人気ブログランキング |

オッフィーダ 2. レースもキレイないろいろ歩き

f0205783_1031549.jpg



時刻昼過ぎ。
夏の太陽は一筋の雲をも残すことを許さずに、
見事な青のベタ塗りのなか、容赦なく照りつける。

熱いっ!!!

なのに、まるで引き寄せられるように足が止まらない。

人家が少なくなってきた町外れ。
誘うように伸びる一本道の先。

ブドウ畑を見下ろす絶壁の先ちょにポツネンと建つ Chiesa di S. Maria della Rocca
なぜだかとても印象に残った教会である。




f0205783_12565924.jpg





この近くの小径に「HIROSHIMA」って名前がつけられていてビックリ!
これはどう考えても「広島」だよね?

ローマやミラノならいざ知らず、
こんな小さな町に、どぅうして〜!?って、悶々としてしまった。
きっと理由があるのだろうけど…




f0205783_1311238.jpg




町の入口に、おばあちゃん、娘、孫 (と思われる(笑) 3体のブロンズ像がある。

オッフィーダはワインだけでなく、
伝統的手工芸であるレース編みで知られている所でもあるそうな。
夏には、大規模なレース編みの展示販売会もあるんだって。





f0205783_13352476.jpg




創業100年近いレース店をのぞいていたら、
おばあちゃんが、さぁさ見ておいき、とレース編みを見せてくれた。

イタリアには、レース編みを特産とする所が少なくないが、
アタシの目からしたら、どれも一緒に見える(笑) 柄も、
きっと先祖代々受け継がれてきた、その地方独自の紋様になってるんだろうね。




f0205783_1315957.jpg




膝の上で抱えてる枕みたいなのは Tombolo というレース編み用のクッションである。
レース編みといえばブラノ島!でも、このクッションを膝に置いて使っているが、
オッフィーダのはずいぶん大きいから、
特製の丸椅子の上に乗っかっているのがミソ (多分…(笑)

シャッシャカしゃ〜と、見事な手さばきを披露してくれたおばあちゃん。
こういう店のご多分にもれず、古い写真が何枚も飾ってあって、
若い時のおばあちゃん、とってもキレイですvv

レース編みを手元に置いとく柄でもないし(笑)
お値段も結構するからいつも買わないんだけど(^^ゞ このミニチュアはかわいかったな♪





f0205783_1464493.jpg




オッフィーダはリーパトランソーネよりやや大きく、全体的に「町」な活気に溢れている。

今日も、週末でもないのにそこそこで市が立っていて、
玉石混交の衣料品も、子豚がクルクル回ってるトラックの屋台も
とっても興味があったけど(笑) ここはグッと我慢して、次の町に移動することにする。



f0205783_14315714.gif
Città di Offida 
Commented by izumi at 2011-05-23 21:29 x
あああ、この教会スゴくすてきですね〜。
>まるで引き寄せられるように足が止まらない。
わかる!どんな炎天下でも、きっとわたしも、ほかに誰もいなくても、アタマかんかんに焼かれながらでも、きっと行ってしまうデス。有名であろうとなかろうと関係なく、自分にとっての、そういう風景ってあるよね〜。
出会って&呼ばれたら、もう、行くしかないのだぁ〜
Commented by 21giova at 2011-05-24 11:28
izumiさん、こんにちは♪
ご共感ありがとう〜vv
おっしゃる通り、有名無名はこ〜ゆ〜時、関係ないですよね
知らない町の知らない教会の方が印象に残ったりする事も多いし。
自分だけの風景に出会える…ってが旅の醍醐味なんだと思います。
呼ばれる……ワハハ♪ホントホント!磁力で引き寄せられるんですよね〜(笑)
だから思うに、小さな町では地図なんていらない!と思うんです。
呼ばれるままに歩くもんで、効率悪くて後で後悔することもあるけど(^^ゞ
by 21giova | 2011-05-19 23:31 | ├ オッフィーダ | Comments(2)

il-vento 2つめの別館デス♪本館に代わり、旅の記憶を辿ります。Copyright(C) Giova21. All Rights Reserved.


by 21giova
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る