





f0205783_20185641.jpg





パスタその2はズッキーニのクタクタ炒めソース(と命名) で、これもやさしいお味。
なんだなんだ、今日は野菜の日なの?
昨日みたく肉づくしだったらどうしよう?!ってビビらなくてよかったみたいである(^^ゞ

これは我々のみの特別コースじゃなくてみんな一緒。
これじゃあ〜モノ足らん!という人は、生ハムやサラミをもらったらよいし、
パスタも好きなだけお代わりしたらいい。
そこんとこ、案外融通効くのがアグリのいいところでもある。




f0205783_15214185.jpg




それでもメインは肉じゃないと、みんな暴れるよね(笑)
アウトコースでのけぞらせといて、最後はインハイストレートで空振り三振!ってとこですな。

ちょっと焼きすぎだけど、サルシッチャは大好物だから遠慮なく?1本いただこう♪♪
ドルチェはカスタードとチョコレートのカンノーリを1本づつ。

うぅむ、今日はちょうどよい塩梅〜被安打5、12奪三振の完封勝利でご馳走サマです(笑)
*なんで野球用語が多いかというと、高校野球とプロ野球開幕のせい…(^^ゞ




f0205783_1641454.jpg




朝食もボリューム満点!
リコッタが1台ド〜ンと置かれており、思わずヨロコビ@ダンス、ラララララ〜♪でありマスvv

なんせ朝が早く、小心者な日本人。
連日ウェディングケーキ入刀よろしく1番ナイフを入れたのだが、
他の人たちの分も残しておかなきゃ…と、最初は遠慮がちにカット。。。
でもでも、お代わりが無尽蔵に出てくるのを知ってガンガン食べちゃった(笑)

甘いイチジクやマーマレードと一緒でも、オリーブオイルと塩で食べても、
何味にも何色にも染まるニクイやつ!それがリコッタvv
夕食のお供にももちろんよいが、軽くてヘルシーだし、すごく朝食向きなチーズだよね。

自家製オリーブオイルもこってり美味しく、土産に2本買い、
パンはまたしてもお持ち帰りしてしまった(^^ゞ
いやぁ〜ここの焼きたてパン、ホント〜に美味しかったのだ ♪♪
by 21giova | 2015-04-01 23:34 | ├ カザールヴェリーノ | Comments(0)

il-vento 2つめの別館デス♪本館に代わり、旅の記憶を辿ります。Copyright(C) Giova21. All Rights Reserved.


by 21giova
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る