ヴルカーノ島1. 世にもワイルドな泥んこ温泉でファンゴ三昧!!

f0205783_15014170.jpg




翌日から始まった島巡り。
幕の内弁当の中の好きなおかずを、最後に残すより真っ先に食べるタイプなアタシ。
迷わずここを選びました(๑•̀ㅂ•́)و✧
リパリ島の南に浮かぶ Isola di Vulcano 〜 ヴルカーノ島

長い間こと“島眠”してるものの、その名の通り〈Volcano〜火山〉の語源にもなっており、
今も静かに活動を続けている火山島である。
その証拠に、港に着いた途端、硫黄の匂いが鼻をつく。それもかなり強烈な。

この匂いがする…ってことは、そう…あるんです。温泉がっ!!!
しかも「泥んこ温泉」「海底温泉」と2つも!! (≧▽≦)//

ぶ、ブラヴァあぁ〜!!! ヴルカ〜ノ!!! (by 一応世界遺産)





f0205783_15344141.jpg




岩肌はガスや硫黄成分で変色しており、地熱による水蒸気も上がってる。
人家も少なく、観光的に特に拓けていないのもストロンボリと似ているが、
温泉に火山。自然が創りだした唯一無二の自然遺産があり、
そこに人がそっと寄り添っている感じがイイ。

例えばエオリエ諸島全部が、リパリみたいにリゾーティじゃ、ある意味つまらない。
なんかうまいこと棲み分けできてるなぁ〜って思った。

と、感慨にふけってたら、火山トレッキングで一緒だったドイツ人一家とバッタリ会ってビックリ!
しかも彼らのカッコ、あの日のデジャヴのようなトレッキング仕様ではないか!

えっ、温泉入りに来たんじゃないの?!そう聞くと、
ドイツ父、鼻をつまみながら臭くて入れないという。
じゃあ〜何しにきたかというと、噴火口を持つ フォッサ山 に登りに行くという。

えっ?! え"え"〜〜〜〜っ!!!!

も〜アテクシ、心底驚きました。
そ、そら、何してもいいですけど、温泉に海があるのにまた登るんかいな?!って。
ホンマに好きなんですね〜〜( ̄o ̄) もしかして彼は地質学者?火山研究家?!
とにかく生粋のボルケーノファミリーだったのです。

でも泥んこ温泉を見て、ドイツ父が二の足踏んだの、ちょっとわかるような気がした(笑)





f0205783_16012912.jpg




ワハハ!!! これってズバリ…… ドロ沼やないかぁあ〜〜!!!

いや…ココはれっきとした“泥”温泉〜I fanghi di Vulcano
そして、誤解しないで欲しいのだが、これは歓喜の雄叫び である。

申し訳程度ほどに石が積まれ、囲われているが、
たまたまできた窪地に温泉が溜まりました〜的な野趣溢れるこのシチュエーション。
サイコ〜!! ではないかっ!! 温泉好きの血が騒ぐわいっ!!!





f0205783_16101172.jpg





ね、ほら、安心してください。

キレイなお姉さんも入ってマス(๑˃̵ᴗ˂̵)و






f0205783_16150439.jpg




も〜まじ「ドロ水」(笑)
プクプク気泡が立ってて、この色でしょ?まるでインディ・ジョーンズの世界だわ。
正直、全身入るにはちっくと勇気がいったけど、断然好奇心の方が勝ります。

ペタンと座ってようやく肩が浸かるほど浅く、所々、要注意な熱湯が吹き出している。
全体的に泥加減…もとい、湯加減はちょうどいい。
まさに、アフリカジャングルで泥浴びするカバの気分デス(笑)

で、なんといってもコレがスバラシ〜イ!底にたんまり沈殿してるファンゴ!!
トロ〜リ濃厚なクリームのようになめらかなのだv






f0205783_16241548.jpg




老いも若きも、泥んこ塗り塗り塗りまくり〜〜!!!

そこら中で灰色ゾンビが出現している。

が、この暑さだからアッちゅう間に乾いて、ゾンビからこぅ〜なる。


f0205783_20355086.jpg



ジャミラになったら落としてまた塗る。

ヒト → ゾンビ → ジャミラ → ヒト → ゾンビ → ジャミラ。。。。

この繰り返しで、順番間違えたら人間に戻れない危険性をはらんでいる(笑)

と、湯に浸かるというより、ファンゴ三昧って感じだが、こら文句なしに楽しい♪
今までもイタリアの野外温泉に幾つか入ってきたけど、
断トツ1番!と言っていいほどステキすぐる〜(//∇//)

ただしっ!硫黄成分がかなり強いので、お肌が敏感は人はほどほどに。
ホントは顔にもあまり塗らないほうがよいみたい。
水着や身体についた硫黄臭もなかなかとれないし、なんなら生地も傷むとのこと。
ど〜なってもいい水着やタオルを用意するといいでしょう。
変色する貴金属も(湯につけなくても) NGです。もちろん。

って書くと、硫黄パワーどんだけスゴイねん!な、地獄温泉のようだが(笑)
関節痛や皮膚炎に効く効能は折り紙付き!
ファンゴ後のお肌も、うっとりするほどスベッスベになる(個人差あり)
何よりこんな天然ワイルド泥温泉、世界中探したってなかなかないだろう。
ホントいい経験だった(๑˃̵ᴗ˂̵)و

伊国の温泉で初めてお金払ったけど(!!) 入場料として3ユーロ必要。
こんだけファンゴ楽しめるなら格安だと思いマスよ♪





[PR]
by 21giova | 2016-12-15 23:29 | ├ ヴルカーノ島 | Comments(0)

il-vento 2つめの別館デス♪本館に代わり、旅の記憶を辿ります。Copyright(C) Giova21. All Rights Reserved.


by 21giova
プロフィールを見る
画像一覧