タグ:まちのハナシ ( 83 ) タグの人気記事
ストロンボリ島 10. さまざまな思い出と共に…これが最後の噴火ショー
f0205783_22002097.jpg





船はまず、ストロンボリの噴火によって吹き飛んだ巨大熔岩でできたという
ストロンボリッキオ島に向かう。

その姿が隠れそうで隠れない夕陽をお供に、スルスルと船が進んでいくと、
な〜んにもない文字通り一直線な水平線上に、島影がポッチリ浮かびあがる。

それは本当に、声を失うほど美しい光景で。。。。
アテクシ、しばらく呆けて眺めておりました。





f0205783_21273347.jpg




周囲は垂直に切り立った断崖で、およそ人が上陸できそうにないが、
そんな所によく作ったな!と感心する頂上部に灯台があり、
そこに登るためのハシゴだけが、かろうじてかけられている。

もちろん関係者以外立入禁止。
でもでも、無謀な若者がたちが、GFを伴い登ってそう(笑)

ここで、今まで客とおしゃべりばかりしてたクルーが、唯一ガイドらしきひと言を発する。

「どこかにハートがあるから見つけたらラッキーだよ♪」

うっとり夕陽を眺めていた乗船客。
急に我に返り、みんなが岩肌を凝視!(๑•̀ㅂ•́)و✧






f0205783_21405649.jpg




どこどこ? あったあった! アソコを見ろ! ソレ見て!
みんなで探して教えあい、船上にちょっとした連帯感が生まれる。

うわ〜見事なハート型!(ってか桃尻?!(笑) わかります?
これでイイことあるかな?
→ 実は全然なかった…のは、後でのお話。。。。。

こ〜やって見ると、崩れかけの粘土みたいな表面がいかにも熔岩っぽい。
ストロンボリ島から「わずか」1キロほどだけど、
こんなでっかい塊が飛んできたというなら、やっぱスゴイよねv






f0205783_22004665.jpg




ストロンボリッキオ島を去る前に、
もう一度この光景を目に焼き付けておこう♪♪

何度も言うけど、ホントのホントにキレイだったのです(//∇//)





f0205783_21165053.jpg




この時間帯は、噴火を見るためのクルーザーのラッシュタイム。
ストロンボリッキオ島をグルリと一周してストロンボリ島に戻るコースもほぼ同じ。

頃合いになると、2艘、3艘と、船が続々と集まり、
鑑賞スポットに向けて一斉に船首を向ける。

競争してるワケでもないのに、
今までのアイドリング状態から(そのお陰で写真が撮れたんだが)
波飛沫を上げ猛ダッシュかます様は、ある意味ちょっとした見物(笑)
天気は問題ない。さてさて、うまく見えるかなぁ〜〜





f0205783_22004259.jpg




あっちにこっちに船が停泊してる鑑賞ポイント。
お月さまも出てきて、イイ感じや〜ん♪♪

毎分、毎日、噴火と共に崩れ落ちる岩や土が、
島の北西部を大きくえぐり、のっぺりキレイにならしている。
この状態が数十年も続くと、島の形状も大きく変わってしまうんだろうな。





f0205783_22494046.jpg




ポカ〜っ!! と、こもった音がしたと思ったら
あっ!!! 噴火したぁああ〜〜!!!!
常に見てないと見逃してしまう。油断もスキもないのは頂上で見た時と一緒(笑)

でも…下から見ると、まるでろうそくの灯火。
小さくて、かわいくて、思わず微笑んでしまうほど。





f0205783_21113965.gif




やっぱ日が暮れてからが噴火ショーの本領発揮でしょ〜〜!!!

揺れる船上でうまく撮るのはコレが精一杯だったけど (いちおGIFアニメ)
蒼い夜空に飛び散る紅が、自然の驚異と美しさをまざまざと見せつける。

チラチラ揺れてる光は、登山者のヘッドライトだろう。
あぁああ〜〜〜あそこまで登ったんだね、あそこにいたんだね、アタシ。。。(TOT)
そう思うと、感無量で泣けてくる。。。。

船上で見る噴火も十分迫力あるが、頂上で見たソレとは比較にならない。
登山の辛さと涙(!!)と同じくらい忘れがたい思い出を、
アタシはあの山のてっぺんに置いてきたんだな。
ありがとう♪ ストロンボリ島。






f0205783_21434346.jpg



この日はEUROの準決勝で、我々が噴火をカメラに納めるべく夢中になっていたと同じく、
クルーたちは試合に夢中になっていた(笑)

そんな中、リパリに帰る途中、モヒカン悪童@バロテッリが、
ドイツの息の根を止めるこの日2発目をブチ込み、船上お祭り騒ぎ(≧▽≦)//
もちろんイタリア勝利で、港な広場も大いに盛り上がっておりましたv







[PR]
by 21giova | 2017-06-09 23:25 | ├ ストロンボリ島 | Comments(0)
ストロンボリ島9. 黒い海岸で最後のひと泳ぎ
f0205783_21035329.jpg




ストロンボリ島での休憩は、
夜のクルージングにそなえて食事でもしてね〜と、ちょっと長め。

でも…

まだまだ海に入りたい私たち。まだまだ泳いでる人たち。
せっかく水着が乾いたところだが、迷わずトプンだぜ(๑•̀ㅂ•́)و✧
さっきの沖合とはまた違うけど、ストロンボリの海もホント〜にキレイです♪

それに…この真っ黒溶岩海岸を最後に楽しむのも悪くない…でしょ?!

f0205783_21123518.jpg




このワンコたち、ちゃんと首輪した飼い犬なんだが、みんな仲良くてね〜
アタシたちと同じくらい海ではしゃいでた(笑)

イイなぁああ〜〜〜〜♪♪
アテクシのささやかな夢の1つが、まさにこ〜やって、自分の犬と海で遊ぶことなので、
再度身体を乾かしながら、ニヤニヤと写真撮ってたんだけど、、、、




f0205783_21514008.jpg



あ"〜っ!! 今そこにいったらあっか〜ん!!!

愛を語り合ってるあの2人(匹)が見えないか?!
3匹の中で1番でっかいワンコの乱入で2匹の逢瀬は一瞬で終わり。
アタシの不毛な妄想を吹き飛ばすようにまた仲良く飛び回ってた(^^ゞ

と、、、ワンコ写真ばっかであいスイマセンでした。。。





f0205783_22252758.jpg




我々もオトナらしく、ちょっと落ち着こうっとv
海ではしゃぐと喉が渇く。
冷えたロゼが天上の美酒のようにウマイ。

一気に飲み干したいのを我慢しながら、ゆっくりゆっくり味わう。
ついでに軽く何か食べておくか。






f0205783_22364869.jpg




時間貧乏なもので、こんな時間にゆっくり海を眺める機会ってあまりない。

海と空が同じ青で溶け合う昼間の光景もステキだけど、
昼と夜が入れ替わるこの瞬間も同じくらいステキだね♪
明るさと暗さがせめぎあう危うげな光が、ちょっとせつなくなるほど。

あれ?いつになくロマンティック。
ちょっと酔ってる?(^^ゞ





f0205783_22345061.jpg



気を取り直して(?!) 再び乗船すれば、まさに日が沈むところ。
あぁあ〜またまたキュンキュンしてきたよ(//∇//)




[PR]
by 21giova | 2017-05-19 23:50 | ├ ストロンボリ島 | Comments(0)
パナレア島 エオリエ諸島の中で1番小さく1番セレビ〜な島
f0205783_20521930.jpg




船に揺られ小1時間。

ストロンボリ島とリパリ島の対角線上のちょうど中央に位置する Isola di Panarea〜パナレア島は、
エオリエ諸島の中で1番小さい島であり、1番おハイソ(死語?!(笑)な島である。

というのも、自家用クルーザーを駆ってセレブがお忍びで訪れるからだそうだ。
ううむ。そう聞くと、町の様相がなんかオサレだわ♪





f0205783_21233587.jpg




ストロンボリ島までは約25キロほど。
だからほら、今日も元気に煙を吐いてる島影がよく見える。

20時回ってようやく日が沈む季節だから、
午後遅く出発しても、お天道様まだまだ頭上に高く、ガンガンまっ昼間。
海も空も「青」が眩しすぎる。





f0205783_21363334.jpg




セレビ〜な島とはいえ、庶民な観光客のための店も多くある。
それでも海辺の町のお約束、自由にカスタマイズできるサンダル屋が、
なんとなくゴージャスに見えるのは気のせいか。

これ、確かにカワイイし購買欲をそそるけど、
もぅ〜絶対!親指の付け根が痛くなるんだよね(>_<)//
で、ようやく慣れた頃に帰国になって、結局日本では履かなかったりする。
ハイ、これも「お約束」デス。
少なくとも諸国で3度、アタシはコレで後悔した。だ
からもう2度と買わない。多分。←実はちょっと自信がない(笑)






f0205783_21483542.jpg




フリータイムは約1時間だったので、そんなに歩き回れなかったけど、
ちょっと奥に入ると、港の喧噪がウソのように静まり返り、瀟洒な家が建ち並んでいた。

白壁に映える南国の花にヤシの木の影。
ジモティでさえ間違ってもは短パン&サンダル姿では現れない。そんな雰囲気だ(^^ゞ
確かにこの島は、ちょっと毛色が違うように思う。

ちなみにパナレア島は、タオルミーナと同等なリパリ島のさらに上をいく、
エオリエ諸島の中で最も物価が高い島だそうデス。ハイ。






f0205783_22380830.jpg




島の周辺には、奇岩といっていいほど険しく巨大な岩礁が点在しており、
ちょっとしたジオサイトクルーズな気分も味わえる。

海も凪ぎ凪ぎなので、スイマセン!
よっぽどな人じゃないと船酔いの心配は全く不要です!
それより「景色に酔う」こっちの方が心配かも(๑˃̵ᴗ˂̵)و





f0205783_22350642.jpg




ツアーは別々でも、見所、停まり所というのがあるのだろう。
同じようなクルーザーが2〜3隻停まってる所で我々も停泊。

別のグループがボートに乗り換え、洞窟に向かっているのをイイなぁ〜と眺めながら、
我々はというと、クルーの「さぁ〜風呂タイムだぞ!」の合図と共に水着に変身!
(予め着込んで来るのだ。もちろん) 海に飛びこむ!

さすがに船尾の飛び込み台からダイブこそしなかったが、
沖合ザブン!これ、憧れだったのよね〜(//∇//)





f0205783_20331245.jpg
↑噂の飛び込み台(笑)



飛びこんだ瞬間、足がつかなくて(当たり前デス!) デコチンまで沈んで焦ったが(バカ)
沖合、深いからこそ、足の下に続く青い青い影が、
それこそ地球の反対側にまで続いてるんじゃないかと思えるほど。

しかし悲しいかな、至福の時間はわずか15分少々。
なんで風呂タイム(bagno)なんだろう?って思ったけど、
ホントに浸かるだけ(bagnare)だったのだ(TOT)エ~ン!!

クルーズツアーにはこのような「入浴タイム」が必ずついており、
ジイさまバアさまも躊躇なく飛びこんでいるのには驚く。

ま、暑いし、この海に入らなどないすんねん!って。
それとやっぱ、みんな海が大好きなんだと思う♪♪





f0205783_20441635.jpg




デッキで潮風に吹かれながら、濡れた身体もほとんど乾きかけた頃、
懐かしの(!!)ストロンボリ島に近づいてきましたv

貴重品を置いてきた中で、うっかり携帯を持ってくるのを忘れてしまったので、
マルコに連絡できなかったのは大失敗!運が良ければ港で会えるかな?!

とにかく…帰ってきたよ〜〜ストロンボリ!!





[PR]
by 21giova | 2017-04-28 23:18 | ├ パナレア島 | Comments(0)
リパリ島3. 滋味深いスープと黄金の酒に酔いしれた夜
f0205783_21523822.jpg



1910年創業。リパリで最も古い店である Filippino にわざわざ来たのは、
そう… Buon Ricordo のお皿が欲しかったからに他ならないv

なんせシチリアに4軒しかない店の1つがリパリにあり、
これが記念すべき10枚目のお皿になるなら、何が何でも行かねばならぬっ(๑•̀ㅂ•́)و✧

そう思うと エーリチェでゲットしとけば
シチリア@コンプリートできたかもしれない…と、ちょっと残念。
ただあの時は料理がクスクスで、イマイチ気乗りしなかったのだ。。。。

それはさておき…お皿の料理 Zuppetta del nonno Filippino は
離乳食でもオウケイなほどトロットロに煮込まれた魚介のスープであった。
その名の通り、ジイちゃんが魚介の切れっぱをぶち込んで作った
フィリッピーノ家定番のひと皿だったに違いない。

いわゆる “貧しい料理〜Cucina povera” だけど、
それは安価で身近な食材を、シンプルに、美味しく調理することであって、
額面通りの“貧しい”という意味では決してない。
むしろ、イタリア料理の基本の「キ」じゃないだろうか。

レストランで出す上で、それなりの手間もかけているだろうが、
ジンワリシッカリ出汁が効いて、見た目通りのド・ストレートな味わいに、心が、身体が、大喜び!
「キ」ができていれば、何だって間違いなくウマくなるのだ。

その地の郷土料理になることが多いお皿の料理。
ほとんど美味しく頂くが、中には「諸般の理由」で持て余す時もぶっちゃけある(笑)
しかしながらこのZuppetta はベスト3に入るくらいオイシカッタ〜♪♪

お皿もカワイイし、大満足デス♪♪





f0205783_21161560.jpg





そしてもぅ1つ。リパリに来てコレを飲まずしては帰れない。
ギリシャ人が伝え、“神々の酒”とうたわれた黄金色の Malvasia Delle Lipari

甘美ともいえる上品な甘さ、かつ、さまざまな果実香がもたらす余韻もすばらしく、
伴侶に選んだピスタチオのタルトも奇をてらわないシンプルなつくりで、まさにベストマリアージュ♪♪
最後の〆を見事に飾ってくれたのでありましたv

この時いただいたのは、ズバリFilippino印だったけど、
老舗店らしく、他の多くの Malvasia Delle Lipari を取りそろえているので、
いろいろ飲み比べてみるのもいいかも。





f0205783_16091462.jpg




ホロ酔い加減で帰途に着く passeggiataは、さっきとはまた違うよか気分。

コルタ港はすっかり様相を変え、
人々のざわめきやグラスの触れ合う音が、静かに、確かに響き渡っている。

彼らにしたら「これから」が本番。
きっと夜遅くまで賑わいが絶えることがないだろう。





f0205783_20115292.jpg




あれだけいた兄ちゃんたちもいなくなって、港内もひっそり静かです(笑)

イタリアに限らず、欧州のオレンジ色の街灯ってキレイだよね〜♪
ちょっぴりほの暗く、ちょっぴり妖しく、そしてあったかい。

なんでも欧州人って、昼間のような明るさの蛍光灯を嫌う傾向があるらしい。
それに、リラックスするにはオレンジ色〜白熱灯がよいそうだ。
うんうん、それ大正解!

そんな光を追いながら、ゆっくり足を進めていく。
洗濯物乾いてるかな?と、えらく現実的な事を考えながらも、
毎夜、同じ部屋に帰るっていいな〜。テラスでまた軽く(?!)飲むか(^^ゞ





f0205783_22121623.jpg



〜オマケ〜

1番の作り手のも飲んでみなきゃ!と、Malvasia Delle Lipari を買って帰った。

昔は海に浮かぶ孤島といった感で、多くの人が島を離れ、ブドウ畑も廃れていたそうだが、
エオリエ諸島に惚れ込み移住したブレシア出身のハウナーが、ブドウ栽培の復活に注力。
今やエオリエ諸島を代表する作り手となったHAUNER のPassito です。

更に糖度が上がり、大好きなババを添えれば、これまたご結婚おめでとうございます!にv
それほど甘党じゃないアタシだが、甘いものに甘いもの。
このダブルパンチは、延髄切りくらうほど破壊力がある(笑) それほど美味しい。

ブドウも味わいも違うけど、
DONNAFUGATAのBen Ryé が好きな人は絶対気に入ると思うし、日本でも買えます。
お値段も若干、安いと思うよ〜(๑˃̵ᴗ˂̵)و





[PR]
by 21giova | 2017-03-13 23:40 | ├ リパリ島 | Comments(0)
リパリ島2. 硫黄臭を漂わせながら(!!)夕暮れのリパリを歩くのだ
f0205783_16001382.jpg




ヴルカーノから帰り、しっかりシャワーしたのにまだ硫黄臭がするけど、まぁ〜イイや…(^^ゞ
2日目だというのに全然見てないリパリの町へ、繰り出す。

ストロンボリやヴルカーノといった素朴な島に比べると、
リパリは本当に「ザ・観光地!」賑やかで開けている。
しかしそうゆう所は何かと“誘惑”が多いので(!!) 今日は人が少なそうな裏通りを歩いてみる。

ね、キミも同じ心境だろ?!とは、孤高に歩き行く黒猫クン。
レディを(!!)見向きもせずに、塀の向こうに消えていきました…。





f0205783_16181752.jpg





うっすら朱に染まった海が、
島向こうで盛大に沈んでいるであろう夕陽の名残を届けている。

脳天で目玉焼きができるんじゃないかと思うような昼間の暑さがウソのように引いた夕暮れ時。
朝に次いで1番心地よい時間帯でもある。

アハハ!まるで松竹梅!(もちろん右から(笑) ランク違いのヨットが仲良く並んでるよ。
梅クラス…いや、モーターボートでもいいから、
誰かアタシに一隻プレゼントしてくんないかな〜。





f0205783_20203740.jpg





なんだか人が多い所に出てきたよ。
ポッチリ浮かんだお月さまの下にそびえるのは、
リパリの大聖堂〜 Cattedrale di San Bartolomeo の鐘楼。

町の守護聖人である聖バルトロメオとは、ミケランジェロの最後の審判の中で、
彼の自画像が描かれている“皮”を持っている人なんだって。

でっかい絵だけど「ミケ好き」としては、そこだけはジックリ見ていたので、
おぉお〜!そうなのか?!と、ちょっと嬉しく(?!)思った。

あ、ココに最後の審判のその部分の写真が載ってます!
なるほど。じゃあ〜反対の手に持ってるのは、ナイフだろうか。
逆むけひとつであんなに血が出て痛いのに「皮剥の刑」だなんて。
中世の拷問って、古今東西おぞましすぎる(TOT)

大聖堂の他に、考古学博物館や古代遺跡が遺るこの周辺は、いわゆるリパリの歴史地区。
今日は遅いから、後日ゆっくり見学するとしよう。






f0205783_21162531.jpg





大聖堂からゆるりと南下すると、観光船が発着するMarina Corta〜コルタ港。

観光客と見るや、島巡りしない?!と、あちこちから声がかかる。
記憶にある限り、滞在中、アジア人を見かけなかったので、
トウがたったアタシたちでもよくモテました(笑)
しかもみなさん、こんがり細マッチョなオトコマエ揃い。ココロが(大いに)揺れる(//∇//)

でもここはキリリと顔を引き締めて、チラシだけもらう。
そらもぅ〜い〜っぱいクルーズツアーがあるもんだから、
浮かれてないで、よく読んでから決めないと( ✧Д✧)// ←案外冷静(笑)





f0205783_21155153.jpg




西日をいっぱい浴びて、
どっかで1杯ひっかけているであろうパパの帰りを待つおチビちゃん(by妄想)

観光地な島の常として、レストランが開くのは早くて19時。
ジモティたちの夕食はもっと遅いだろう。
でも…ハラは減る。確実に。
小さいお腹も、大きなお腹も、お互い早くご飯にありつこうね!

と、いい具合にpasseggiataしたその先に、目当てのレストランが見えてきた。





[PR]
by 21giova | 2017-02-20 23:21 | ├ リパリ島 | Comments(0)
ヴルカーノ島2. 泥んこ温泉の次は海底温泉へダイブだ!
f0205783_21340633.jpg





あんまり長く浸かっていると水着が溶けちゃいますよ!…ではないが、
伊国にしては殊勝な事に時計が設置されている。

その下に…「泥はしっかり落としてねv 」との注意書き。
そう、ファンゴを落として飛びこむ先はシャワー……
じゃなく、海にダイブ〜だぁ〜!!!






f0205783_21420671.jpg




泥んこ温泉のすぐ横から入れるもう1つの目玉「海底温泉」
海の色が白濁して見えるのは、海底から湧き出す温泉のせいである。

この時期、どこに入っても適温になってる海だけど、温泉の「あったかさ」はまた違う。
あ"ぁあ"〜あったけぇ〜♪♪という「あったかさ」なのだ(笑)

こちらも泥んこ温泉と同じく、所々に隠れてる吹きだし口からかなり熱い熱湯が吹き出していて、
それが、ザッパラパ〜んと寄せては返す波でかき混ぜられていく。

心身が開放的になっているからか、
自然って、地球って、スゲ〜な!って、素直に感動する。






f0205783_16104705.jpg







そうだ!「アレ」あるよね、絶対!
と、プカプカしながら見渡すと、、、、ほぅら、やっぱりあった!
浅瀬に岩をグルリと積んで作ったお手製の「浴槽」(笑)
作ってくれた人ありがと〜〜♪♪

こちらは湯を溜めてる分、かなり温泉チックに温まれる。しかも海の中で。
ほンとぉ〜うに、至福のひと時です(//∇//)

写真右手の方に港があるので、
ビックリするくらいでっかいフェリーが、まるでロープでひっぱられてるように、
音もなく水平線の上を滑っていくのが間近で見えるのも楽しく、
あらら、みんなもぅ上がっちゃったのね?!ってくらいゆっくり楽しんだ。






f0205783_22080532.jpg




というように、2種類の、まんま自然の温泉が楽しめるヴルカーノ。
エオリエ諸島に行ったら、温泉好きなら、海が好きなら、絶対行くべ〜し!です!

ミラッツォからも高速船ならわずか40分。
船が着く港から200mも歩けば泥んこ温泉だよ♪





f0205783_22313676.jpg




ほとんど人がいなくなった真っ昼間まで居てしまった我々だが、
賢い人は1日のうちで最高潮に暑い時に外にいるバカはやめよう(笑)

エオリエ諸島の島は、総じて島の中より「外」にお楽しみが多いので、
温泉を楽しんだら、船でヴルカーノ島の西側に行ってみるのも手である。

ちょっとショボそうだが、Piscina di Venere 〜ヴィーナスのプールや、

Cavalloって「馬」って意味だけど、
伊国では、タツノオトシゴは「竜の子」ではなく「馬」に例えられるそうで、
その名も「海の小さな馬っ子〜 Cavalluccio Marino」という。(と、調べて知った(笑)

想像するとカワイイね〜♪
それに、チェスのナイトはソレに似てないこともない。
ニワトリの鳴き方が国によって千差万別なように、
いろんな捉え方、見方があるんだと“勉強”になったわ(^^ゞ






f0205783_12262708.jpg




さ、そろそろリパリに戻ろう。
船が来るまで港のBARでひと涼み。
ビールも魅力的だけど(笑)はしゃいだので甘いものが欲しい。
南イタリア…いや、シチリアなら、ジェラートより断然グラニータだ。

で、このピスタッキオの美味しかったことといったらア〜タ(@▽@)//
そら、名産品ですけど、なんですか?この濃厚さ!スキ〜スキ〜大好き〜!!!

しかも、なんのてらいもないフツ〜のBARで、フツ〜に出てきて…だ。
オソルベシ〜〜!!! 明日から毎日グラニータ食べよっと(๑•̀ㅂ•́)و✧








[PR]
by 21giova | 2017-01-31 23:27 | ├ ヴルカーノ島 | Comments(0)
ヴルカーノ島1. 世にもワイルドな泥んこ温泉でファンゴ三昧!!
f0205783_15014170.jpg




翌日から始まった島巡り。
幕の内弁当の中の好きなおかずを、最後に残すより真っ先に食べるタイプなアタシ。
迷わずここを選びました(๑•̀ㅂ•́)و✧
リパリ島の南に浮かぶ Isola di Vulcano 〜 ヴルカーノ島

長い間こと“島眠”してるものの、その名の通り〈Volcano〜火山〉の語源にもなっており、
今も静かに活動を続けている火山島である。
その証拠に、港に着いた途端、硫黄の匂いが鼻をつく。それもかなり強烈な。

この匂いがする…ってことは、そう…あるんです。温泉がっ!!!
しかも「泥んこ温泉」「海底温泉」と2つも!! (≧▽≦)//

ぶ、ブラヴァあぁ〜!!! ヴルカ〜ノ!!! (by 一応世界遺産)





f0205783_15344141.jpg




岩肌はガスや硫黄成分で変色しており、地熱による水蒸気も上がってる。
人家も少なく、観光的に特に拓けていないのもストロンボリと似ているが、
温泉に火山。自然が創りだした唯一無二の自然遺産があり、
そこに人がそっと寄り添っている感じがイイ。

例えばエオリエ諸島全部が、リパリみたいにリゾーティじゃ、ある意味つまらない。
なんかうまいこと棲み分けできてるなぁ〜って思った。

と、感慨にふけってたら、火山トレッキングで一緒だったドイツ人一家とバッタリ会ってビックリ!
しかも彼らのカッコ、あの日のデジャヴのようなトレッキング仕様ではないか!

えっ、温泉入りに来たんじゃないの?!そう聞くと、
ドイツ父、鼻をつまみながら臭くて入れないという。
じゃあ〜何しにきたかというと、噴火口を持つ フォッサ山 に登りに行くという。

えっ?! え"え"〜〜〜〜っ!!!!

も〜アテクシ、心底驚きました。
そ、そら、何してもいいですけど、温泉に海があるのにまた登るんかいな?!って。
ホンマに好きなんですね〜〜( ̄o ̄) もしかして彼は地質学者?火山研究家?!
とにかく生粋のボルケーノファミリーだったのです。

でも泥んこ温泉を見て、ドイツ父が二の足踏んだの、ちょっとわかるような気がした(笑)





f0205783_16012912.jpg




ワハハ!!! これってズバリ…… ドロ沼やないかぁあ〜〜!!!

いや…ココはれっきとした“泥”温泉〜I fanghi di Vulcano
そして、誤解しないで欲しいのだが、これは歓喜の雄叫び である。

申し訳程度ほどに石が積まれ、囲われているが、
たまたまできた窪地に温泉が溜まりました〜的な野趣溢れるこのシチュエーション。
サイコ〜!! ではないかっ!! 温泉好きの血が騒ぐわいっ!!!





f0205783_16101172.jpg





ね、ほら、安心してください。

キレイなお姉さんも入ってマス(๑˃̵ᴗ˂̵)و






f0205783_16150439.jpg




も〜まじ「ドロ水」(笑)
プクプク気泡が立ってて、この色でしょ?まるでインディ・ジョーンズの世界だわ。
正直、全身入るにはちっくと勇気がいったけど、断然好奇心の方が勝ります。

ペタンと座ってようやく肩が浸かるほど浅く、所々、要注意な熱湯が吹き出している。
全体的に泥加減…もとい、湯加減はちょうどいい。
まさに、アフリカジャングルで泥浴びするカバの気分デス(笑)

で、なんといってもコレがスバラシ〜イ!底にたんまり沈殿してるファンゴ!!
トロ〜リ濃厚なクリームのようになめらかなのだv






f0205783_16241548.jpg




老いも若きも、泥んこ塗り塗り塗りまくり〜〜!!!

そこら中で灰色ゾンビが出現している。

が、この暑さだからアッちゅう間に乾いて、ゾンビからこぅ〜なる。


f0205783_20355086.jpg



ジャミラになったら落としてまた塗る。

ヒト → ゾンビ → ジャミラ → ヒト → ゾンビ → ジャミラ。。。。

この繰り返しで、順番間違えたら人間に戻れない危険性をはらんでいる(笑)

と、湯に浸かるというより、ファンゴ三昧って感じだが、こら文句なしに楽しい♪
今までもイタリアの野外温泉に幾つか入ってきたけど、
断トツ1番!と言っていいほどステキすぐる〜(//∇//)

ただしっ!硫黄成分がかなり強いので、お肌が敏感は人はほどほどに。
ホントは顔にもあまり塗らないほうがよいみたい。
水着や身体についた硫黄臭もなかなかとれないし、なんなら生地も傷むとのこと。
ど〜なってもいい水着やタオルを用意するといいでしょう。
変色する貴金属も(湯につけなくても) NGです。もちろん。

って書くと、硫黄パワーどんだけスゴイねん!な、地獄温泉のようだが(笑)
関節痛や皮膚炎に効く効能は折り紙付き!
ファンゴ後のお肌も、うっとりするほどスベッスベになる(個人差あり)
何よりこんな天然ワイルド泥温泉、世界中探したってなかなかないだろう。
ホントいい経験だった(๑˃̵ᴗ˂̵)و

伊国の温泉で初めてお金払ったけど(!!) 入場料として3ユーロ必要。
こんだけファンゴ楽しめるなら格安だと思いマスよ♪





[PR]
by 21giova | 2016-12-15 23:29 | ├ ヴルカーノ島 | Comments(0)
リパリ島1. 今までの滞在最長記録!4つの夜を過ごしたリパリのお宿
f0205783_21475754.jpg




さぁ〜今晩からしばらく Isola di Lipari〜リパリ島 に滞在します。

「エオリエ諸島=島」なので、移動は常に船になる。
だから1ヶ所に腰を落ち着けて、島巡りしよう!というワケだ。

エオリエ諸島の中でも最も大きく、観光拠点ともなるリパリ島には、
シーズンともなるとワンサカ人が集まるのでホテルも多い。

が、その分物価も高く、聞くところによると、
「あの」タオルミーナと同じくらいするという。ヒエ~!!
リパリ島って完全にリゾートアイランドだったのね。 ←今さら感満載!(笑)





f0205783_22130399.jpg




そんなリパリで、4泊3万(食事無)でお釣りが出たお宿を利用できたのはラッキ〜♪だった。
まだギリギリハイシーズンじゃなかったのが幸いした。

主要港やメインストリートからちょっと離れてるが、その分静かで、
南国の花が咲き乱れる敷地内は、朝の散歩にもってこいv

ベット脇からすぐテラスに出られるのも高得点で、
閉塞感のある箱物なホテルの部屋じゃなくてよかった!とつくづく思った。





f0205783_22471439.jpg




ワ〜イワ〜イ!と、最初は喜んでたキッチン。
結局使ったのはワイングラスとお皿のみ(笑) そ〜ゆ〜もんだよね(^^ゞ

部屋としては最低限のスペースで決して広くないが、
毎日同じ所に「ただいま〜♪」って帰るのはとってもラクチンだ。
散らかっててもいいし(ダメです) 洗濯も気兼ねなくできる (そこかいっ)

たった4日間。されど4日間。
こんなに長く1ヶ所に滞在するのは初めてだったけど、
こうした「滞在型」も悪くないな〜と思ったのであります。






f0205783_12105448.jpg




朝食ナッシング!の素泊まりコースなのに、ある日の朝、こんなお届けものが。

チェックアウトの時、評価よろしくね♪と言われ、ははぁ〜ん!って。
そんなことしなくてもイイ所なのに…と思ったが、当事者たちは気になるんですね。

でもでも実際アタシも口コミ調べたから、
今現在どうなってるか見てみようじゃあ〜ないのっ(๑•̀ㅂ•́)و✧

Trip Advisor  星4つ半 リパリ43軒中16位

うう〜ん 立派じゃないのさ。自信持ってイイよv ←ナニサマ?!(笑)





f0205783_14183034.jpg




さてさて…脱線話はココまで!

初めてのリパリの夜は、お気に入りのテラスで赤白ワイン抱えてピッツァでもかじろう。
明日の予定も考えながら…。







[PR]
by 21giova | 2016-11-30 23:55 | ├ リパリ島 | Comments(0)
ストロンボリ島8. ひとまずさらば!火山とバンパイアの島よ
f0205783_20022344.jpg




いくら干しても、アタシの汗とストロンボリの砂は消えまい…というもう1つの“相棒” 
一緒によくがんばったね♪ ありがとう!
持ってくるのも、持って帰るのも大変だけど(^^ゞ

昨晩、マルコと一緒に星空を眺めながらちょっくらお酒も呑み(結局飲んどるやないか!)
なぜ北イタリア出身の彼が遠く離れた南の島にいるのか、
どんなに海が好きだかを、おしゃべりしたんだが、
最後は…というと「もっとイタリア語を勉強しろ!」と、しっかり怒られたのであった( ̄o ̄)スンマヘン





f0205783_20334202.jpg




そんな「夜の会合」が行われた2階テラス。

マルコの故郷は山がちで、海には面してない。
アタシが住んでる所もいわゆる“海なし県”なので、彼の気持はよぉくわかる。

山な自然も大好きだけど、海か山、イタリアでどっちかに別荘あげるよ♪って言われたら、
一応悩みながらも「海」を選ぶだろう、多分。いや…絶対。
無いモノに焦がれるのは、人間みな一緒なのだ。





f0205783_20210107.jpg




着いた時と同じ美しい姿を見せる火の山は、今日も元気よく煙を吐いている。
きっと今日も、いろんな国のいろんな人たちが、頂上目指して登っていくのだろう。
ふふ…ガンバレよ! 

某番組でGoogleマップの使い方をやってて、ついまたこんなものを開けてしまった(^^ゞ
まだやるんか〜い!ってしつこけど、貼っておこっと♪





f0205783_22214731.jpg

半ベソどころか本ベソかきながら登った道。




f0205783_22240530.jpg

黄色の所で座って噴火見学後、手前の砂地を駆け下りる。



こんなにハッキリわかるなんてスゴイな!まさに「蜘蛛の糸」だ。
人間がいかにちっぽけで、その胸に抱えた悩みなど、
もっともっとちっぽけだってことがよくわかる。なんか元気づけられるわ。
マツコも言ってたけど (あ!) 地図って1日見ててもあきないよね。

さてさてさて…。

海でプカプカしてきたお陰で、かなり人間らしくなり帰ってきたら、
エプロン姿のマルコが、漁師から直接買ったというカジキマグロをさばいて、お昼を作ってくれた。
島のレストランで働いてるというだけあって、パスタも手際よく用意。
階下のテラスで大家さんと彼女の娘っこと一緒に、にぎやかプランツォです♪♪


f0205783_14484842.jpg

6歳になるアンジェラのマイブームは「吸血鬼〜バンパイア」
絵本だかテレビだか、とにかくどっかでお会いになって以来、ガッシとハートを奪われたらしい。

恐らく周囲の大人たちは聞き飽きて、十分相手をしてくれなくなったんだろう。
そんな時、謎の日本人という格好の獲物をロックオンした彼女。
「彼」がどんだけスゴクてコワイか、怒濤のようにしゃべりまくる。

人見知りもせずなついてくれたのはとっても嬉しかったけど、
脳内翻訳機が追っつかないのはもちろん、内容ほぼ理解不能。。。
でも、会話中、少なくとも28万回は出てきた
「吸血鬼=ヴァンピーロ」という言葉は、死ぬまで忘れないと思う。。。

火山に始まりヴァンピーロで終わるストロンボリって、、、、強烈すぎる(笑)
いやいや…ちっちゃなプリンチペッサ。お後がよろしいようで。とっても楽しかったよ♪♪





f0205783_22095213.jpg





ホントはもっとゆっくりできたらよいんだが、とりあえずストロンボリ島とはお別れだ。

ちょっとしたお土産と、大好評だったワサビ味の柿の種だけで申し訳なかったが、
一宿一飯の恩義、決して忘れるまい!

ホントにありがとう!!!

南の島といえど、オフシーズになると観光客も途絶え、島の人口も半分以下に減ってしまうという。
大家さんたちは家を閉めメッシーナで冬を過ごし、マルコはまた別の海を求めて島を出る。

再びみなが出会う時はあるのだろうか。
いつか、そう…いつか、日本にも遊びにきてよ♪





f0205783_22230408.jpg




最後に…ストロンボリ島というと、火山だけではない。
そもそも島の名を一躍知らしめたのは
ストロンボリ 神の大地〜Stromboli terra di Dio」(1950年公開) だったかもしれない。

一連のヒッチコック作品や「カサブランカ」「誰が為に鐘は鳴る」などに出演。
アカデミー主演女優賞も獲り、圧倒的な人気を誇っていたバーグマンが、
この作品をきっかけに9歳年上の監督、ロッセリーニと不倫関係になり、大スキャンダルになったからだ。

作品の善し悪しと関係ない所で注目を浴びてしまったけど、
彼らが愛を育んだ家が、今も島内に残っている。
来る前に観ておけばよかったンだが、往年のイタリア映画ファンなら、
ちょっと気になるのではないだろうか。

他にもエオリエ諸島には映画の舞台になった地がいろいろある。
そのお話しはまた後で。。。。










[PR]
by 21giova | 2016-11-12 23:01 | ├ ストロンボリ島 | Comments(0)
ストロンボリ島2. 汗と涙の火の山登山 〜準備編〜
f0205783_2023478.jpg




マルコの家に着くと早速山登りの支度をし、気付け?!のカッフェをいただき、さぁ〜もぅ出発だ。
この期に及んで、まだ100%にソノ気になってなかったアタシだけど、
うだうだ悩ンでるヒマなんてないから覚悟も決まる(笑)

マルコの家からテクテク歩いて15分ほど。
港付近と同様、ちょっと賑やかな島の中心地、サン・ヴィンチェンツォ広場に、
ストロンボリ島の火山ツアーを一手に引き受けている〈MAGMATREK〉のオフィスがある。

名物ガイドのマリオは、黒い愛犬(上の子ね) と共に日本のTV番組にも出ていたので、
もしかして見た人もいるかもしれません。

まずここで料金を支払い(当時25エウロ) 何があっても自己責任!な契約書にサインしたり(怖)
諸々の説明を聞きながら、準備を整える。

*ツアーは事前に予約しておくのがベターです (英語メールでOK!) 同時に宿泊場所の確保も忘れずに。





f0205783_16572533.jpg




「ガイドは伊語と英語、どっちがいい?」って聞かれ、
どっちもどっちやなぁ〜と(数分)考えてる間に、そそくさと英語グループに振り分けられたアタシたち。
忙しい時のイタリア人は、関西人並みに“いらち”でせっかちである(笑)

「ハイ、じゃあ〜赤いヘルメットね」

このカラフルなメットは、ツアーグループの目印になると共に、本来の大事な役目も担っている。
それは…いつ何時飛んでくる (かもしれない) 「何か」からオツムを守るためである(笑)
いや…突然大噴火する可能性もある火口付近まで行くのだから、これは全くの冗談ではない。
→ よって誓約書を書かされる(^^ゞ

その他にストック(トレッキングポール) 代わりの竹の杖も貸してくれる。

日本では、せいぜい登って伊吹山…ってくらい「登山」経験のないアテクシだが、
追々延べていく (地獄のような(!!) 今回のトレッキングを踏まえ、装備の事を言わせていただくと…

この竹の杖は 必ず絶対2本!! 借りること!

普段から使ってる人は重々承知でしょうけど、ストックは2本あって初めてその効力を発揮する。
アホなアタシは1本だけ借りて、後で泣きました。ハイ。

また、帰りが夜間になるのでヘッドライトも必要だ。
もちろん、トレッキングシューズは自前に限る。

そうでなくてもゴツくてカサ高いシューズをスーツケースに入れる時、
ああ〜このスペースに、あんなモノやこんなモノ買って詰めれるのになぁ〜って思っちゃったけど(笑)
足元は大事なので、物欲を捨ててでも履き慣れたシューズを持っていくべきだと思う( ✧Д✧)//




f0205783_1736405.jpg




その他に…帽子、タオル(数枚)、手袋、防寒具、ハイカロリーな行動食(お腹減ります!!)、
理由は後で説明するが、マスクとゴーグルもあった方がよい。

そして何よりっ水っ!
サイトの説明では最低1リットル…と書いてあったけど、持てるだけ持っていくのがイイと思う。

というのは、17〜18時の間で時間差で各グループが出発するンだが、
20時を回りようやく日が傾きかけるこの時期、その時間って、
まだまだ陽射しが強いうえに、丸裸な山腹は逃げ場が全くない。

アタシが特別汗っかきだったからかもしれないけど、どんどん水分が失われて、
1リットルなんて、ア〜タ、往路で既にないですから!!!
途中、足がツってしまったのは、絶対水が足りなかったからだろうと思う。

だから…大事です。命の水!!!

と、ここまで、自分で準備できるものは持っていったらいいし、
ヘッドライトなどちょっと特殊な装具や、
頭の先からつま先まで、まるまる一式貸してくれる店もあるので、急に思い立って登ることも…できる。




f0205783_18441932.jpg


さてここで、ストロンボリ島についてちょっとお勉強v

wikiにもあるように、我々が「ストロンボリ島」と認識しているのは、
海上から突き出たほんのわずかな部分でしかない。
その実態は、はるか2000mも下、海底へと続いている。

うわ〜こんなになってるんだ!!!
ホントはエトナ山(3,329m)並みのでっかい火山なんだね。

全体でいうとその八合目辺りからスタートし、上記の地図の赤線コースを辿り、
島の最高地点926mのうち750mあたりまで登り、降りるのが今回の登山ルートとなる。

750m?! へっ!そんだけですかい?!ってお思いでしょう。
ええ、ええ、認めます。ハイ。確かに数字上、大した高さではありません。

が…普段座ってばかりのデスクワークで圧倒的な運動不足、不良債権のような身体のアタシにとって、
たかが750m。されど750m。遠いぞ750m。なみだの750m…だったのだ(TOT)//
[PR]
by 21giova | 2016-07-15 23:11 | ├ ストロンボリ島 | Comments(0)