レッチェ 2. やっちまったぜ!!

f0205783_1828309.jpg



レッチェのチェントロまであとわずか…というところでエライ渋滞!にはまってしまった。
工事中で道が封鎖され、迂回路をはじめ、周辺道路がワヤクチャになっているようだ。

伊国には、方向転換する輪っか_ロータリーという道がある。
時計と反対回りに流れに乗り、出たい道に来たら出る。
なるほど、これなら信号なんていらないし、
実に合理的なシステムだと感心したものだ。

が、、、、、、

それはフツ〜に流れていれば…の話で、渋滞団子状になってしまうと
どの「固まり」が右に出る車なのかさっぱりワヤ!になってしまう。

ってか、一体ど〜したら、
こんなグチャグチャになってしまうのか?!ってくらいヒドイ状態でアル(TOT)//
だってもぅ隣の車の人と、フツ〜に握手できるくらい、前後左右ミッチリ詰まってる。

少しでも進めばこちらも進む。
前進あるのみ !ってハンドル握ってたもんで、
後ろでTが「あっ!やった!」って言ったときも、何の事だかさっぱりわからなかった。

「え?なになに?」
「ぶつかったで〜」
「何と?」
「車と!」  (まるで漫才のような会話やな(笑)

じゃなくて……

ガチョ〜ン!!!まぢですか?!

どの車といつどこでぶつかったん?というのもわからない周囲の状況と、
頭パニクリ状態で、とりあえず車を止めれる場所まで移動。

すると後ろにススス〜っって1台の車が・・・・・
   
みな、固唾を飲んで降り立つ人を見る。。。ドキドキ。。。


f0205783_18445011.gif


ああ〜よかった〜「ふつう」の人だ!!!(笑)

むっさ強面の人だったらどないしょ〜って、アテクシ、Tの後ろに隠れてましたから(おいおい!)

アタシがハンドル切った時に、
ミシッ!だか、メリっ!だか、ギュゴゴ〜!だか、彼の車にぶつかったみたいで、
(全然気が付かなかったわ (再びおいおい!)
そんなにひどくないけど、そんなに軽くもない傷が双方のボディに刻まれている。

幸いだったのは、彼の奥さん(すぐ電話してた(笑) とTが英語が堪能で
2人で話し合いをしてくれたこと。

彼自身、とても物腰やさしいジェントルマンで、
「警察呼ばないとダメですか?」って聞くと
「大丈夫だいじょうぶ。イタリアではよくあることだから気にしないで」
(そ、そ〜なのか?と思いつつ妙に納得(笑)
レンタカーの書類に目を通すと「これが私の連絡先だから」ってメモを書いてくれた。

道理もわかった人で、もひとつよかった〜〜♪♪♪

誰もケガしてないし車も全然動くし、あとはレンタカー会社と保険会社に任せよう。
自動車保険はFull insurance だから大丈夫だろう。
って、面倒くさい&よくわからんので、いつもフル!にしてるんだけど
こ〜ゆ〜時、保険は大事!ってしみじみ実感。


みなさん、ご迷惑おかけしました…m(_ _)m
特にTの英語はホントに助かった!

だってこんな状況で、アタシのなんちゃってイタ語が通じるとは思えない(TOT)/
車を返却するときの手続きもしてくれたし (させた…とも言う…(笑)
らぶ〜T♪でアル。ありがとね♪♪♪

と、今はたいへんお気楽に書いてるが、
車がエンコしたり、己でぶつけたり…はしてきたけど、
ヨソ様の車に当てる!なんて初めてのことで、結構動揺したのも事実。
殺人的な渋滞のせいや!!ともいえるが (笑) 都会は気をつけよう!でアル。




f0205783_19542136.jpg



そんなこんなですっかり遅くなってしまったレッチェ・イン。

街に入りまず目をひくのが、ド!チェントロにありながら
二千年前もの姿を堂々と横たえるローマ時代の円形闘技場〜Anfiteatro Romano

当時の大きさ 83m×102m。収容人員は25,000人を超えたという大劇場である。
現在その半分以上が地中に埋まったままだが、
その巨大さは今でも充分実感できるし、保存状態が良いことにも驚かされる。

しかし、ココでビビっていてはいけない。
バロックの宝庫、レッチェには、仰天@バロッキ〜な建築物がいっぱい!
さぁ街の奥まで、いざ!足を進めてみよう♪
[PR]
by 21giova | 2010-09-26 23:28 | ├ レッチェ | Comments(0)

il-vento 2つめの別館デス♪本館に代わり、旅の記憶を辿ります。Copyright(C) Giova21. All Rights Reserved.


by 21giova
プロフィールを見る
画像一覧