人気ブログランキング |

マルティーナ・フランカ 3. 壮麗なバロック建築を愛でるべし

f0205783_17152822.jpg




マルティーナ・フランカのもぅひとつの〈顔〉は、
壮麗なバロック建築の宝庫だということ。
深窓のお嬢さまは、白く美しいだけでなく、古典でデコラな一面もお持ちなのでアル。

で、またまたこの人の名前が出てくる。ハイ!フェデリーコ2世 デスねvv

あっちもこっちもフェデリーコ♪プーリア中がフェデリーコ♪
と〈フェデリーコ音頭〉ができそう(笑)

ではなく_

彼が創設したこの街は、住人や商人を集めるために免税特権が与えられ、
おかげで大いに栄えたという。
フランカとはつまり、免税〜Franco を意味し、そのまま街の名となったのである。

その後も街は発展し続け、
懐の潤った商人たちがしたことといえば_

ハイ、お約束ですね。
寄進をして、バカスカと教会を建てることであります(笑)




f0205783_11193065.jpg




そこには神への感謝もあるだろうが、
いろんな通りのいろんな角の、正面から横から、ありとあらゆる所から
そりゃあ〜立派な教会が顔をのぞかせる。

どれも同じに見えてくるほどあって困るが(笑)
街のサイズにあったほどよい大きさなので、屋外オブジェのように楽しむことができる。
教会&建築マニアにはたまらないんじゃないかと思うvv

レッチェもバロック建築の宝庫だが (良い意味で) 雑然とした街なので、
ゆっくりキレイに見るには、マルティーナ・フランカはお薦めデス♪





f0205783_1133197.jpg




もちろん、自身の邸宅も負けじ!と、たいそう立派である。
日本だと「うだつ」が上がりっぱなし!といったところだろうか(笑)

よくわかんないけど、天災などの被害にもあわず、
当時の姿がそのまんまとてもよく残っていると思う。

意匠を凝らした門扉やバルコニーなど、見てて飽きることがない。
   



f0205783_11404837.jpg




時々そこに、ヒラヒラ洗濯物が干してあったりしてクスリ♪ともなるが、
家とは人が住んでなんぼのモン。

上からのぞきこむ住人と目があっても、
そこは明るく、ブォ〜ンジョ〜ルノ♪ と挨拶を交わせば、必ず笑顔が返ってくる。


夏季に開催されるイトリア谷音楽祭〜
FESTIVAL DELLA VALLE D'ITRIA でも有名なマルティーナ・フランカ。
いつか泊まって、このフェスティバルを見てみたいな。
(いつか…ばっかだが…(^^ゞ


f0205783_19345176.gif
Città di Martina Franca
by 21giova | 2010-07-08 23:31 | ├ マルティーナ・フランカ | Comments(0)

il-vento 2つめの別館デス♪本館に代わり、旅の記憶を辿ります。Copyright(C) Giova21. All Rights Reserved.


by 21giova
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る