リパリ島5. ブショネに負けるな! いざクルーズツアーへ
f0205783_12443742.jpg




今まで乗り物に酔ったことはない。
ぐるんぐるんなジェットコースーターも大好物!
が、この後船に乗るので、満腹・酔っ払い(!!)ではマズイかも…と、
昼食はパニーノを軽くつまむことにした。

Enopaninoteca ってなに?
あ!パニーニとヴィノがつまめる店って事なのねv す、スバラシイ〜!!
Gilberto e Vera 〜ジルベルトとヴェラの店と、夫婦の名を冠してるのも親しみが沸く。

おっと、ここもフィガロ掲載の店でした。
せっかく誌面をコピーしてもらったのに後で気付く始末だったけど(^^ゞ

Via Giuseppe Garibaldi 22 *9:00〜24:00(夏季)






f0205783_15204963.jpg




パニーニはびっくりするくらい種類があって大いに迷う。
おにぎりと一緒で何入れても(?!)合うよね♪♪

う〜う〜と悩みながら、店の一押し、奥さんの名前がついたヴェラとストロンボリにした。
ハーフサイズでも長封筒(笑)ほどあって食べでがあります。

外はカリカリ〜 中プワ〜 この食感がたまらなく美味♪
そしてもちろんヴィノも忘れずにv
その前にまずビール飲んじゃったけど、これ、もぅ〜水ですから( ̄o ̄)





f0205783_15541337.jpg




壁面いっぱいにワインが並ぶ店内も、フレンドリーな店主ジルベルトも、たいへん感じがイイ店だった。
シチリアのワインは好んで飲むので見慣れた銘柄もたくさんあったけど、やっぱ現地です。安いっ!!!

それより…ジルベルトにココならではのワインを教えてもらい、後日買いにこよう♪
そう思ったんです。この時は。船に持ち込むのもなんだったし。

が、テラスワインがオソロシイ早さで消費されるので、
立ち寄ったスーパーで「つい」買ってしまったのである。
なぜって…プラネタのシャルドネが当たり前のように棚に並んでて、
うえ〜このお値段ですかい?! と、舞い上がってしまったからだ(//∇//)





f0205783_16281521.jpg




がぁ〜これがひどいブショネで OMGaaa!!!
日本の半値くらいだったけど、ちゃんとしたスーパーだったけど、たまたま(と思う)けど、
それでもショック〜!!!
これは断じてプラネタではない!ブチブチ言いながらそれでも飲んだけどさ( ̄o ̄)
反対にVirgona の Malvasia Delle Lipari はたいへん美味しかったですv

ココでふと我に返った。
そうだ、そうなのだ!幾ら安価でも日本で買えるワインを飲む必要はないのだと。
HAUNER は後で知ったから仕方ないけど、
Virgonaのように現地でしか味わえないワインを飲むのが正解なんじゃないか?

ブランドに目がくらんでもくらむまい!
あんま自信ないけど、ゆるく誓っておこう!






f0205783_14191143.jpg




ワインのグチはこれくらにして…
食後の散歩にオヤツにグラニタもいただいて乗船乗り場に向かうと、
ああ〜ここじゃない、向こうだよ?!と、お兄さん。

似たようなツアーがあちこちから出発してるし、係員が旗持って立ってるワケでもない。
異国に来ると、日本っていろんな事に親切で用意がいいとつくづく思う。

やれやれアタシも甘ちゃんになったもんだと踵を返すと、
乗り場まで送ってってあげるよ、って。きゃ〜ホント?!
オープンカーなんて初めて乗ったよぅ〜(//∇//)
青年よ、ありがとう♪♪





f0205783_15081372.jpg



エオリエ諸島の中で1番拓けてるとはいえ、
こうやって眺めると、リパリ島も至って素朴な島なんだと感じる。

小型クルーザーに乗り込んだのは、我々の他に10数名。
船内もデッキもゆったりくつろげる、ちょうどよい人数である。
そうしてポロンポロンとエンジンを響かせながら船が出航。
パナレア島に寄り、夜のストロンボリ島を見物するクルーズツアーが始まったのである。




[PR]
# by 21giova | 2017-04-13 23:56 | ├ リパリ島 | Comments(0)
リパリ島4. 海だけじゃない 歩き見る所もたくさんあるよ♪
f0205783_21425870.jpg



まだ午前中なのに、既に目の前ハレーション状態。
今日「も」ピカピカ晴天のリパリです。

眩しさのあまり、ホントに路地が続いてるかと思ったわ!
…というのは冗談だが、キュートな壁画を発見♪
でも…なんか見覚えが……
そう、フィガロの島特集の中で、リパリのTOPページに使われておりました。

Vico Marteという小さな路地の中にあるけど、
ココは、勝手気ままに歩きながら偶然見つけるのがキモでしょうv





f0205783_22030130.jpg



よく吟味して決めるべ!って思ってたのに、テラスワインしてる間に
「も〜これでエエんちゃう?」
ほとんど酔っ払いの決定で今宵のクルーズツアーを決める(笑)
乗船時間までたっぷりあるから、今度は昼のリパリを散策。
大聖堂に再びやってきた。





f0205783_21334600.jpg




1084年、ノルマン王によって建立された大聖堂はトルコ人の襲撃にあい、
現在はバロック様式に再建されている。

うえ〜こんな風に火をかけられちゃったンだな。。。。
これってホント、島の宿命だよね。
とは、正面扉に施された立派な彫金である。





f0205783_22361942.jpg




大聖堂に隣接したベネディクト派修道院のキオストロは、奇蹟的に破壊を逃れ、
いい感じのワビサビ感を醸し出しながら、当時の姿を留めている。

入場料として1ユーロいるので、入口に徴収係のジイサマがいます。
早い時間で誰もおらず暇だったのだろう。
べったり寄るは触るは…しまいにゃ、ウルサイわ〜!だったんだが、
最近のイタ男は大変行儀がよいので、典型的なTHE南イタリア男な振る舞いを、
苦笑いしつつも妙に昔懐かしく(?!)思ったのは、きっとアタシが歳とったからだろうなぁ〜〜(TOT)





f0205783_22335937.jpg




また、大聖堂周辺には紀元前な遺跡が数多く「野ざらし状態」になっている。
なんでもリパリでは、紀元前4千年も前から人が住んでいたといい、
その営みの面影がそこここに残っているのだ。

それらを集約した考古学博物館〜Il Museo archeologico regionale eoliano には、
素朴でプリミティブなブツがズラリと揃っており、なかなかに見応えがあった。

「島=海」なアクティビティだけでなく、歴史的な背景を知ることができる
エオリエ諸島の中で唯一といっていい文化的施設である。
屋内なので、ちょっと涼みたい時にもうってつけだと思うので(違!!) 是非どうぞ♪

博物館の開館時間はコチラを参照



f0205783_22495916.jpg
デジタルブック 伊語




f0205783_20502220.jpg



ちなみにこちらは帰ってきてから見て知ったんだけど、
世界ふしぎ発見!いい湯を愛して3500年 イタリア・古代ローマ温泉遺産!(2014.12.6放送)
で紹介されていたリパリのテルマエ跡である。(スイマセン…デジタルブックから写真拝借しました)

市松模様なタイルが残っていることにも驚くが、
テルマエを含む広域な遺跡の中で最も規模が大きかったのが、
紀元前16世紀頃に造られたとされる「サウナ」だったそうだ( ̄o ̄)
も〜どんだけ立派やねん?!サウナ命やねん?!って突っ込みたくなるけど(笑)
同じく温泉好きとしては、風呂にかける熱意と情熱に、大いに共感できたのでありました(^^ゞ





[PR]
# by 21giova | 2017-03-29 23:17 | ├ リパリ島 | Comments(0)
リパリ島3. 滋味深いスープと黄金の酒に酔いしれた夜
f0205783_21523822.jpg



1910年創業。リパリで最も古い店である Filippino にわざわざ来たのは、
そう… Buon Ricordo のお皿が欲しかったからに他ならないv

なんせシチリアに4軒しかない店の1つがリパリにあり、
これが記念すべき10枚目のお皿になるなら、何が何でも行かねばならぬっ(๑•̀ㅂ•́)و✧

そう思うと エーリチェでゲットしとけば
シチリア@コンプリートできたかもしれない…と、ちょっと残念。
ただあの時は料理がクスクスで、イマイチ気乗りしなかったのだ。。。。

それはさておき…お皿の料理 Zuppetta del nonno Filippino は
離乳食でもオウケイなほどトロットロに煮込まれた魚介のスープであった。
その名の通り、ジイちゃんが魚介の切れっぱをぶち込んで作った
フィリッピーノ家定番のひと皿だったに違いない。

いわゆる “貧しい料理〜Cucina povera” だけど、
それは安価で身近な食材を、シンプルに、美味しく調理することであって、
額面通りの“貧しい”という意味では決してない。
むしろ、イタリア料理の基本の「キ」じゃないだろうか。

レストランで出す上で、それなりの手間もかけているだろうが、
ジンワリシッカリ出汁が効いて、見た目通りのド・ストレートな味わいに、心が、身体が、大喜び!
「キ」ができていれば、何だって間違いなくウマくなるのだ。

その地の郷土料理になることが多いお皿の料理。
ほとんど美味しく頂くが、中には「諸般の理由」で持て余す時もぶっちゃけある(笑)
しかしながらこのZuppetta はベスト3に入るくらいオイシカッタ〜♪♪

お皿もカワイイし、大満足デス♪♪





f0205783_21161560.jpg





そしてもぅ1つ。リパリに来てコレを飲まずしては帰れない。
ギリシャ人が伝え、“神々の酒”とうたわれた黄金色の Malvasia Delle Lipari

甘美ともいえる上品な甘さ、かつ、さまざまな果実香がもたらす余韻もすばらしく、
伴侶に選んだピスタチオのタルトも奇をてらわないシンプルなつくりで、まさにベストマリアージュ♪♪
最後の〆を見事に飾ってくれたのでありましたv

この時いただいたのは、ズバリFilippino印だったけど、
老舗店らしく、他の多くの Malvasia Delle Lipari を取りそろえているので、
いろいろ飲み比べてみるのもいいかも。





f0205783_16091462.jpg




ホロ酔い加減で帰途に着く passeggiataは、さっきとはまた違うよか気分。

コルタ港はすっかり様相を変え、
人々のざわめきやグラスの触れ合う音が、静かに、確かに響き渡っている。

彼らにしたら「これから」が本番。
きっと夜遅くまで賑わいが絶えることがないだろう。





f0205783_20115292.jpg




あれだけいた兄ちゃんたちもいなくなって、港内もひっそり静かです(笑)

イタリアに限らず、欧州のオレンジ色の街灯ってキレイだよね〜♪
ちょっぴりほの暗く、ちょっぴり妖しく、そしてあったかい。

なんでも欧州人って、昼間のような明るさの蛍光灯を嫌う傾向があるらしい。
それに、リラックスするにはオレンジ色〜白熱灯がよいそうだ。
うんうん、それ大正解!

そんな光を追いながら、ゆっくり足を進めていく。
洗濯物乾いてるかな?と、えらく現実的な事を考えながらも、
毎夜、同じ部屋に帰るっていいな〜。テラスでまた軽く(?!)飲むか(^^ゞ





f0205783_22121623.jpg



〜オマケ〜

1番の作り手のも飲んでみなきゃ!と、Malvasia Delle Lipari を買って帰った。

昔は海に浮かぶ孤島といった感で、多くの人が島を離れ、ブドウ畑も廃れていたそうだが、
エオリエ諸島に惚れ込み移住したブレシア出身のハウナーが、ブドウ栽培の復活に注力。
今やエオリエ諸島を代表する作り手となったHAUNER のPassito です。

更に糖度が上がり、大好きなババを添えれば、これまたご結婚おめでとうございます!にv
それほど甘党じゃないアタシだが、甘いものに甘いもの。
このダブルパンチは、延髄切りくらうほど破壊力がある(笑) それほど美味しい。

ブドウも味わいも違うけど、
DONNAFUGATAのBen Ryé が好きな人は絶対気に入ると思うし、日本でも買えます。
お値段も若干、安いと思うよ〜(๑˃̵ᴗ˂̵)و





[PR]
# by 21giova | 2017-03-13 23:40 | ├ リパリ島 | Comments(0)