人気ブログランキング |

シルヴィ5. 浮かんでるだけでシアワセ♪なシルヴィの海

f0205783_184479.jpg



イタリア半島のちょうどふくらはぎの裏っ側。
アブルッツォからマルケにかけての海岸線には、
「Bandiera Blu」に認定された美しいビーチがこれでもかっ!と続いている。

だから、どこで泳いでもオッケ〜♪なのだが、
ココはせっかくだから、アグリのお姉さんお薦めの、地元 Silvi Marina のビーチに降りてみた。

ほぼ一直線に続く白浜は、おおぅい!と叫べば、
遠くマルケはアンコーナ辺りまで届くんじゃないかと思うほど(笑)
でも実際、この美しいビーチがずぅっとつながっているンだからスゴイよね♪

その浜の白さをいっそう際だたせているのが、空の青と溶け合う、真っ青な海。
遠くから見ると、遠浅の海底が織りなすグラデーションがまた美しく、
運転しながら見とれてしまう、かなりキケンな海でもある(笑)


岩場な大人ビーチが好みのK嬢は、
遠浅子供ビーチに、ちとご不満のようだったけど

でもほら……

こぅやって (浮き輪使って(笑) 波間に漂ってると
足の裏からザブンと波がやってきて、心地よく身体を揺らしてくれる。

揺りかごのように、胎内のように、
ゆらゆらふわふわ…チャプチャプトポトポ。

夢心地で寝てしまいそうになると、いたずら坊主の波たちが、パシャンと顔に飛沫を飛ばす。
ああ〜ココはイタリアの海だよね。うん、ちょっとなんて贅沢なんでしょう…って。

だから…

バリバリ泳ぐワケでもなく、カナヅチでもなく、このユラユラを楽しみたいがために、
あたしにとって、浮き輪は絶対必需品なんである。
たとえ、イタリア人の子供すら持ってなくても…だ(^^ゞ




f0205783_18544462.jpg




こんな「人間浮き輪」状態と、パラソルの下で寝っ転がってるだけで
カロリーが消費されたのかどうかは不明だが(笑)
ロクに昼も食べてないから、キチンと腹が鳴ってきましたっ!

「シルヴィ〜星空の誓い」←お腹を減らして夕食に挑むこと(笑)が、
断食と海遊びとは、ちと情けないが、
コレで昨日の二の舞にはなるまいっ!む〜んっ!

ようやく傾きかけた日が作る、ながぁ〜い影を追いながら、
アグリへ続く道をたどる。
帰ったら、あったかいご飯が待ってるって、いいよね、やっぱ。
Commented by uko at 2009-09-17 21:14 x
最後の写真素敵ですね。
アブルッツォは山と海が近いのが、あそこの人たちの自慢でもあるみたいなんですが、山から海に向ってる時、まさにこの写真のように、「えっ、水平線そ、そこ??!!」っていう位置にあったりして不思議な感覚に陥ったことを思い出しました。
Commented by 21giova at 2009-09-18 17:12
ukoさん、こんばんは♪
>>海と山が近い
例えばトスカーナだって山も海もありますが、
アブルッツォやマルケはもっとソレが近くに感じられますよねvv
コレは後ろから後光…じゃなくて夕日が落ちて来て
シャッタぁーチャンスぅ〜♪だったんデス
お褒めの言葉ありがとうございます(^^ゞ クス♪
by 21giova | 2009-08-16 23:03 | ├ シルヴィ | Comments(2)

il-vento 2つめの別館デス♪本館に代わり、旅の記憶を辿ります。Copyright(C) Giova21. All Rights Reserved.


by 21giova
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る