ストロンボリ島4. 汗と涙の火の山登山〜 ついに…ついに…涙のフィニッシュ!!


f0205783_20333298.jpg



休憩の後は一気に頂上を目指す。
ザッザッザッザッ…心の平穏、平らな道。
ホッ…とひと息つくも「天国」はコレが最初で最後であった(TOT)//

あっ!! ジャーマン@キンダーズったら、いつの間にか先頭歩いてる!!!

チクソ〜!! アタシだって7歳児だったら (何年前?!(笑)
山羊のようにジャンピングジャンプしながら登れるのにっ!!
って…ヘトヘトだったアタシを見かねて、友人が己の杖を貸してくれたので、
ジャンプどころか、スキップすらできなかったけど…( ̄o ̄)//

かようにアテクシ、半分以上幽体離脱しておりましたので、
今回は、友人が撮った素晴らしい写真で綴っていきます。ど〜ぞヨロシク!





f0205783_20561741.jpg





さてこの道。山の手と反対側といえばご覧の有り様。
頂上付近から下まで、草木も生えぬ「黒き滑り台」となっている。
実はこれ、火砕流が通った跡なのだ。

でもって、やっぱ柵もロープもないんだよね〜〜( ̄o ̄)
そんな人いないと思いたいが…こっち側にズッコケたら、一気に大滑降!! じゃん?!

こんなデンジャラスロードがいっぱいだったストロンボリ登山。
でも今はこぅ思える。日本とは考え方の根っこが違うのだろうと。

たとえ少々危険があっても、あるがままの自然の中に身を置き、楽しむことが、
欧米諸国におけるネイチャーアクティビティーなんだろうと。
どっちが良い、悪いじゃなくて…ね。





f0205783_21333755.jpg




それでも…この道、この登りぃい〜〜!!!
ガイドが引率してくれなきゃ、わからんわ〜い!!!

延々と続くつづら折りの登り道に、
アテクシ、どんどんどんどんペースが落ちていく。
あぁ〜このまま Like a rolling stone になりたい(>_<)//

ついにはお互い見捨てずがんばろうね!と、
密かにココロの友として「頼り」にしてたドイツ人のジ〜サマにも抜かれ、
グループ最後尾どころか、100m以上も遅れるハメになってしまった。






f0205783_21532044.jpg




一瞬「カッコいい写真」に見えるが、とんでもない!
そんなとこ撮るな〜〜!!!! な、1人遅れて孤高の図…である。

実は途中、何度か足がつり、動けなくなってしまったのだ (軽い脱水症状になっていたと思われる)
立ち止まってプルプル震えてると杖まで落として、ソレ拾うのさえ一苦労という始末。

そうこうしてるうちにみんなとの距離が、またまたもっともっと開いていく。
むっちゃくちゃ焦るけど、どうにもこうにも足が動いてくれない。

そのうち、ガイド氏に新しいルーティンが加わった。
それは…しんがりというには遠く点のように遅れてるアタシに向かい、

おおぅうう〜い!生きてるか〜!?大丈夫かぁ〜?!

と叫び、確認すること…である(笑)

白旗を持っていたら間違いなく振っていただろう。
代わりに自分の手をヨレヨレヨレ〜と挙げるのが精一杯で、声すらでないアタシ……

歩いてて足がつるとか初めての経験だったが、それを差し引いても、
余りに動けない自分が情けなくて 泣きそう になった。。。

旅行前に、そうだっ!7階の事務所まで毎日階段使ってトレーニングしよう!
って思っただけで、実行しなかった事を心底後悔した(おそ〜〜いっ!!!)







f0205783_22090122.jpg





しかもっ!!!!

山頂まであと少し!って箇所になると、今までのガレ場から一転、
足元が、さっき通ったような黒く細かい砂地になったのだ。

それなりの傾斜がある中で、しかもこの最後の最後で、足元がズブズブ沈む!って、
これほどの試練…いや…イジメ!があるだろうか?!

足を踏ん張る度に大腿筋が悲鳴をあげ、
わずかに残っていた気力と体力が、最後の一滴まで霧散していく。

イヤな事はすぐ忘れる性分なので、もしかしてもっと辛い事があったかもしれないが、
この世に生をうけ、今まで生きてきて、記憶にある限り、この山頂までの約1時間半ほど…って、
正真正銘、最強最悪、ホントのホントに、大まぢめに、いっちばん、

ツラカッタ〜〜!!

この先、なんか酸欠状態な試練があっても、この「魔の1時間半」の事を思い出せば、
きっと乗りきれる!!んじゃないかと思う(笑)

f0205783_21514436.jpg


そして…「その時」がついにやってきたっ!!!!

ああ〜向こうで手を振ってる友人の姿が見える。それがどんどん近づいてくる。
ってことは、みんなもぅ歩いてないんだね?あそこがゴールなのね?
おぉお〜!神よ!!感謝します!!!

歩き始めて3時間ちょっと。
ついに…ついに… てっぺん とったど〜〜!!!




f0205783_22035361.jpg





途中、このまま溶けてストロンボリの砂と化したらどんなに楽だろうと思ったけど、
今度は安堵感と疲労感から、膝から地面にへたれこむ。
もしかしてもしかすると、登り初めてはぢめて!!座ったかもしれない。

最後の流動食を流し込みながら、
ようやく周囲を「人の目」で見ることができるようになり、気がついた。

ブッシャファア〜〜〜!!! ← ふなっし〜ではなく噴火音。

ポっスン!! ← 噴煙があがる音。

うわうわうわ〜!!
もしかして今、噴火したん?したよね?!

今までずっと下から見上げてた噴煙が足下にたなびいている。
それだけ登ってきたんだ…と感無量になる前に、いきなり噴火っ!?
こら、いつまでもヨタってるワケにはいかない。
カメラ、カメラっ!!! スイッチオ〜〜ン!!!

苛酷な登りがあろうとも、それに見合う等価を、山は必ず用意してくれる。
コレがそのご褒美なんだね。

えっ?まだまだあるよ!って?!
そう…噴火ショーは「これから」なのだ。





[PR]
by 21giova | 2016-08-21 23:23 | ├ ストロンボリ島 | Comments(0)

il-vento 2つめの別館デス♪本館に代わり、旅の記憶を辿ります。Copyright(C) Giova21. All Rights Reserved.


by 21giova
プロフィールを見る
画像一覧