カテゴリ:├ モラーノ・カラブロ( 2 )

モラーノ・カラブロ2. 天空の城のてっぺんを取れ!!

f0205783_20455198.jpg




あっこまで行きまっせ〜!!! と息巻いたけど、ヒィこらヒィこら情けなや。
移動はクルマで楽してるから、がんばれアタシ!! (笑)

頂上には、ローマ時代の要塞にはじまり、
その後、城となった Il Castello Normanno-Svevo が遺っている。

歩いてる途中、全く人気がなくて淋しかったけど、
あんな所で写真撮ってる人いるね♪♪
意味もなく、よかったヨカッタ〜(//∇//)




f0205783_21183132.jpg




城壁のすき間から見えるのは、外から眺めた時、城跡の隣にあるように見えた教会。
思ったよりずっと高低差があったことに驚く。
言うまでもなく町の中で1番高い所にある教会でもある。

既に海抜約700mに位置するモラーノ・カラブロ。
そのまた上だから、風がビュンビュン、帽子が飛ぶほど強い。






f0205783_12571852.jpg




オマケにバジリカータとカラブリアの2州をまたぐ広大な国立公園、
Parco nazionale del Pollinoで、ベスト3の高さを誇る2000m超の山(↓)に囲まれている。

山間部で風も巻くだろうし、南なカラブリアといえど雪景色な町の写真があったのも納得だ。
まさに天空の城!だったんだね〜。

とはいえ、今の季節、頂上からの眺めは素晴らしい!
ほらほら、風に吹かれた雲が、気まぐれな影をあっちにこっちにと映しだしている。

そして…要の東西問わぬ“瓦フェチ”な身としては、
年期の入った屋根瓦にも密かに萌えるのであった(笑)





f0205783_21344124.jpg





現実に目を向けると……
人々の暮らしは快適さと便利さを求めて、下へ下へと移っていく。

廃墟とまでは言わないが、この旧市街、明らかに人気のない家が多い。





f0205783_12291737.jpg




そんな中、ココにいるよ!!とばかりに声を上げる家が。

モノクロームの景色の中でこの家を見つけると、きっと誰もがホッとするに違いない。
そう…アタシがそうだったように。
まるで Casa gialla di felicità〜幸せの黄色い家。

不便も多いだろうが、こぅやって町の灯を護り続ける人たちがいる。
血肉が通わない美しさは虚しいだけ。
人が住むということは、町が生きるということなのだ。




f0205783_22261451.jpg




そうそう、フト思いついて、Googleマップで町を360度見てみたら…
(当時のMAPはこんな機能がなかったのだ)
OMG〜〜!!!!! 北側は見事なまでに家がないではないかっ!!

日当たり悪そうだし、わかる…っちゃあ〜わかるが、
あの素晴らしい遠景のウラ側がこんなだったとは!…ね。

だからといって、この町の素晴らしさが損なわれるワケじゃないけど、
手品の種あかしされたみたいにビックリした(^^ゞ





f0205783_21424785.jpg



散策中、唯一出会ったジモティは、
珍しくチネーゼではなく、お前はジャッポネーゼか?!と、一発大正解を出したオヤヂ。
じゃあ〜写真を撮ってくれよ、と、そそくさ座ってポーズを決める。

昨今、言われる事が少なくなったお約束フレーズに、喜んで!! とカメラを向けると、
う〜ぬ。前歯が抜けてまんがな!!!
でもでも、これも鉄板な“お約束”の1つなんだよね〜〜(笑)

(心の中で) そうそう、口は閉じて…カシャッ!!
一見強面オヤヂもイイ笑顔。
アタシもイイ写真撮れて嬉しいよ。チャオチャオ、バイバイ♪♪





f0205783_21352421.jpg





斜面に沿って渦巻き状に続く道は、決して楽な道のりではないけれど、
ショートカットな秘密の階段もあるので、
迷路な探検気分と少しの(?!) 体力気力で、是非てっぺん、とってみてください。

途中、眼下に広がるパノラマや、周囲に広がる雄大な山々の尾根が、
ひと時の清涼感とご褒美を与えてくれるはず。





f0205783_20025877.jpg




同じ“最も美しい村”でも、アルトモンテとは全く趣が違ったモラーノ・カラブロ。
去り際、いつまでもバックミラーで姿を追ってしまう、記憶と印象に残る町であった。

さあさ、前を向いて。アクセル踏んで。
次の街が待ってるよ。







[PR]
by 21giova | 2018-11-26 23:40 | ├ モラーノ・カラブロ | Comments(0)

モラーノ・カラブロ1. 思わず息を飲んだ異形の町

f0205783_21423931.jpg



アルトモンテからさらに北上すること小一時間。
Morano Calabro〜モラーノ・カラブロも “最も美しい村”に選ばれている。

最近、日本でも名を知られるようになった 最も美しいシリーズ。
何でもかんでもソレ基準か〜い!! と思われても仕方ないが、
情報が少ない地域では、このサイトは本当に役に立つ。

また、都市ではなく、小さく趣のある町や村が好きな人には必見のサイトといえる。
言っちゃあ〜なんだが、アテクシ、数十年前から愛用しています(^^ゞ

モラーノ・カラブロは、他にも“最も美しい村”に似た選考基準を持ち、同じく参考になる

ま、それはともかく………
標識も出てたし1本道だから大丈夫!と、適当に!! 走っていたら、
「ソレ」が急に目の前に現れた。




f0205783_22181128.jpg




うへえぇえ〜〜!!! なんだ、なんだっ、コレはっ!!!!!

サイトで調べ見た時、ある程度、町の感じはわかっていたけど、
実際目にする光景は全く違う。全然違う!! 比べものにならない!!
まさかこんな全貌だったとは!
それはもぅ〜声を失うほど圧倒的であった。

なんて立派で、なんて美しい姿だろう。
特異な外観において思わず息をのんだのは、マテーラのサッシ、マレンマのピティリアーノ
ラツィオのチヴィタ・ディ・バーニョレージョに匹敵する。

完璧な弧を描く円錐形は、周囲の山々の1つのよう。
月に1度だけ霧の中から現れる伝説の王国。
ラピュタの地上版と言っても過言ではない。




f0205783_18540164.jpg





まぁるいカップケーキの上に垂らしたクリームが広がったように人家が並んでる。
重ならず。段々に。上手に。キレイに。

丘状都市というと、先っちょに町が乗っかってるような所がほとんど。
頂上から裾野まで覆い尽くしてるこんな町、記憶にある限り思いつかない。

町を造った人間の知力と、今目前にある時の流れに思いを馳せながら、
いつまでもいつまでも、見ていたいと思った。
この眺めを肴に、ワイン1本空けれる自信がある(笑)
それっくらい美しい。うん。





f0205783_22160228.jpg




絶好の撮影ポイントだったゆえ、
同じような写真ばっかであいスイマセン。。。。

主線道(SP241)を走ってると思ってたのに、
いつの間にか1本山側の道を辿っていたのが偶然、功を奏した。
SP139沿い、カプチン派の修道院の前に、まるであつらえたかのようなテラスがある。

モラーノ・カラブロの姿は、遠景が多分絶対、1番美しい。
車で行かれる方は是非ココから、見飽きる事のない円錐の城を愛でてください。

じゃ…呼ばれてるような気がするから、あのてっぺんまで行ってみっか!!!





[PR]
by 21giova | 2018-11-07 23:45 | ├ モラーノ・カラブロ | Comments(0)

il-vento 2つめの別館デス♪本館に代わり、旅の記憶を辿ります。Copyright(C) Giova21. All Rights Reserved.


by 21giova
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る