チヴィタ・ディ・バニョレージョ 2. チヴィタ流 美味しいブルスケッタを召し上がれ♪

f0205783_17123441.jpg




周囲わずか500mほど。
住民も50人に届くかどうか。
間違いなく今まで訪れた「小さな町」の最少記録を更新してる。

それでもこの特異な景観を持つ町は、
イタリアの美しい町(村・集落) I Borghi più Belli d'Italia にも選ばれ、
ちょっとした観光地にもなっている。
最近日本の映画にも登場してたが…ソレはちょっと…な…って感じ (>_<)// チガウダロ~

とにかく_10年、20年後に、同じこの姿が見れるとは限らない。
細い通りで出逢う人はみな、カメラ片手の観光客である。






f0205783_1743458.jpg





厳しい環境の中、
チヴィタの人々はオリーブオイルを作り、生活の糧としてきた。

500年以上続くオリーブオイル農家には、
数十年前までロバが回していたという石臼が残っている。

このロバ君たち、石臼はもちろん、橋を渡って荷揚げをするなど
町の人たちの貴重な「足」だったのだ。
今はバイクがその代わりになってるけどねvv





f0205783_1757252.jpg




そのオリーブオイル農家でブルスケッタをいただくことにする。

ってか、ワ〜オ!!この暑い最中に、薪でパン焼くの?
物珍しく炉のそばに立てば、ものの数秒で汗が吹き出てくる。

それでも…
こうやってじっくりパンを焼くのが、チヴィタ流。

カリカリに焼けたパンの表面をニンニクでひとなぞり。
ザク切りトマトを豪快に乗せ、塩をひと振り。
そして、ご自慢のオリーブオイルをたっぷりかける。

たった それだけ…

なのに…




f0205783_1822498.jpg




   
ああ〜なんてシンプル! そして…なんて美味しいんだろう♪♪♪
言葉がでない…ってこのこと。

濃厚でありながら、爽やかに鼻に抜けるオイルのウマイこと!!
カリカリパンに染みた部分がまたウマイ!と、ウマイの連発!である(笑)

チーズを溶かしたブルスケッタもわるくない。
他にも、サラミやトリュフペースト、いろ〜んなトッピングが選べる。
でもでも やっぱこの真っ赤な情熱 トマトがいっちばん!美味しいと思う。

「イタリアを食べてる」そんな気がするvv

もちろんワインも忘れずに!

どぶろくチックな色の濃ぉ〜〜い白がお薦め♪
グラスでもカラフェでも頼めるけど、言わずもがなで後者を選ぶ我々(笑)
   




f0205783_1827334.jpg





家屋というより、3000年!以上前に掘られた洞窟の中にあるこの Bruschetteria
外の陽射しは強烈でも、どことなくひんやり感じるのは、気のせいではないだろう。

で、〆はコレね♪♪
お土産にオリーブオイルを是非どうぞvv
ホント〜〜に美味しいから♪♪



f0205783_20224997.jpg





チヴィタのイラストもステキな250cc 卓上使い切りサイズ♪
思わず2本も買ってしまいました(^^ゞ


Bruschetteria Antico Frantoio Via Porta della Maestà






f0205783_1934315.jpg





観光業に携わるだけじゃなく、
今でも手づからオリーブオイルを作ってる人や、普通に暮らしている人たちがいる。
この町を愛し、歴史と伝統を守りながら。
いろんな人たちの思いが、この小さな町に詰まっている。

最初に見た時の悲壮感が、
しかし今は、誇り高き姿となって目に映る。
死にゆく町でも、滅びゆく町でもない、チヴィタの雄姿が。




f0205783_19135631.jpg
Città di Bagnoregio

by 21giova | 2012-06-02 23:10 | ├ チヴィタ・ディ・バーニョレージョ | Comments(0)

il-vento 2つめの別館デス♪本館に代わり、旅の記憶を辿ります。Copyright(C) Giova21. All Rights Reserved.


by 21giova
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る