ストロンボリ島8. ひとまずさらば!火山とバンパイアの島よ

f0205783_20022344.jpg




いくら干しても、アタシの汗とストロンボリの砂は消えまい…というもう1つの“相棒” 
一緒によくがんばったね♪ ありがとう!
持ってくるのも、持って帰るのも大変だけど(^^ゞ

昨晩、マルコと一緒に星空を眺めながらちょっくらお酒も呑み(結局飲んどるやないか!)
なぜ北イタリア出身の彼が遠く離れた南の島にいるのか、
どんなに海が好きだかを、おしゃべりしたんだが、
最後は…というと「もっとイタリア語を勉強しろ!」と、しっかり怒られたのであった( ̄o ̄)スンマヘン





f0205783_20334202.jpg




そんな「夜の会合」が行われた2階テラス。

マルコの故郷は山がちで、海には面してない。
アタシが住んでる所もいわゆる“海なし県”なので、彼の気持はよぉくわかる。

山な自然も大好きだけど、海か山、イタリアでどっちかに別荘あげるよ♪って言われたら、
一応悩みながらも「海」を選ぶだろう、多分。いや…絶対。
無いモノに焦がれるのは、人間みな一緒なのだ。





f0205783_20210107.jpg




着いた時と同じ美しい姿を見せる火の山は、今日も元気よく煙を吐いている。
きっと今日も、いろんな国のいろんな人たちが、頂上目指して登っていくのだろう。
ふふ…ガンバレよ! 

某番組でGoogleマップの使い方をやってて、ついまたこんなものを開けてしまった(^^ゞ
まだやるんか〜い!ってしつこけど、貼っておこっと♪





f0205783_22214731.jpg

半ベソどころか本ベソかきながら登った道。




f0205783_22240530.jpg

黄色の所で座って噴火見学後、手前の砂地を駆け下りる。



こんなにハッキリわかるなんてスゴイな!まさに「蜘蛛の糸」だ。
人間がいかにちっぽけで、その胸に抱えた悩みなど、
もっともっとちっぽけだってことがよくわかる。なんか元気づけられるわ。
マツコも言ってたけど (あ!) 地図って1日見ててもあきないよね。

さてさてさて…。

海でプカプカしてきたお陰で、かなり人間らしくなり帰ってきたら、
エプロン姿のマルコが、漁師から直接買ったというカジキマグロをさばいて、お昼を作ってくれた。
島のレストランで働いてるというだけあって、パスタも手際よく用意。
階下のテラスで大家さんと彼女の娘っこと一緒に、にぎやかプランツォです♪♪


f0205783_14484842.jpg

6歳になるアンジェラのマイブームは「吸血鬼〜バンパイア」
絵本だかテレビだか、とにかくどっかでお会いになって以来、ガッシとハートを奪われたらしい。

恐らく周囲の大人たちは聞き飽きて、十分相手をしてくれなくなったんだろう。
そんな時、謎の日本人という格好の獲物をロックオンした彼女。
「彼」がどんだけスゴクてコワイか、怒濤のようにしゃべりまくる。

人見知りもせずなついてくれたのはとっても嬉しかったけど、
脳内翻訳機が追っつかないのはもちろん、内容ほぼ理解不能。。。
でも、会話中、少なくとも28万回は出てきた
「吸血鬼=ヴァンピーロ」という言葉は、死ぬまで忘れないと思う。。。

火山に始まりヴァンピーロで終わるストロンボリって、、、、強烈すぎる(笑)
いやいや…ちっちゃなプリンチペッサ。お後がよろしいようで。とっても楽しかったよ♪♪





f0205783_22095213.jpg





ホントはもっとゆっくりできたらよいんだが、とりあえずストロンボリ島とはお別れだ。

ちょっとしたお土産と、大好評だったワサビ味の柿の種だけで申し訳なかったが、
一宿一飯の恩義、決して忘れるまい!

ホントにありがとう!!!

南の島といえど、オフシーズになると観光客も途絶え、島の人口も半分以下に減ってしまうという。
大家さんたちは家を閉めメッシーナで冬を過ごし、マルコはまた別の海を求めて島を出る。

再びみなが出会う時はあるのだろうか。
いつか、そう…いつか、日本にも遊びにきてよ♪





f0205783_22230408.jpg




最後に…ストロンボリ島というと、火山だけではない。
そもそも島の名を一躍知らしめたのは
ストロンボリ 神の大地〜Stromboli terra di Dio」(1950年公開) だったかもしれない。

一連のヒッチコック作品や「カサブランカ」「誰が為に鐘は鳴る」などに出演。
アカデミー主演女優賞も獲り、圧倒的な人気を誇っていたバーグマンが、
この作品をきっかけに9歳年上の監督、ロッセリーニと不倫関係になり、大スキャンダルになったからだ。

作品の善し悪しと関係ない所で注目を浴びてしまったけど、
彼らが愛を育んだ家が、今も島内に残っている。
来る前に観ておけばよかったンだが、往年のイタリア映画ファンなら、
ちょっと気になるのではないだろうか。

他にもエオリエ諸島には映画の舞台になった地がいろいろある。
そのお話しはまた後で。。。。










by 21giova | 2016-11-12 23:01 | ├ ストロンボリ島 | Comments(0)

il-vento 2つめの別館デス♪本館に代わり、旅の記憶を辿ります。Copyright(C) Giova21. All Rights Reserved.


by 21giova
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る