リパリ島4. 海だけじゃない 歩き見る所もたくさんあるよ♪

f0205783_21425870.jpg



まだ午前中なのに、既に目の前ハレーション状態。
今日「も」ピカピカ晴天のリパリです。

眩しさのあまり、ホントに路地が続いてるかと思ったわ!
…というのは冗談だが、キュートな壁画を発見♪
でも…なんか見覚えが……
そう、フィガロの島特集の中で、リパリのTOPページに使われておりました。

Vico Marteという小さな路地の中にあるけど、
ココは、勝手気ままに歩きながら偶然見つけるのがキモでしょうv





f0205783_22030130.jpg



よく吟味して決めるべ!って思ってたのに、テラスワインしてる間に
「も〜これでエエんちゃう?」
ほとんど酔っ払いの決定で今宵のクルーズツアーを決める(笑)
乗船時間までたっぷりあるから、今度は昼のリパリを散策。
大聖堂に再びやってきた。





f0205783_21334600.jpg




1084年、ノルマン王によって建立された大聖堂はトルコ人の襲撃にあい、
現在はバロック様式に再建されている。

うえ〜こんな風に火をかけられちゃったンだな。。。。
これってホント、島の宿命だよね。
とは、正面扉に施された立派な彫金である。





f0205783_22361942.jpg




大聖堂に隣接したベネディクト派修道院のキオストロは、奇蹟的に破壊を逃れ、
いい感じのワビサビ感を醸し出しながら、当時の姿を留めている。

入場料として1ユーロいるので、入口に徴収係のジイサマがいます。
早い時間で誰もおらず暇だったのだろう。
べったり寄るは触るは…しまいにゃ、ウルサイわ〜!だったんだが、
最近のイタ男は大変行儀がよいので、典型的なTHE南イタリア男な振る舞いを、
苦笑いしつつも妙に昔懐かしく(?!)思ったのは、きっとアタシが歳とったからだろうなぁ〜〜(TOT)





f0205783_22335937.jpg




また、大聖堂周辺には紀元前な遺跡が数多く「野ざらし状態」になっている。
なんでもリパリでは、紀元前4千年も前から人が住んでいたといい、
その営みの面影がそこここに残っているのだ。

それらを集約した考古学博物館〜Il Museo archeologico regionale eoliano には、
素朴でプリミティブなブツがズラリと揃っており、なかなかに見応えがあった。

「島=海」なアクティビティだけでなく、歴史的な背景を知ることができる
エオリエ諸島の中で唯一といっていい文化的施設である。
屋内なので、ちょっと涼みたい時にもうってつけだと思うので(違!!) 是非どうぞ♪

博物館の開館時間はコチラを参照



f0205783_22495916.jpg
デジタルブック 伊語




f0205783_20502220.jpg



ちなみにこちらは帰ってきてから見て知ったんだけど、
世界ふしぎ発見!いい湯を愛して3500年 イタリア・古代ローマ温泉遺産!(2014.12.6放送)
で紹介されていたリパリのテルマエ跡である。(スイマセン…デジタルブックから写真拝借しました)

市松模様なタイルが残っていることにも驚くが、
テルマエを含む広域な遺跡の中で最も規模が大きかったのが、
紀元前16世紀頃に造られたとされる「サウナ」だったそうだ( ̄o ̄)
も〜どんだけ立派やねん?!サウナ命やねん?!って突っ込みたくなるけど(笑)
同じく温泉好きとしては、風呂にかける熱意と情熱に、大いに共感できたのでありました(^^ゞ





[PR]
by 21giova | 2017-03-29 23:17 | ├ リパリ島 | Comments(0)

il-vento 2つめの別館デス♪本館に代わり、旅の記憶を辿ります。Copyright(C) Giova21. All Rights Reserved.


by 21giova
プロフィールを見る
画像一覧