人気ブログランキング |

スカンノ4. 悶絶するほどウマイ「アブルッツォの羊」

f0205783_1761052.jpg



多分時間が早くて、誰も客がいなかったんだが
何軒か見たなかで、一番感じが良かった家庭的なリストランテに入る。
今日は結構?!歩いたし、腹減ってる?減ってるぅう〜!!

ドカン!と景気よく盛られた前菜は、ひやあ〜うまひょう〜♪

柔らかいドルチェと、堅いピッカンテのペコリーノ。
半生タイプのレバーのサルシッチャ。
嗚呼〜ワインが〜ワインが〜無くなりそう(♪幸♪)
いやいや…メインに残しておかなければっ!

「羊の会」は別として、今宵はアブルッツォに入って初めて外で食べる食事である。
メニューをジックリと見ることもなく、アホみたいに注文を決めていた。
曰く「アブルッツォ名物」を食べること!

プリモは Maccheroni alla Chitrra 〜マッケローニ・アッラ・キタッラ

アブルッツォではパスタのことを“マッケローニ”と呼ぶらしい。フム。

地方によって星の数ほど種類があって、
あたしからしたら「ソレ一緒やん!」であっても、呼び方など違うイタリアですから
なぜに“マッケローニ”になるのかは「オラが町のパスタの秘密」としておきます(笑)

でも「キタッラ」というのはアブルッツォの名物パスタ…いや、マッケローニだ(ああヤヤこしい!)
その響きから察するように?!「キタッラ」とは「ギター」のことでありマス。

ギターみたく「弦」が張ってある特異な機器で作るからそう呼ばれるのだが、
断面図が、まんま「真四角・正方形」なのも特徴的だ。
平べったいフェットチーネとも違う、太めの蕎麦みたいだな。うん。

だからこぅ〜口当たりも、スベスベとはまた違う、カドカド感がある。
シンプルなトマトソースがよくからんで、ウン、美味いですね〜♪



f0205783_18224529.jpg



そしてっ!メインはもちろん !! 羊 !!

 「羊の会」では、手間ヒマかけた羊料理をいただいたが
 もちろんソレもとっても美味しかったけど、
 塩・胡椒でグリルして、レモンをチャ〜ッって絞って食べるのが一番好き!
 「肉」って、ソレが一番、美味い食べ方だと思うのよ。

で、ココの「仔羊クン」でアル。
さっぱりあっさりシンプルに焼いただけ。

あ…?あ、ああ〜〜嗚呼、、、、、な、何だコレは!?(悶)

なんといぅジューシーさ!柔らかく旨みがのって、まるで極上のヒレ肉のようだ。

今まで日本で、イタリアで、何十頭かの羊を胃袋に納めてきたアタクシですが、
も〜〜コレは間違いなく その頂点!

キング・オブ・キング! チャンピオ〜〜ン!
スターデストロイやぁああ〜!! (叫)


ふぅ・・・・・

とにかくとにかく本当に、腰抜かすほど美味しかった!ビックラした。
旅行メモ見てよ?! でっかい花丸書いてますから(^^ゞ

以来、羊を食すたびに「アブルッツォの羊」を思い出す。
それがどんなに美味しくても、アブルッツォの羊を思い出す。
アレに優る羊はない…と。

羊を喰うならアブルッツォ! も〜〜決まりデス!
でもでもそれって不幸〜〜今度いつ食べれるのよ?!(怒)


家の台所から出てきたような(笑) おばさんに選んでもらった
Montepulciano D'Abruzzo も、料理に華添えとっても美味しかったvv
日本でも買えることができて、帰国してから思わず注文しまくってしまいました(^^ゞ


Cantina TOLLO

 l'Almanacco del Berebene〜アルマナッコ・デル・ベーレベーネ2008
最優秀コストパフォーマンスワイナリー受賞

*何本か飲んだが、コスパが大変よく、どのライン飲んでもまず間違いないお薦めのワイナリーです♪


お会計も€50でお釣りがくるリーズナブルさで、
イイ店に「当たって」素晴らしい食事ができて、幸せな夜となりましたvv
by 21giova | 2009-06-10 23:05 | ├ スカンノ | Comments(0)

il-vento 2つめの別館デス♪本館に代わり、旅の記憶を辿ります。Copyright(C) Giova21. All Rights Reserved.


by 21giova
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る