ネーミ 1. やっぱり迷って到着〜♪
ローマ・フィウチミーノというデカイ空港から無事出発できるのか?と心配した通り、
18時半に到着したのに、空港出たのが20時前(なぜ?)

帰宅ラッシュに巻き込まれながら高速降りて
やっぱりまたまた道に迷う…(TOT)?

地図も用意して、予習復習もしてるのに、一体全体なんでやね〜ん?!
もうコレって、旅の始めに絶対ある「儀式」みたくなってきた…

でもって、こんな感じで喜怒哀楽山脈が形成されていく。

・広すぎる駐車場内で車探すのに手間取る(汗1)
・車が動かない!& 仕様を理解するのに手間取る(汗2)
・高速乗る(嬉1)
・降りてから迷う(汗3)
・道を教えて「いただく」(嬉2)
・ホテルとうちゃ〜く(嬉3)

あ、でもちゃんと、イイことと悪い事が同じだけあるやん?!
う〜ん、うまくできてるなぁ〜〜(違!)
狭い町の中、車で先導して案内してくれたネーミのみなさん、ありがとうござました♪



f0205783_1851676.jpg

今回の相棒
LANCIA MUSA

2人には
充分すぎるほど大きく

思わず・・・・

去年がこの子やったら
よかったのに…

昨年は4人で
2ドアでしたから(TOT)//


f0205783_186388.jpg





  
交通安全のお守り?!はドコモダケ
って…2人ともドコモじゃないし〜(笑)

クリクリ結びつけて
道中、ユラユラにこにこ

アッチ向いたり
コッチ向いたり

お陰で事故なく
楽しいドライブになりました♪
[PR]
# by 21giova | 2009-04-17 23:03 | ├ ネーミ | Comments(0)
最強サイアクの中国人Passenger
さっそくイタリア・イン!の話に入りたい所だが、
忘れないためにも、道中体験した驚愕の事実を記しておかなければならない…ウム。

時間も良く安い!との評判を聞き、今回、はじめて[CA]を利用してみた。
10万以下だった料金も(嬉!)帰りローマ20:10発〜20時関空着って時間も、
ハラショ〜♪♪だったのだが………

機内食は思ったよりずっと美味しかったし、
ワインもらうカップが前代未聞の高さ5センチ(ちぃさっ!)で、
いくら催促しても、そこに半分!しか入れてくれなかったことも、まぁ許す。

そして私は、中国も中国人もフツ〜に好きである。が、しかし、しかし…
中国人乗客たちのあまりの傍若無人ぶりにはビツクリした…(TOT)/


f0205783_14311325.gif
ちょっとアナタ〜!!
「一瞬」ならまだしも、ずぅうっと「土足」で、
シートの上を歩き回らないでくださいっ!
そこ、あたし座るんですから!!

後の人としゃべってもイイけど、
そないに身を乗り出さんといて〜!

シートをボコボコ蹴るな〜!!

寝れないのはわかるけど、
ガンゴンガンゴン音たてて移動すな〜!!
(だんだん怒りMAXになってくる)

特に往路は満員で、イタリア人も多いワケだ。
通路が瞬く間に「井戸端会議場」になったのは言うまでもないが、
中国人プラス…いや、VS イタリア人の最強バトルといったら…

…………もちろん勝負は「中国人」の勝ち!
「あの」イタリア人でさえ、小さくなってましたから…(涙)

みんなうるさ〜〜いっ!落ち着け〜〜!座れ〜〜!!
バカヤロ〜!!!
誰か引率の先生おらんのか!!(TOT)//



そして…ついでに書くと帰り……

例えば2人だったら、センターでもサイドでも隣あった席とるじゃない?
しかし彼らは違うのだ!!

「通路はさんで」2人…とか「真ん中空けて」2人、取るのだ。
な、なんですのん?その王様ゲームは?!

みんながそんな無謀な席取りしてるから、我々2人、席がバラけてしまった。
お陰であたし、太ったおじさん2人に挟まれた席に押し込まれ大怒り!
だってその2人、あたしの頭上越しにしゃべってるンだもん!
ンなら最初から隣同士で座れよな〜!(さっさと脱出したけど…)

基本、あたしは文句タレでもなく、温厚、丸い身体…性格ですが(笑)
も一度言いますが、中国人も好きですが、
「飛行機に乗る中国人」は「大」キライになりました…合掌


f0205783_1502487.gif

[PR]
# by 21giova | 2009-04-16 23:11 | ├ アブルッツォへ… | Comments(0)
アブルッツォ行きを後押しした本
友人に言わせるとあたしは、スーラの点描画のように、
行ったことのない地を塗りつぶしていく「テンコ(点)の旅」タイプなんだそうだ。
「テンコ」って〜?!と、笑うけど、ま、そうかもしんない。

たくさんあるお気に入りの街に宿。
そこを再訪するのはきっととっても楽しいだろうが、身軽に動けるウチは、やっぱ
行ったことない地を探して行ってみたいと思う。
欲張りで落ち着きがないんですね…きっと(^^ゞ

そんなあたしの、我々の、今回の旅のターゲットに選ばれた「アブルッツォ」
前回行ったマルケの隣にあることで、俄然、注目を浴び
マルケの旅でも利用させてもらった「Gokutabi-Italia」にも情報が載っていたことから
行ってみるべ〜!と相成りました。
アクセスが良い地でもないから、我らが無敵の?!クルマツアーで踏破すべし!って(笑)


f0205783_17102452.gif
それにしても…この本はホント役に立ちました〜(TOT)/
だってね〜こんなにいっぱい写真載っけて
アブルッツォ紹介してるとこないよ〜多分…

それだけ日本ではマイナーな地域なんだけど……
だからこそ、行ってみたいと思うじゃないですかっ!

マルケの旅でも、アンコーナをポイ!してシローロに行ったのは
この本のせい…いや…お陰だし(笑)

この前にシチリア編もあったようだが、
次も是非っ、おぅ〜!って唸る特集を期待してマス♪
[PR]
# by 21giova | 2009-04-15 23:35 | ├ アブルッツォへ… | Comments(0)