人気ブログランキング |

<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

アルタムーラ 3. そっちは行き止まり!がいっぱい!な旧市街

f0205783_17183027.jpg



alta (高い) mura (城壁) の名の通り、
最高、高さ6mほどに及ぶ城壁に囲まれた中に、趣ある旧市街が広がっている。

狭い道が迷路のように入り組み延びているのは、イタリア各地の旧市街の風景と似ているが、
アルタムーラのソレには、他にはない特徴がある。
それが建物と建物の間にある凹んだ空間、小さな広場とも言うべき Claustro〜クラウストロだ。

謎の八角形〜カステル・デル・モンテ を造った勉強熱心なフェデリーコ2世が、
諸国の最新技術を取り入れよう!と、ギリシャやイスラム、アラブ諸国から技術者を呼び寄せ
ここアルタムーラに住まわせた。

彼らは同じ民族、家族同士で集まり、住居を作ったのだが、
ソレが独特の「コの字」型になったのが始まりらしい。

違う文化や習慣を持ったいろんな人間が集まるワケで、
もしかしたら、ちょいとしたいさかいも起こるかもしれないし、
町自体が襲撃されることもあるかもしれない。
そんな時の防御のための「袋小路」でもあったそうだ。

そして_

洗濯物を干したり、井戸端会議したり、子供が遊んだり…と、
みんなで使う共有スペースでもあった。

ちなみに写真(↑)のココは……
サルヴァトーレ兄弟のクラウストロ(↓)



f0205783_1445657.jpg




なんでそれぞれに名前がついてるのか?だが、
中には「裏切りのクラウストロ」なんて物騒な名前の所もあるんだと。

きっとソコで、アイツは親方から余分に材料をもらってるんだ…とチクられ、
恨みを買った石膏職人が、グサリ!と刺されておっ死んでしまったに違いない。。。

ってのはアタシの勝手な妄想だが(笑)
そんな大小さまざま、ネーミングも多岐に渡るクラウストロが、なんと80以上もあるそぅだ。
スゲ〜!!デス!!


同じように「クラウストロ」と呼ぶのかわからないが、
レッチェでも、凹んだスペースがある住居群を見たことがある。

双方に言えるのは、まんまみんなで使う広場、居間みたい…ってこと。
スペースが潤沢にあるワケじゃないから、
限られた空間を仲良く使おうじゃないの、という和やかさがある。
きっとそこには、長屋的な親密な人間関係が成り立っているんだろう。




f0205783_14222734.jpg




カンケ〜ないけど、大好きなチンクを発見したので激写!(笑)
年期が入ってボロいのが多いけど、コレはとってもキレイに乗ってるねvv

昔はそこら中をプルプル♪おもちゃみたく走ってたのに、
今じゃホント見かけなくなった…(TOT)/
こんな狭い通りの中じゃあ〜
ちびっこチンクは、王様みたいにズイズイ走れるだろうvv

と思うとなんかホラ、次元とルパンの乗ったチンクが
目に浮かぶようじゃあ〜ありませんか。

こちらはすっかり「変身」 してしまった今のチンク(>_<)//
by 21giova | 2010-03-27 23:18 | ├ アルタムーラ | Comments(0)

アルタムーラ 2. パンの聖地での一騎打ち その結果や如何に?

f0205783_1223319.jpg



ぽっくり割ると、中が黄色っぽいのが特徴デス。

それはパスタの原料と同じ、硬質小麦〜セモリナ粉を使ってるから。
キイロというより、、、
こんなに陽の光が輝かしいプーリアだから_ゴールド、黄金色に見える。

皮はパリッととても香ばしく、薪で焼かれた小麦の香りがたまらない。
噛めば噛むほど、ジュッジュッとウマミが広がる_そんなパンである。



そんなアルタムーラでこんなオモロイ事件があったそうな。

プーリアの玄関口、バーリの空港から市内に行く道すがら、
IKEAやカルフールといった、
およそイタリアらしからぬ外資系の建物が並んでいてギョッとしたことがある。
市内に入れば、バーガーキングやマクドナルドがあるのは当たり前。
ま、ソレはそれでいいだろう。バーリは大きな街だし。

ところが、決して大きくないアルタムーラの町に
ある時 (2001年) マクドナルド (以下略マック) ができたんだそうだ。

当初はとっても繁盛してたが、近所に老舗のパン屋が2号店を出してから状況が一変。
老いも若きも、どんどんそっち_パン屋に流れてったらしい。

パン屋にしたら、別にマックに対抗したワケじゃなく、
ホントにたまたま、店を構えた場所が近所だっただけ。

それでもマックの客足は遠のく一方で、結局アルタムーラから撤退したんだと。



f0205783_1274476.gif




アハハ!!!スゴイ話やなぁ〜〜〜!!(≧▽≦)!!
例えばこの反対_マックができたから店が傾いた…なんてのはありそうだけど。

いったら、イタリア南部の小さな町の小さなパン屋に
大企業が負けてスゴスゴ撤退した…ってことだわな。

マックの出店にあたり、スローフード協会 が反対キャンペーンするほどだから
ほら見てみぃ〜!な痛快事件として当時はずいぶんと話題になり、
「パンの聖地アルタムーラの戦い マック撃沈!」
なんていぅニュースが、本国イタリアはもちろん、世界中に発信されたそうだ。

さすが500年以上食べ続けられてきた Pane di Altamura
たかがファストフードでは、その歴史ある牙城を突き崩す事はできなかったのである。
   
マックに勝ったパン屋〜 Antica Casa di Gesù

マックも出店する場所、選ぼうね (^^ゞ



f0205783_14383995.jpg



残念ながら帰ってきてからこの話を知ったんだけど、
知ってたら「バンザイ!アルタムーラ!」って食べてたかもしれないフォカッチャ。

空腹だったことを−1万ポイント差し引いても、
ソレはソレはホントにホントに美味しかったのでありましたvv




f0205783_17521845.jpg現地で味わうのが一番だと思うが、
イタリア各地に運ばれ売られているそうなので
この D.O.P. マークを確認して (類似品が多いらしい)
見つけたら「マックに勝ったパン」として、
ぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか。

Consorzio per la tutela del Pane di Altamura

イタリアの D.O.P. ほか お役立ちサイト
by 21giova | 2010-03-24 23:02 | ├ アルタムーラ | Comments(2)

アルタムーラ 1. 唯一無二のパンの町

f0205783_13343955.jpg



道中の標識に「Città del Pane 」と書いてあるように
Altamura〜アルタムーラは、知る人ぞ知るパンの町である。

名前は聞いたことあったけど、
あたし以上に食い道楽なY夫婦が是非とも行きたい…ということで寄ってみました♪

古代ローマより、食いしん坊のDNAをしっかり受け継いできているイタリア人。
ワインやチーズ、ハムにオリーブオイルなど、さまざまな食分野で
産地の認証を厳しく定めた D.O.P.(原産地保護名称)を設けている。

パンにもちゃあんとソレがあって (パンに!ですよ?)
アルタムーラで作られるパン〜Pane di Altamura はその指定を受けている「唯一のパン」なんだそうだ。

街でいちばん歴史が古い店〜 Forno Antico S.Chiara
恐ろしいことに創業1423年!!
室町時代から変わらぬレシピと方法で、延々とパンを焼いてマス!マンマミア〜vv

*ちなみに世界史で見ると_ジャンヌ・ダルク、オルレアン包囲破る!な頃デス(^^ゞ




f0205783_13315814.jpg




店を閉めるその寸前に入ったからか店のお姉さん、ちょっと機嫌が悪い。
(もぉ〜早く帰りたいのにぃ〜)なぁんて心の声が顔に出てマス(^^ゞ

でもって、老舗の店らしからぬパンクな風貌に恐れをなして
この背後にあった、たいへん年代モノの釜を撮るのを忘れてしまいました(^^ゞ

全ての情熱は「パンを焼くため」だけに注がれているような店内は飾り気がなく、
焼いたパンも、無造作に「積んで」ある。

そう〜!!一見してビックリしたのはデカイの!!!パンが!!

写真にあるピッツアはともかく、伝統的な Pane di Altamura は
ハート型の Classico と、円形型の Capello di prete の2種類のみ。

[Capello di prete 〜牧師の帽子]とはよくいったもので
(牛肉にも同じ名前の部位があるらしい)
一抱えもあるような巨大なソレは、こんがり焼けた皮とあいまって、まるで岩のよう。
それがガンゴンと積んである(笑)

なんでも運搬に便利なカタチにしたらこぅなったそうで、重さも1キロ以上ある。
日持ちも良いので、アルタムーラで焼かれたパンの多くが、
イタリア各地に運ばれ店頭に並ぶそうだ。




f0205783_16385436.jpg




思わずこの画を思い浮かべました。

ル・ナン兄弟の「農民の家族」 (部分)

この絵はフランスだけどイタリアも同じだろう。
デッカイこのパンを、そのつどナイフで切って食べるんですね。今も昔も…

鼻息荒く[牧師の帽子]を買ったY夫婦。
道中、後生大事にパン…というか「岩」を抱え、帰国後、何日もかけて味わったそぅだ(笑) 
いやあ〜、よかったね〜♪♪♪
by 21giova | 2010-03-20 23:34 | ├ アルタムーラ | Comments(0)

ヴェイステ 5. 伝説の岩は想像とは違ったけれど……

f0205783_16372980.jpg



ビーチにぬっくとそびえたつ石灰岩〜Il Pizzomunno

ヴィエステやガルガーノ半島を紹介するにあたりよく使われてる写真で、
ヴィエステのシンボル…ともいえる…かもしれない。
さぞかし巨大で立派なんだろうなと、ワクワクしながら行ってみると。。。。。

がぁ〜〜ん!!

なんかスゲ〜小ちゃいんですけどぉおおお〜〜〜〜(TOT)/

↓ ビーチとの対比(笑)




f0205783_1374369.jpg




これでも充分大きい…とは思うが、
もっともっとデカイと思ってたんで、ちょっと拍子抜け(^^ゞ

この岩には_

愛した漁師の若者が帰ってこず、
嘆き悲しんだ恋人の声が、岩となり海から突き出た…
という、悲しくもロマンティックな伝説が語り継がれているのだという。

きっと昔はもっと大きかったのに、
長年、海風にさらされ、削られ小さくなってしまったのだろう。

恋人を呼ぶ声がだんだん小さくなるなるように
この岩もいつか手のひらサイズになってしまうのか…と思うと切ないな。




f0205783_13123936.jpg




ここから先はずぅ〜っと一直線な白浜ビーチが続いている。
(白浜というにはタダ黒いが(笑)

背後には、悪く言えば俗っぽいホテルがニョコニョコと建ち並んでおり、
まさに大衆的なビーチリゾートになっている。

それはそれでイイのだが、やはり旧市街の方がグンと風情があってよろし。




f0205783_1321082.jpg




ちょうど部屋の真下に止まるので、のぞきにいった青果トラック。

今が旬でウマいんだぞ〜と言われ買ったチェリーは
てんこ盛りの大袋で、たったの1ユーロ。さすが“旬”ものデス (笑)
皮も薄く、甘くてホントに美味しい♪

日本人って「果物=甘い」って絶対的に信じてるが、この国じゃあ〜そうはいかない。
その中でこのチェリーは、比較的甘い確率が高く、安心して食べれる(笑)

車からプップッとタネをまき散らせながら (スイマセン)
名残惜しいけどガルガーノ半島を離れ、Uターン。
プーリア中部へ車を走らせます。




f0205783_1133131.gif
Città di Vieste


Parco nazionale del Gargano
by 21giova | 2010-03-16 23:37 | ├ ヴェイステ | Comments(0)

ヴェイステ 4. 豪華な朝食にノックアウトされるの巻

f0205783_19195792.jpg



友人にプライヴェートビーチ付きのおすすめホテルを教えてもらったのだが、満室で断念。
せっかくだから海沿いで…と探した今回のB&B。

施設はちょっとくたびれてるけど、水着を乾かすのに最適なベランダに出れば
朝に夕と、色とりどりの青果を積んだトラックがポレポレ走り、旧市街へもすぐ。
夫婦の部屋なんてかくれんぼできるくらい広かったし!と、とても居心地のよい宿であった。

そして_小さな階段を登れば、こんなステキな屋上があってグ〜グ〜グ〜!!!

泳いでた時、あっこまで泳いで行ってみよか〜なんていってた灯台島が
アララ、はるか遠くに見える。
行かんでよかったね〜絶対ムリやで〜あっこまでは!!




f0205783_19593016.jpg



増築繁殖したように入り組んでる内部や
狭い道に車で入るのに一苦労したり、入口まで急な階段登らなくちゃダメだったり、
まぁ〜多少の不便はあったけど、そんなのどこでもあるハナシ。

何より最高のもてなしだったのは、フレンドリーな若いスタッフたちの笑顔である。
帰りに素焼きの水差しをプレゼントしてくれたんだけど
コレ、誰が持ってるの???(笑)

そして_それ以上に声を大にして言いたいのは、ココの朝食がスゴかったこと!!  




f0205783_12543323.jpg




普通は、パンに (バター・ハチミツ・ジャム) カッフェ。あれば果物。
運が良ければヨーグルトがついてるかも…てぇ〜のがポピュラーだけど、
このお約束セットの他に ブルスケッタ が出てきたのにはブルった!!
何かの間違いかとおもた(笑)

きゃ〜きゃ〜!朝からこんなん食べてイイんですか? → イイんです♪
パンも焼きたて〜カリカリ〜ウマ〜ウマ〜♪♪(幸)
てか、コレはチョ〜反則!イイ意味で。

さらにマチェドニアが出てくる…という強烈な反則技が繰り出されたとき、
アタクシ、完全にノックアウトされてしまいました(@^@)~

四つ星ホテル、いや…他でも、こんなメニューがあるのかもしれないけど、
少なくともアタシが泊まり歩いた数あるホテルの中で、
ブルスケッタが出てきた記憶はないっ!たらないっ!!

もしかして、、、
昨日のアタシたちの貧しい朝食を知ってたのか?(笑)
(貧しい…って、アレが普通ですから…)



f0205783_2113717.jpg




天然岩場のプライヴェートビーチまで徒歩約3分。
お散歩に便利、快適なお部屋に、気さくなスタッフたち。そしてこの朝食♪(笑)
お1人、たった35ユーロ (!) 也

値段だけじゃなく、とっても掘り出しモノのB&Bだった。
ガゥディな塔も見れるしね (笑)


*B&B ROCCA SUL MARE
by 21giova | 2010-03-11 23:19 | ├ ヴェイステ | Comments(0)

ヴェイステ 3. 最強コンビのオレキエッティをいただく

f0205783_1875996.jpg



プーリアとくればコレですvv 耳たぶパスタ、オレキエッテ〜Orecchiette
なぜか日本では強いて頼まず、
ほとんど口にしないほどアタシの中ではカワイソウな立ち位置にあるショートパスタだが、
伊国に来れば話は別 (笑)

オレキエッティに限らず、その土地土地で、驚くほど豊富な種類がある伊国のパスタ。
こんなに足繁く通っていても、今だお初なモノに出会う事が少なくない。
教会の尖塔の数ほどパスタがあり、マンマの数だけお袋の味がある。
まさに食の〈文化〉と〈歴史〉だな、こりゃ。
 
さてこの緑のソースのオレキエッティ。

Orecchiette alle cime di rapa
Orecchiette con le cime di rapa

呼び名はビミョ〜に違えども、ほとんどの店のメニューに載っていて
cime di rapa〜チーメ・ディ・ラーパって何?なにナンなの?
ウム、こいは食べてみなあかんぜよ、ってオーダーしてみたもの。
 
なぁ〜んだブロッコリーじゃん!って思ったけど、なんか違う。
そもそも名前違うし(笑)

rapa〜ラーパとは蕪のことだが、コレはブロッコリーと蕪の交配種みたいな野菜で、
温暖な地域でよく栽培される、プーリアでは大変ポピュラーな菜っぱなんだそうデス。

そしてっ!
夫婦とくれば善哉、cime di rapa とくれば Orecchiette !! となるほど、
この2つは史上最強無敵のコンビなんだとか。
ほへえ〜知りませんでした〜勉強になります!

お味は…といいますと、カブの葉?というより、ちょっと苦みもあって菜の花みたい。
菜の花が好きな人は絶対好きです、これ。
もちろんアタシも大いに気に入りました♪




f0205783_12345970.jpg




なんですのん、このチーズの座布団は?(笑)

去年アブルッツォで見かけ食べ損ねたことに大いに未練が残った
「スカモルツァ焼き」がメニューにあるのを発見し、狂喜しながら頼んだの(≧▽≦)/

こんがりとぅろりチーズに、ちょっときつめの塩味が、
「ワイン〜パン〜チーズ」の、果てることないトライアングルを生みだし、こら手が止まらんわ〜♪

でまた、このパリパリ〈お焦げ〉ンとこがウマイんだな〜♪
いやぁ〜想像以上に美味しかったわ〜(幸) 飲ンべえ〜にはたまらん一品ですなvv

あと、さっき海底で見たもんだから、
オツムがウニだらけだったアタシたち (卑しいヤツめ!) ウニ〜〜のパスタをば是非!

え?なに?

今、季節じゃないから生ウニじゃないよ〜だって〜〜
そっか〜だからあんなにオチビちゃんだったんだね…(TOT)/
それでも塩漬け?かなんかのウニで作ってくれたパスタは
ソレはそれで、充分に美味しかったのでありました。 
   
by 21giova | 2010-03-07 23:07 | ├ ヴェイステ | Comments(0)

ヴェイステ 2. やさしく素朴なリゾート地

f0205783_197311.jpg



ガルガーノ半島の中で一番のリゾート地、ヴィエステ。
感じのよい旧市街には多くの店が軒を連ね、
イタリア国内から外国から…と、これまた多くの観光客がそぞろ歩きを楽しんでいる。

お馴染み革のサンダルや、色鮮やかなサンドレスに水着などなど。
これはまぁ〜ビーチな街のお約束ともいえる品揃え。
わかってて冷やかし見るのも観光客の約束事で、ソレがまた楽しいvv

同じ観光地でも、例えばリヴィエラ海岸のようなおハイソ感もなく
気取りのない素朴さがホッさせてくれる、
アタシたちのような庶民にやさしいリゾート地である。
もちろん、高級ホテルもあるけどね。




f0205783_21563911.jpg



歩いてるとそんなにアップダウンを感じないんだけど
上に下にと、大小さまざまな階段や坂が延びていて、
実はとっても入り組んだ迷宮迷路になってる。

それでもかまわず歩いてたら、あっという間に旧市街から出てしまう。
だから旧市街エリアはとっても小さい…んだと思う。たぶん。
元の通りに戻るのに、
すんげ〜長くて急な階段を登らなくちゃならなくて、泣きそうになったけど(笑)

そんな旧市街の表通りは土産物屋が占め、横道沿いには圧倒的にリストランテが多く、
白い服着た従業員たちが忙しそうに開店準備をしてる。

いつも思うんだけど__
こぅゆぅとこで働いてるイタリア人がたいそう勤勉に見えるのは何故でせぅ?(笑)


それより……開いた窓から美味しそうな匂いが漂ってきて……
ぐぅう〜〜〜キュルキュル〜〜ぎゃあぎゃあ〜腹減った!!!

昼も食べてないし(朝のパン屋で買ったパンで食いつないだカワイソウな4人(TOT)/
しかも泳いでるし!!!!
こりゃあ〜消費カロリーへの冒涜デス!
さぁさ、どっか入るべ!喰うべ!
by 21giova | 2010-03-05 23:02 | ├ ヴェイステ | Comments(0)

ヴェイステ 1. 寒くてウニな念願のヴェイステ♪プカプカ

f0205783_10473735.jpg



カステル・デル・モンテを後に一路、ガルガーノ半島へ。
ちょうどくるぶしの骨のように、ポコンと突き出たこの半島は
アタシにとって未踏の地でもあったから、是非とも行ってみたかったところである。

今じゃすっかり人気者のプーリアの中でも、
アクセスが悪いのでなかなか行けないとこでもあるし、海もキレイ!

海岸線に沿って続く道は、狭くてウネウネ、ちょっとディンジャラス。
運転を代わったダンナ (イタリア初運転!) と助手席のヨメが、
危ない!ぎゃぎゃあ〜と騒いでるけど、ほっといて車窓からの絶景を愛でる。
 
ココは越前海岸かっ!という、起伏に富んだ海岸線は見てて飽きることがない。
う〜ん♪こぅやって後部シートで伸びして乗ってるのも楽しいもんだ♪

俗世から身を隠すような高級ホテルやヴィラも点在し、
こんなキレイな海を目前に、でっかいプールなんて作っちゃって、なんて贅沢!
アタシにも誰か買って〜〜〜!!!

そんな先っちょガルガーノ半島の、またまた先っちょのヴィエステの街の中の、
これまた先っちょのホテルに着いたのが3時過ぎ。
思ったより時間がかかっちゃったけど(やっぱ遠いな)
さぁさ、さっそく泳ぎに行こうぜぃ!




f0205783_11455531.jpg




キレイな白浜ビーチももちろんあるが、そんな所じゃ我慢ならん誰かさんのために、コ
コは部屋から5分、ホテル横の穴場ビーチ…
いや_ゴツゴツ「岩場」ビーチに、浮き輪抱えて(←アタシ) トップ〜ン♪

ゲゲゲ!!水が ちゅめた〜い!!!

外気温からすると、とんでもなく水温が低い。
しかも雲行きが怪しくなってきて、今にもひと雨きそうな気配 (TOT)/

それでも、この先っちょでプカプカするのがアテクシ的メインイベントの1つだったので
唇を青くしながら(笑) 波間に漂い楽しむ。

プチ寒中水泳みたいな中、1人元気に素潜りを繰り返してたのは
前世は絶対「海女」だったと思われるK嬢(笑)
やけにコ〜フンしながら、、、、

「ちょっとちょっと〜潜って見てみてよ〜!!」

プカプカ派なのに、ちゃんとゴーグルも装備してたアタシ(^^ゞ

ええ〜髪濡れるんいややなぁ〜と思いつつ
しぶしぶアタマを突っ込んでみると……

海岸からわずか数メートルというのに海底はスゴク深くて、
V字に深く切れ込んだ岩場には、
ゴルフボール大くらいの「ウニ」がわんさかへばりついている。

ひええ〜〜!ウニ〜ウニ〜ウ"ニ"ィ"〜!!! 〜ガボガボガボ〜。。〜。。〜

危うく溺れそになったわい!!!

なんで日本人ってウニにこんなにコ〜フンするんだろ?(笑)

でもでもコレは小っちゃすぎるな〜獲っても食べれないし(^^ゞ
それでも果敢にダイブを繰り返し、
1個、2個獲っては嬉々としてたK嬢は、かなり楽しかったようデス。
よかったね〜 ホンマにアンタは海女さんになるべきやな(笑)
by 21giova | 2010-03-02 23:46 | ├ ヴェイステ | Comments(0)

il-vento 2つめの別館デス♪本館に代わり、旅の記憶を辿ります。Copyright(C) Giova21. All Rights Reserved.


by 21giova
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る