アブルッツォ国立公園3. ココは一体どこ?

f0205783_1422325.jpg



   馬フンとお馬のお尻を愛でつつ、しばし足を進めますと
   終点!な、だたっ広い駐車場があり、さらに山に入るコースが出てきた。

   う〜ん、ココまで来たら頑張って、ちょい山中も歩いてみますか。

   山というよりプチ渓谷。
   岩肌を覆う苔にサラサラと流れる滝、うっそうと茂る灌木…と、
   イタリアにいるんじゃなくて、週末ハイクで来てる六甲山みたい(^^ゞ

   ああ〜そぅ書いちゃうと、写真まで「六甲」に見えてくる(笑)
   いえ!ココはアブルッツォで、アブルッツォ国立公園の「どこか」デス!!

   という精神の葛藤と戦いながら   
   イタリア人の家族連れに混じって、さらに奥まで進み、
   彼らに習い、キリのいいとこでUターン。

   うん!キモチいい散歩でした♪


f0205783_14551115.jpg



   車を停めた駐車場からこの山に入る前にある駐車場まで、
   シャトルというか送り迎えの電気自動車が走ってる。
   楽しそうやし、乗ってみたいなぁ〜と横目でKちゃんを見ると…

   「ダメダメ!歩きに来たんだから」

   う〜ん、そりゃあ〜ごもっとも。でも帰りは??

   「んん〜帰りならイイかな」「やた〜ラブ〜♪」←こども

   実際、片道2.5キロくらい…と、結構、距離があったのだ。
  (ま、しゃべって歩いてると、あっちゅう間…なんだけどね)
   
   で、帰り。意気揚々と発着場所に向かうと、次の便まで20分近くある。
   ゲゲ!なんてビミョ〜!とってもビミョ〜!!
   待つには長いし、20分あれば半分近く歩けるだろう。

   最初から乗る気ナッシングのKちゃんは、既にスタコラ帰途を辿っている。
   え〜ん!待って待って〜あたしも「歩く」ぅう〜(TOT)//

   こうなったからには、途中で「きゃつ」に抜かされるのはあまりにくやちい。
  (わかるよね?このキモチ(笑)
   お馬さんへの挨拶もそこそこに、背後を気にしながら「競歩」状態になるあたし(アホ)

   しかしっ、ゴールまであとわずか!!というところで
   ポレポレポレ♪…と情けないくらいゆっくり抜かされてガックシ……

   ああ〜(無駄に)つかれましたわい…
   
[PR]
by 21giova | 2009-05-30 23:21 | ├ アブルッツォ国立公園 | Comments(0)

il-vento 2つめの別館デス♪本館に代わり、旅の記憶を辿ります。Copyright(C) Giova21. All Rights Reserved.


by 21giova
プロフィールを見る
画像一覧