人気ブログランキング |

ピッツォ1. アイスの町〜Città del gelato の濃厚チョコ爆弾!

ピッツォ1. アイスの町〜Città del gelato の濃厚チョコ爆弾!_f0205783_20532793.jpg



今までカラブリアの美しい海をたくさん見てきたけど、これが最後と思うと悲しすぎる…(>_<)

そう…旅も今日が最終日。スタート地点なラメーツィア・テルメに戻らなければならない。でもその前に最後の悪あがき?!(笑) ピッツォ〜Pizzo という小さな町に立ち寄ってみるよ〜(๑˃̵ᴗ˂̵)و




ピッツォ1. アイスの町〜Città del gelato の濃厚チョコ爆弾!_f0205783_21240391.jpg




バカンスシーズン到来のこの時期、待ってました〜♪とばかりに、海辺の町は1年の中で1番の賑わいを見せる。これからもっと人が増えるのだろうが、それでもトロペーアよりずっと小さな町だ。のんびり、こぢんまりと、穴場的な雰囲気があるのがイイ感じである。




ピッツォ1. アイスの町〜Città del gelato の濃厚チョコ爆弾!_f0205783_21090791.jpg



もし!海以外にピッツォを目指す人がいるなら…まさにアタシたちがそぅ〜なんだけど(笑) これがお目当てだと思ってまず間違いない。BAR、Pasticceria、Gelateria…。甘いモノを扱う店先には、まるで饅頭のような写真と共に必ずこの名前がある。

Tartufo di Pizzo 〜 その名の通り、黒トリュフ(タルトゥーフォ)のような形のジェラートだ。しかも!アイスのくせに(!!) I.G.P.指定品なんです!!

I.G.P. とはEUが認めるご当地生産物で、日本で言うと産地と加工地が明確化された“近江”牛や“紀州”南高梅がコレに当たるンじゃないかと思う。伊国では前述したトロペーアの赤玉ねぎアルタムーラのパンなどがあり、シエーナのリッチャレッリモディカのチョコレート(古いサイトなので読みにくくてスイマセン)などドルチェ類もある。でもまさかアイスがあるなんてビックリしてしまった。




ピッツォ1. アイスの町〜Città del gelato の濃厚チョコ爆弾!_f0205783_22195619.jpg




ではでは実食してみるさよ〜♪
キエ〜〜!!デカイっス!そして…予想を裏切ることのない砂糖攻撃!甘い甘い甘い〜〜っ!!カッフェ1杯では全くもって足りません。。。

店によってレシピは少々違うようだが、基本はチョコレートとヘーゼルナッツのアイスで球体を作り、その中にリキュール入りのダークチョコソースを詰め込む。だからスプーンを入れると、フォンダンショコラのようにチョコレートの熔岩が溶け出すのだ。

なんでも、貴族の結婚式のためにジェラートを用意していたら型が足りなくなり、とっさに「手」で丸め、ついでにチョコを詰めたのが始まりらしい。その菓子職人、ジュゼッペはメッシーナ出身で、故郷の味、アランチーニにヒントを得たとか得なかったとか。さしずめ日本ならおにぎりだよね(笑) 真偽はともかく、パン粉の代わりに砂糖とココアをまぶし、中からチョコが溶け出すソレは、瞬く間に町の名を冠した名物となった。







でもさ〜アテクシ、信じられなかったンです。アイスを手で丸めるって、それってアリ?って。

…………アリ!なんですぅ〜〜!

ひええ〜〜ホントに手で成型するんだ〜〜!!! で、これをもう1度冷やし固めるんだって。

粘度が出て扱い易い添加物入りアイスを使ったり機械で注入する事もできるが、歴史を刻んできた店はそんな事はしません。ちゃんとしたアイス(その代わり溶けやすい)に液状のチョコを詰め、かつ、素早く丸めるのは熟練の技が必要で、Consorzio Gelatieri Artigiani Pizzo というジェラート職人の組合をつくり、技術を守り伝えているほど。

ああ〜こうゆう所が I.G.P. に認定された所以かもしれないねv ちなみに欧州で初めてI.G.P. 認可されたアイスクリームなんだそうだ。ってか、他にどんなアイスが認定されてるのか知りたいわ!!!

我々は偶然、上記の写真で紹介されていた Gelateria Belvedere で頂いたのだが、そう大きくないピッツォの町の、もっと狭い範囲〜中心部だけでも、Tartufo di Pizzo を扱う店が軽く10軒以上ある。だからピッツォはこぅ〜呼ばれてもいるのだ。Città del gelato〜アイス(ジェラート)の町だと。

う"う"う"〜 “アイスの町” って、なんて甘美な響きなンでしょ(//∇//)
スイーツ好きなら寄り道してでも食べる価値はあるかもしれない。但し、ブツはかなりデカく(だいたい野球のボール大)、伊国では砂糖マシマシのドルチェも喜んでいただくアテクシですが、頭痛がするほど甘かったので(笑) 覚悟を持って挑んでください(^^ゞ



# by 21giova | 2021-01-11 22:00 | ├ ピッツォ | Comments(0)

トロペーア3. 真っ赤な玉ねぎと真っ赤な夕陽の贈り物

トロペーア3. 真っ赤な玉ねぎと真っ赤な夕陽の贈り物_f0205783_21022080.jpg



“オイシイカラブリア” を微力ながら伝えてきたけど?! この方を忘れてはいけません。
トロペーアの赤玉ねぎ〜Cipolla Rossa di Tropea Calabria I.G.P.

フェニキア人によってもたらされた赤い球根は、ちょっと細長いラグビー型で甘みが強いのが特長だ。また、赤色〜アントシアニンが豊富で栄養価も高く、既に中世ルネッサンス時代には、特産品として北アフリカなどに輸出されていたという。




トロペーア3. 真っ赤な玉ねぎと真っ赤な夕陽の贈り物_f0205783_21161945.jpg



観光客向けだろうと、1歩入ると沼ってしまう危険をはらんだこんな店には、唐辛子と一緒に店頭を赤々と彩っている。

お〜っと、奥の女の子の服も偶然、赤だった。
カラブリアってホント「赤!」なイメージがあるよね(^^ゞ




トロペーア3. 真っ赤な玉ねぎと真っ赤な夕陽の贈り物_f0205783_22314816.jpg



この店には、こんなカワイイ看板が掛かってましたv

イタリアからはご当地カラブリアから Cerasella がエントリー。サクランボのように小さくカワイイ姿の品種で、辛味が少なく、中に詰め物をしてオイル漬けになっている事が多い。そして日本からは…というより、今はほぼ中国産になるんだけど、Cerasellaより辛い天鷹唐辛子が選ばれていました。

と、話が逸れたが、さっそく赤玉ねぎを食べてみよう(๑•̀ㅂ•́)و✧




トロペーア3. 真っ赤な玉ねぎと真っ赤な夕陽の贈り物_f0205783_13333393.jpg




海で泳いでたまんなくお腹が減ったので、早くから開いていた路地裏の小さなリストランテで夕食を取る事にした。旅行サイトなどで評判の店が開くのはもそっと遅いし、それまでお腹が持たなかったのだ。空腹だと(恐ろしく)機嫌が悪くなるので(!!)、世の平和のためにもココで食べることにする(笑)

風も通って気持イイから外の席でいただこう。
突き抜けて美味しかったワケじゃないけど、空腹腹には十分オイシかった。それで満足。シアワセです。




トロペーア3. 真っ赤な玉ねぎと真っ赤な夕陽の贈り物_f0205783_21442091.jpg



赤玉ねぎのサラダ作って〜!ってお願いしたら、ヒジョ〜にシンプルなサラダが出てきた(これは自分用に取り分けた分)。今までも玉ねぎがお飾りのように入ったサラダを食べた事がある(と思う)が、こんなに玉ねぎを注視するのは初めてだ(笑)

淡路島の新玉(ネギ)は別として、普段口にする生玉は、どっかに「辛い」先入観があり、たとえ辛くなくてもさらした分、うま味も飛んじゃってる事ってない?でもこれはまんま甘ウマいのよ!

当時のメモを見ると…とても瑞々しく梨みたい…と、玉ねぎらしからぬ事が書いてあったが、実際、そんな感じ。これは辛味成分であるピルビン酸が従来の玉ねぎに比べ圧倒的に低いのと、繊維質も少ないためで、リンゴのように囓るジモティもいるという。う〜ん、梨のたとえは間違ってなかったのね!! ←そ〜なのか?(笑)




トロペーア3. 真っ赤な玉ねぎと真っ赤な夕陽の贈り物_f0205783_20563994.jpg



熱を加えるとまた違うらしいので、フリットと一緒に揚げて〜♪と、上目使いで?!お願い(笑) もそっと玉ねぎスライスが厚かったらよかったんだけど、火が入ると甘みが一層際立つ。もっといろんなアレンジを食べてみればよかったと今は思うが、生と揚げ。たったコレだけでも違いがわかりました(//∇//)

世界中の星付きシェフも恋する、その名も “Regina Rossa〜赤い女王”
玉ねぎの概念を覆す味わいは一食の価値ありです(๑˃̵ᴗ˂̵)و
甘みを活かしたマーマレードもあり、お土産好適品になってるよ♪

あとはプッタネスカをいただき、ドルチェとカッフェで〆。どら、腹ごなしに夕陽を見に行こう♪




トロペーア3. 真っ赤な玉ねぎと真っ赤な夕陽の贈り物_f0205783_12110402.jpg




そう…落日を拝むためにも、早めに食事を済ませたのだ。

うぉいうぉい!もぅ〜沈みかけてるよ〜。
それでもウットリ、キレイだね〜♪





トロペーア3. 真っ赤な玉ねぎと真っ赤な夕陽の贈り物_f0205783_12174159.jpg



昨晩、ホテルの屋上から見た夕陽もたいへん美しく、多分見えたと思うんだけど気が付かなかった。ってか、ぶっちゃけ、見えるなんて知らなかったのだ(笑)

なんと!人生捨てたいほどツライ思いして登ったストロンボリ島が見えるんです(//∇//)
ビックリしちゃったが、ほぼ真西に約50キロの所にストロンボリ島があったのだ。

これはホントに嬉しかった。感動した!!!!
あのてっぺんに立ったのは約1年前だったので感慨もひとしおである(TOT)//
たとえアタシの心象風景だったとしても、なんなら頂上からたなびく噴煙も見えたほど。

死ぬかと思った登山だったが素晴らしい経験だったと思うし、それがこんな場所で再会できるなんて…。見えるの知らなくてよかった。旅の最後にでっかいプレゼントをもらったような気持になったよ。




トロペーア3. 真っ赤な玉ねぎと真っ赤な夕陽の贈り物_f0205783_12451183.jpg



そしてもぅ1つプレゼント?!が…。

夕陽に劣らぬ美しいワンシーンだったのです(^^ゞ

ありがとうトロペーア。






# by 21giova | 2020-11-29 15:00 | ├ トロペーア | Comments(0)

トロペーア2. 本日はとことん海と付き合います!

トロペーア2.  本日はとことん海と付き合います!_f0205783_14575519.jpg



昨晩散歩したお陰で迷うことなく、夜とはガラリと様変わりした通りを歩いていくと…なになに?どぅしてそこに集まってるの?

ちょいとアタイも入れておくんなまし。
そうやって皆と同じように下をのぞきこむと……




トロペーア2.  本日はとことん海と付き合います!_f0205783_15005694.jpg




うぇ〜いっ!!!! 眼下に広がるずぅっけい(絶景) ビぃーチぃ〜〜〜!!!!

ランペドゥーザ島はボートが宙に浮かんでるように見える事で知られているけど、トロペーアも負けてないやん!だって浮いてるもん(≧▽≦)//

いやぁ〜ホントに浮いてるように見えるんだね〜と、感動してしまった♪♪ それも、これっくらい上から見ないとわからないものだ。そう…トロペーアの街は断崖絶壁の上にあったのだ。内陸から入ったので全然気付かなかったわ(^^ゞ





トロペーア2.  本日はとことん海と付き合います!_f0205783_15174142.jpg




反対側〜左手を見やると聖母を祀る Santuario di Santa Maria dell'Isola が建つ小さな岬がある。我々のホテルはこの向こう側にあり、その間もずっとビーチが続いている。

アドリア海側のマルケ州とアブルッツォ州の沿岸部は、惚れ惚れするような一直線ビーチになっているが、こちらは短い分適度な起伏があって、岩場を好む我々にも嬉しい作り?!になっている。




トロペーア2.  本日はとことん海と付き合います!_f0205783_15481907.jpg




こんな所に立つと愛のことばが1つや2つ出てくるのか。互いのイニシャルを書いて錠をかけるなんて、世界共通の儀式なんだと、微笑ましくなってくる。幸い数えるほどしか掛かっていないので、ほのかに丸みを帯びながら広がるティレニア海が錠で埋め尽くされることはない。景観を損ねない小さな奇跡があることにホッとするのであった。

旧市街のちょうど中心。時計付きの鐘楼を持つ貴族の館が目印の Piazza Ercole から海に向かって歩くとすぐ辿り着ける絶景バルコニー。トロペーアに来たらまず足を運んでみるべき場所なのかもしれない。




トロペーア2.  本日はとことん海と付き合います!_f0205783_20431131.jpg




ぐぅ〜んと引いて見るビーチの全景。

今だって結構人がいるが(前後ミッチリな縦列駐車の列よ!)これからもっともっと人が増え、白浜ビーチが見えぬほどパラソルと人で埋め尽くされる。だからオンシーズンの前に来るのは絶対なのです。お宿もまだ安いし…ね(^^ゞ さ〜アタイたちも海に入りに行こうぜ!!!





トロペーア2.  本日はとことん海と付き合います!_f0205783_21012170.jpg



これでどうだ?いや、もちょっと左だ。

オイちゃん2人、仲良くパラソルを調整中。オサレ柄からして、きっとジモティ。BARに行くみたいに毎日来てるんだろう。キレイに焼けた背中がそぅ語ってます。

これも自前風な手前の2つは、主を待って待機中。崖上から見たビーチよりずっと人が少ないホテル近くのビーチは、普段と変わらぬトロペーアの日常が転がってるみたいでとても気持がイイ。

でも…日陰がほとんどないのには困った。お天道さま。早く動いてこっちに影をプリーズ♪♪ そんな“祈り”も最初だけ。人って、目の前の快楽に溺れてしまうのだ。絶対。これが後の悲劇を生むことになる。。。。




トロペーア2.  本日はとことん海と付き合います!_f0205783_21061095.jpg



寝っ転がって焼いてるか、おしゃべりしてる人がほとんどで、海に入ってる「オトナ」って我々ぐらい( ̄o ̄) でもイイんです。こんなキレイな海に入らないなんて、かえって「罪」。

岩場をメインに潜ってみたけど、ココでもウニさんが手にとるように見えましたv でもちょっと濁ってたかなぁ〜。ああ〜これはあくまでも、信じられないくらい透明度が高かったシッラに比べると…な話で、じゅ〜ぶん!美しいと思います(๑˃̵ᴗ˂̵)و

それより…今日は移動もないし、ホテルもすぐそこ。良くも悪くも慌ただしく回ってきた旅の中で、ウソみたくなンにもしなくてイイ日。海と過ごす日。マストで持参するワインのピッチも自然とあがり(!!) ウトウト昼寝。ジモティ並みにゆったりできましたv



トロペーア2.  本日はとことん海と付き合います!_f0205783_21522057.gif



そんな海から上がってホテルに戻り、シャワーを浴びた時のこと。お連れサマが何やら悲痛な顔して出てきた。

これさ〜ど〜しよう??
どれどれ、指差す方を見ると………!!!(≧▽≦)!!!

昼寝の時にかけていたバスタオルの所だけ抜けて焼けているではないか!!! イラストは、まぁ〜ちょっと誇張してるけど、肉眼でもわかる2色モナカ状態で、正面から見たら罰ゲーム的な大笑い(≧▽≦)// これって悲劇じゃなく「喜劇」だわ(笑)

かろうじて上半身の日陰は確保したものの、おみ足はあまりにも無防備だったんだね(>_<) にしても、側面までキレ〜に日焼けてるって、トロペーアの太陽恐るべし!(違!!)

アタシたちだって「妙齢のレディ」ですから日焼け止めは塗ります、一応。でも、海に入ったり出たりしてると、追い塗りするのを完全に忘れちゃう。今頃あまりにも遅い教訓だけど、明日からは1日3回塗り直そうと、笑いながら誓ったのでありました(^^ゞ




トロペーア2.  本日はとことん海と付き合います!_f0205783_21383597.jpg


〈オマケ〉
海に入らず、行ったり来たりの波打ち際パッセジャータ。これ、どの海でも必ず絶対見かける、イタリア的あるある光景の1つだと思ってマス(笑)






# by 21giova | 2020-10-21 22:00 | ├ トロペーア | Comments(0)

il-vento 2つめの別館デス♪本館に代わり、旅の記憶を辿ります。Copyright(C) Giova21. All Rights Reserved.


by 21giova
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る