人気ブログランキング |

スルモーナ6. さらば「山」のアブルッツォ

f0205783_1592511.jpg




内陸アブルッツォとおさらばして「海側」アブルッツォに移動する。

主線道であるでっかい国道に出るまでの山道。
道が狭く走るにはビビるが、景色はとってキレイ♪

スカンノ湖の生後3ヶ月の子供のみたいに小さく
貯水湖みたいなとこだったけど、
あまりにキレイで、思わず降りて写真とってしまいました(^^ゞ

月並みな表現で言うところのバスクリーン色(笑) だけど
どぅしらたこんな色になるんだろ?
泳いじゃおっか!?なんて一瞬思うほど、飛びこみたくなる色。

ダメダメ、人間は入っちゃダメだよ〜とばかりに
扇状の波紋をつくりながら、アヒルの親子がユルユルと湖面を滑っていく。

その姿を羨ましげに見つめながら
我々人間サマは、こぼれ落ちたエメラルドの欠片のような湖を後にするのでありました。




f0205783_16455134.jpg



ようやくA14に入ると、今度は山・やま・山の風景が広がる。

マイエーラ国立公園の横をダダ切ってるんだから当たり前デスが、
グルグル山道ではなく広く快適な高速道路なので、助手席のKちゃんもゴキゲン♪
流れる風景の観察に忙しい彼女がスットンキョウな声で叫び出した。

「やしち〜弥七だ〜♪♪」
「はいぃい〜????」

見ると山のてっぺんにデッカイ風車が何棟も並び回ってる。

ギャハハ!!なるほど〜こりゃあ〜「弥七」だわな(笑)
注意して見ると、あっこにそっちにと、結構な数の「弥七」がいる。

険しい山間部だから、通り吹く風も相当なモンなんだろう。
こんなとこで、しっかりエコしてるアブルッツォってちょっとエライじゃない?
お陰で、しばらくこの「弥七」発見ごっこ♪で楽しめたよ(笑)




f0205783_1715217.jpg



それにしても……こんな山中を走るなら、
日本だと山腹間にトンネル掘って「下」を走る道を作ると思うのだけど、
イタリアでは山間をまたぐ橋を作って「上」を走る道が圧倒的に多い。

何百十メートルもある橋脚に支えられた道路は、
え!あの上走るんですか?ってくらいの大迫力!

風防壁もなく、道路際の壁も低いから、ちょっとコワイ時もあるが
高いとっから見る大パノラマは、そりゃあ〜絶景でアル♪

トンネル掘るのと上またぐのと、どっちがイイのかわかんないけど
思うに………トンネルを出たり入ったりするより、
走りながら景色を楽しむために、外走る道を作ったんじゃないかな〜って思った。
そこはほら、イタリア人だから…ね (笑)

だから私たちも、こうやって名も知らぬ町を見つけ、
こんな場所にも人の営みがあることを知ることができるのである。
Commented by t-lifestyle at 2009-07-12 18:54
こんにちは!
アブルッツォ、まだ未知なる場所で
さかのぼって記事を楽しくまとめ読みしました~。

そう言えば「弥七」は、マレンマ、スカンサーノの地域にも
あるんですが、周ってるのは・・・?見たことないかも(笑)
それとも単に通る時に限って風がないだけなのか・・・(疑)

焼いたチーズに生ハム、これイケます!
前にどこかのトラットリアで、食べたのを機に
うちでも困った時の一品で重宝してます。
でも、うちではスカモルツァではなく
もっぱらペコリーノだったりしますが、それもまた美味。
Commented by 21giova at 2009-07-13 21:53
t-lifestyleさん、こんばんは。コメント&まとめ読みありがとうございます♪
マレンマ・スカンサーノの「弥七!」←すっかり弥七(笑)
そっか〜あの辺りにもあったんですね。
風力発電って(設備投資などに)一番お金がかからないとか。
みんなで「ナウシカ」したらイイのにな…(^^ゞ

>焼いたチーズに生ハム、これイケます!
ですよね!念願叶って去年食べたんですが…もぅ〜ホントに……クスクス(笑)
なるほど!ペコリーノも美味しそうですよね♪
マレンマ・スカンサーノ地方は、サルデーニャからの移住者が持ち込んだため
ペコリーノが特に美味しいと聞きました。
グルグルぐるぐる〜お腹減ってきました(TOT)/ そろそろ帰りマス。
今晩の夕食は何ですか?突撃!隣の晩ご飯したいです(笑)……スイマセン。
by 21giova | 2009-07-06 23:09 | ├ スルモーナ | Comments(2)

il-vento 2つめの別館デス♪本館に代わり、旅の記憶を辿ります。Copyright(C) Giova21. All Rights Reserved.


by 21giova
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る