<   2011年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
リーパトランソーネ 2.  43cm にいざ挑戦!
f0205783_1655183.jpg



オレンジフラッグの町で宿から近い…ということもあったが、
リーパトランソーネに行ってみよぅ♪って思った一番の理由は……

『イタリアで一番狭い通り』というのがあったから(^^ゞ

バスツアーで寄るにはイイ所…って書いたが、
アタシたちみたいにコレ目当ての人、うん、絶対いると思う(笑)
もちろん、町自体もとってもステキ♪だけど…ね。


とりあえずスキ間あるしぃ〜近道だから行っちゃえ!と、
イタリアの路地裏には、ジモティのヒミツの抜け道が結構たくさんある。

肩とかバックとかがこすれていくうちに、両側の壁の真ん中が凹んできて、
すっかりいっちょ前の「道」になってたりして笑うことも。

でもソレはあくまで「建物と建物のスキ間」って意味で、なんとなくそうゆうのを想像してた。

が、、、、




f0205783_16342932.jpg




ああ〜!!こらあ〜「ちゃんとした」道…通りになってるよ〜vv

何でも〈狭い通り〉として認可されるには (認可!って(笑)
このように舗装されて〈通り〉として、
キチンと成り立っているのが条件なんだとか (条件!って(笑)

目指せイタリア一の狭い通り!って、町をあげてガンバたのか知らないが、
リーパトランソーネのこの通りが認可されるまでは、
ウンブリアはオルヴィエートの近くの Città della Pieve という町のソレが一番を誇ってたらしい。

その幅、53cm。

そして、今や名実共にイタリア一!となったリーパトランソーネの通り幅、43cm。

その差、10cm! これは大きいっ!!

なぜって………ホントに 狭い!! から…

さぁ〜みんな、定規を出して「43cm」ってのが、一体どいくらいか計ってみようvv
ね?もぅ〜女性の肩幅くらいしかないでしょ?




f0205783_18303879.jpg




なで肩のアテクシ、なんとかそのまま通れマス。
でもそれは、平均台よろしく、まっすぐ!ひたすらまっすぐ足を運ばないとダメ。
ちょっとでもずれると肩が、ズズっ、いてテッ! (>_<),,,
両手をイッチニッ♪って振って歩くと、間違いなく手の甲がガリガリ流血しマス!!

ってか、ソレはアタシでもムリっ!なので、
そうですね〜両手胸の前で合掌「祈りのポーズ」で歩きます(笑)

これはガタイのイイ男性陣、確実にアウト!でしょ?
え?横走り?命がけ…じゃなく…新喜劇だぜ、ソレは…(≧▽≦)/
   
一番狭いところはさらに5センチ狭い38cm!
これはちょっと上の方らしいから、背が高い人以外は大丈夫…多分…

途中、ジモティのお姉さんが、自分のツマ先、下方45度_を見ながら、
サッサカサ〜っ♪とネコのように事も無げに歩いて行ったのには、ブラバぁ!と拍手喝采!!
なんでしょ、毎日通ってると身体が覚えるのだろうか。
まさにネコ科のしなやかさ…だったわ。

なら、オトナでも、ぴょぉお〜〜って、ダッシュかませる人もいるかも。
祭りとかで「早抜け競争」な大会があってもイイと思うな…(ありませんから(笑)





f0205783_19155831.jpg





と、楽しい通りを満喫し、町を後にする。

クリクリ…と道を下れば、ポッチリぽっかり♪背後に浮かぶのはリーパトランソーネだよね?
高く、低く、うねり、続く平野は、緑の大海原をたゆたう波のよう。
海もイイけど、こんな風景もまた癒されるマルケな風景なのであった。



f0205783_19342375.gif
Città di Ripatransone
[PR]
by 21giova | 2011-04-27 23:05 | ├ リーパトランソーネ | Comments(0)
リーパトランソーネ 1. 丘の上のキュートな町
f0205783_10212994.jpg



マルケはイタリアの中でも五指に入るくらい好きな州♪でアル。
美しい海だけでなく、緑豊かな内陸部もまた、その魅力のひとつ。

パッチワークのように広がるパノラマを従えた丘陵地にあるのが、
宿から5キロほど走った所にあるリーパトランソーネ〜Ripatransone

これもお馴染み?
歴史と文化の保存保護に尽くす町に贈られる〈Bandiera arancione 〜オレンジフラッグ〉
に認定されている、たいへん景観の良い町である。

グルリ1周3キロほどの大きさだが、中世の町並みがキレイに残っており、
赤いレンガ積みの建物は重厚でいながら、ちんまりキュキュキュと納まっていて、
なんというか、カワイイ町だね、ココはvv




f0205783_11104856.jpg




店が開くにはまだ早く、仕事へ向かう人と時折すれ違うだけ。
ドォーモ前の広場も今だ眠りから覚めやらず。
野菜を積んだ軽トラが、ポレポレ軽快な音をたてて通り過ぎていく。
さぁさ、1日が始まるよ♪なんて言ってるかのように。





f0205783_1104479.jpg




じゃあ〜ちょいとゆっくり町並み拝見♪
コレは15〜6世紀のポルティコ〜アーケード。
町にあわせてサイズもキュートだねvv

〈Portico con trabeazioni in legno 〉って何やら表札が出てるけど、
どこに注目!かっていぅと、、、
円柱の柱の上にある装飾〜trabeazioni エンタブラチュア が「木」でできてる!ってこと。
なぁるほど、コラ珍しいし、とっても古いモノなんだろう。

梁も木だけど、この上、住居になってるんだよね?床、落ちないのかな(笑)
どうしてココだけ「木」なのかしらん?と、
「世界ふれあい街歩き」みたいに、下の土産物屋で聞けたらいいんだけど、
まだシャッター開いてないし、そんな高度な会話はできないので、
ココは黙ってスルーしときます(^^ゞ




f0205783_14532190.jpg



ちょっとだけ残ってる壁面も、15世紀相当のもの。
真っ黒になってるけど、草花紋様が彫り込まれたテラコッタのタイルで、
当時はこのパラッツォの壁が、400枚ものソレで飾られていたそうだ。

と、絵本のような町並みの中に、
派手じゃないけど、何気にうぅむ…と唸る歴史的建造物が残ってる。
さすがオレンジフラッグvv

意外にアクセスがイイので、
アタシが添乗員なら、バスツアーの途中でチラリと寄りたい町って思うなvv
[PR]
by 21giova | 2011-04-22 23:21 | ├ リーパトランソーネ | Comments(0)
グロッタンマーレ 2. 穴場な即席プライヴェートビーチ
f0205783_1165034.jpg



写真ちょっと飛んでるけど、向こうに「海」が見えマス♪

アンコーナを中心に、北へ南へと、ほぼ直線の海岸線が続くマルケの沿岸部。
散々言ってるが、美しいビーチに与えられる〈Bandiera Blu 〜ブルーフラッグ〉
に認定された町が、この海岸線にはたくさんある。
グロッタンマーレもそのひとつで、99年からずっと美しい海を守り続けていマスvv

海を望みながら続く広々とした遊歩道にはヤシの木が影をつくり、
歩道と別に設けられた自転車レーンを、チリリ♪とビチクレッタが走っていく。

とってもキレイに整備されていながら、肩肘張らないのんびり感がイイ感じ。
というワケで…全然写真撮ってません…

なぜか…っていうと、
とってもステキな場所を見つけて、ゴロゴロチャプチャプしちゃったから(笑)



f0205783_11114795.jpg


遠浅の白浜ビーチには、デッキチェア付きのパラソルが花を咲かせているのだが、
もちろん「有料」である。時間貸しというセコイ設定はなく、1日だいたい20エウロくらい。
こっちの人はそれこそ日長1日、ジックリこんがり肌を焼く。

むろん払ったってイイのだが、我々がいるのはせいぜい数時間。ちくともったいない。
そこは合理的な関西人なので(^^ゞ どっかエエ場所ないか?とユルユル車を走らせ探していたら、、
ずいぶん端っこの所で、おっ!ココええんちゃうのぉ〜〜!!な場所を発見!

でっかい木があって木陰があるし (コレ大事!) ベンチもある。
しかもっ!ひねればイイだけの無料シャワーもあるではないかっ!

わ〜いわ〜い♪♪♪
これはまんまプライベートビーチだわvv
ワサワサ並んだパラソル使うより断然いいし、コレ全て「タダ!」(コレ大事!(笑)


タプンタプンと波間に漂い、身体が冷えてきたらベンチでひと休み。
リゾート地なので買い出しのためのスーパーには事欠かかず、
そこでゲットしたカールのようなチーズボールをつまみながら、
(美味しくて帰りまた買ったくらい (笑)
お約束!の、ペットボトルに入れてきた白ワインをクピクピ飲る。
木陰でユラユラ船を漕いでもイイし、ただただ、ポケタ〜ン…って呆けててもいい。

あぁ〜なんかとっても…… シアワセ!!

ほんとぉ〜に気持イイ時間を過ごせた。
昨日の悪夢を、それこそ全てマルケの海、アドリア海の青い空と海に、
プカプカそよそよと流してきたアテクシでした(^^ゞ



f0205783_1232922.gif
Città di Grottammare

[PR]
by 21giova | 2011-04-18 23:06 | ├ グロッタンマーレ | Comments(0)
グロッタンマーレ 1. 倒れ込みセーフの快適な宿 ただし蚊がいなければ…(^^ゞ
f0205783_15201464.jpg



山間部を抜けアドリア海に着いても、
まだ30キロほど北上しなければならない今宵の宿の地、グロッタンマーレ。

一時はこの宿をキャンセルしなきゃ!って思ってたけど、
なんとか…ホントになんとか辿り着いた時にゃあ〜アテクシ、倒れそうになりました (TOT)/

グロッタンマーレに着いた頃にはポッカリお月さまも出てて、
オマケに山の手にある宿だったから、迷う迷う!

「やあお嬢さんたち〜ボォナセ〜ラ♪…ところで…遅かったね?」
「へぇ…道に迷いましてん・・・」

もぅこのセリフ、毎回毎回、毎年毎年言ってる気がする。
早くこの「呪縛」から解き放たれたいものでアル。。。。


精も根も尽きてグッタリ…珍しく何も食べたくない…な状態だったが、
サルシッチャ&野菜たっぷりのニョッキを一口食べると、

「あ〜ウマウマ〜!!〜ウマ〜いっ♪♪」

身体も心もリラックスさせてくれるあったかい食べ物って、ホント偉大! (>_<)//
ホッとする味だったし…ね。

セコンドのブタ肉のグリル by クリームソース添え…を食べ終わる頃には、
カラフェの赤白ワインがキレイになくなって、
オレたちサイコ〜(≧▽≦)!! と、ご機嫌さんになっちゃったよvv

けど、シャワーを浴びて5秒後には、ベッドに倒れこみ爆睡したのは言うまでもまりません…




f0205783_15451083.jpg



部屋数は5つほどかな?
少ないけど、その分、部屋もバスルームもとっても広くてキレイ♪
高い天井には梁が渡してあり雰囲気もグ〜vv

が、ちくと閉口したのが「蚊の来襲」
部屋に差し込み式のフマキラーがあった時、いやぁな予感がしたのだが、
案の定、奴らがぷぅんぷぅん〜と、飛んでくる。

フマキラーがあるだけ親切なのだが、経験上、コレが役立った…ってことが記憶にない(>_<)
翌日マットを代えてもらったのだが、効果ナシ…なんでやねん!

これも毎回思うんだが、蚊取りモンは絶対日本から持参すべし!である。
メイドインジャパ〜ン!!は絶対必ず効く!はず…である…多分。
それと虫刺され用の薬も夏の旅には必需品デス。

けどまぁ〜問題はそれくらいで、静かで周囲の環境も◎
1泊2食100エウロ♪の、たいへん快適な宿だったと思います。
たとえ2日目の夕食のセコンドが、また同じブタ肉のグリルだったとしても… (笑)

Briciola Di Sole
[PR]
by 21giova | 2011-04-17 23:58 | ├ グロッタンマーレ | Comments(0)
カステル・ロマーノ この地名、決して忘れないでしょう…
f0205783_1241066.jpg



どぅしてオスティア・アンティーカに泊まったか?というと、
お連れさまが得意の上目使いおねだり戦法で、
「ねえねえ〜カステル・ロマーノのアウトレットに行きたい♪」って言ってきたからだ。
ケッ!ンなもん、日本で行けばエエやん!と、断固拒否したのだが。。。。。

来ちゃいました……
アタシって、とってもやさしい人間なのだ…エッヘン♪

まんま日本のソレと同じ作りで、イタリアに来てこんな所に来るなんてと凹ンだけど、
海外ならではの品揃えと安さに、いつの間にか夢中になって買い物してました…スイマセン(^^ゞ

こんだけ熱中して買い物すれば腹も減る。
アウトレット前の広い道には、そんな買い物客を狙った屋台がポチポチと並んでおり、
ポルケッタのパニーニを食べたのだが、
ンまぁあ〜!!これがジュ〜シ〜かつ肉々しく、今でも夢見るほどベラ〜ベラ〜ウマかった!! のだ!

こんな所でこんな美味しいポルちゃんを食べれるなんて!と感動してたら、
ローマで観光業を営む日本人夫婦がやってきて、
「ココのはとっても美味しいの。だからわざわざ食べにくるのよ」って。
やった〜!!なんとなぁく選んだ屋台だったけど、ズバリビンゴ!だったんだな!

正視するのがコワイくらい「奇抜」な化粧してたけど(^^ゞ
しばらく歓談した後、我々は一路マルケへと向かう。


さぁ〜お待たせ?しました。
この後、我が旅行人生において最悪最大の大事件!が勃発!!

詳細は当時の心境を生々しく?語ったコチラを読んでいただくとして、、、
電柱並サイズのズ太い神経持ってるアタシだが、この時は、ホントに…

心底、まぢで、ビビった。

白髪が一気に128本ほど増え、胃に0.5ミクロンの穴が開いた…(と思う)

貴重品は大事に大事に、ホントに大事に扱いましょう!!





f0205783_14582541.jpg




……というワケで(笑)

無事ブツを回収し、再びマルケを目指し走り始めるアタシたち。

ほんの数ヶ月前にアブルッツォを襲った大地震
しかし、ラクイラを通りアドリア海まで続くA24号線から見える景色は、どこまでも美しい。

特に、夕日を浴びて真っ赤に染まるグラン・サッソの神々しさといったら!!!

日が長いとはいえ、お日さまが出てる間になんとしてもマルケに入りたかったので、
150キロ超で飛ばしてたアタシ。見とれて谷底に落ちそうになったほど(笑)

「写真撮っといてぇ〜〜!」
「わかた〜〜〜 vv 」

そんなブッ飛び車から果敢にシャッターを押し続けたK嬢だが、
全てピンぼけアウト!であった…(TOT)/ ムリもないが…

文字通り、イタリア本島のド真ん中を横断するA24は、
トンネルも多いけど、雄壮な山々を右に左に眺めながら走れるステキな道である。
このとんでもない事件がなければ、もっとゆっくり走れたんだけどね…
   
ちなみに・・・・
あの絶品ポルケッタはもぅ一度食べたいくらいだが、
2度とアウトレットには来まい!と思ってたアタシ。

が、、、、

「やっぱりね、悪夢を払拭させるためにも、もぅ一度行かないとダメだよvv」

悪魔のようにズル賢くオソロシイK嬢の甘言にまんまと騙され、(彼女は何回でも!来たいから(笑)
翌年また行ってしまったアタシ。
 
もちろん、カバンは肌身離さず、
車を出す時は、車内・車外、鷹の目でチェック!確認点呼のうえ出発したのは言うまでもない。

そして……

買い物はやっぱり楽しかったのでアル(笑)
[PR]
by 21giova | 2011-04-15 23:40 | ├ カステル・ロマーノ | Comments(0)
オスティア・アンティーカ 2. 予約は通ってなかったけど…
f0205783_10461190.jpg



空港から車で小一時間。
アクセス至便なオスティア・アンティーカでのお宿

B&B Agli Scavi di Ostia Antica

駅にもお城にも近いし、珍しく迷わず!!すんなり着いたのに(コレってホント希なこと(笑)
「予約?メール?そんなのもらってないわよ?」という返事に、
は、はぃい〜〜?!と早速頭を抱えるハメに… 

こ〜ゆ〜時、(本人に悪気はなくても) 心底そっけない言い方する人が多いので 、
ちゃんと送ってる身としては、メールの控えを片手に茫然自失としてしまう。
(コピーは必ず持参しよう!)

初日のいろんなハプニングで何度も泣いてる私たち。
今回はソレもなく、万全のスタートやなっ!と喜んでいたのに一気にシュン太郎に。。。
やっぱり試練があるのね…(TOT)//

それでも…

「昨日まで満室だったけど部屋が空いたし、泊まってもイイわよ♪」
あ、ありがとぅございますっ!!

こぅゆう場合、じゃあ〜最初から言うてぇ〜な!と思ってはいけない。
ましてや、明らかに空いてるのに「満室」って嘘やんけ〜と思ってもいけない。
“郷に入れば郷に従え”で、ラテンなおもてなしを享受しようvv
 



f0205783_10485747.jpg




離れ式なお部屋はちくと狭いが、熱い湯がたっぷりでるし、それだけで◎
隣にはオランダ人の女性が1人で長期滞在してたけど、
ココの遺跡は、1日2日じゃあ〜見れないよね、きっと。
   
目の前、畑だか野っ原だかわかんないよな原始的な庭なので虫も多いが、
ホゥホゥと静かな月明かりの下で、ビール片手に涼むのも◎

勝手にどぅぞ〜♪な朝食を持ってきて、キラキラ朝日の中で食べるのも◎
お値段1泊70エウロの、B&Bらしい飾り気のない宿でありました。





f0205783_1053034.jpg




どこいっても時差ボケ知らずのアタシ。
着いた早々、気も高ぶっているんだろうと思うのだが、
翌日でも、早い時間からパキッって起きて行動できる。

20代の頃はチョ〜低血圧で、昼の1時まで口がきけなかったのがウソのようだが(^^ゞ
今は朝から散歩も行けちゃうよvv

〈ローマの松〉とはレスピーギの名曲だが、
この独特なシルエットを見るたび、確かにローマを思い出す。

でも、木々が連なる姿を遠くから見ると、
ダリの〈聖アントニウスの誘惑〉も思い出しちゃうのよね(^^ゞ




f0205783_10551645.jpg





歩いてすぐのオスティアの駅。
ああ〜なんか駅に来るのってスゴク久しぶり!

列車の旅って、一体いつからしてないんだろ?
青地に白抜きの駅名表示が、妙に懐かしい。

昔の遺跡の写真も飾られてるけど、案外ガランとした駅です。
思わず物思いにふけってしまったのは、ホームの彼女と同じかも。

ちょうど通勤時間。
ホームを行く人、来る人、みな足早に通り過ぎていく。
今日もイイ天気。今日もイイ1日♪

とはならなくて、、、

史上最大最悪の悲劇が、この後アテクシを襲うとは、一体誰が想像しただろう?!
まさに神のみぞ知る「その時」まで、チッチッチッチッ…あと数時間…(笑)
[PR]
by 21giova | 2011-04-10 23:46 | ├ オスティア・アンティーカ | Comments(0)
オスティア・アンティーカ 1. ローマから1時間、見所多い遺跡の街
f0205783_1032637.jpg




イタリアに着いて最初に泊まる場所としては、多分、今までで一番空港から近い町でアル。
いつもなら少しでも足を延ばして距離をかせぐのだが、
ココをチョイスした理由は、、、また後…で…(笑)

ポンペイに勝るとも劣らない古代都市遺跡群が残る Ostia Antica〜オスティア・アンティーカ
見学時間が過ぎてたので、散歩がてら外からゆるりと拝見します♪

現地にいるとわからないけど、ティレニア海まで3キロ足らず。
テヴェレ川にも近く、外敵の侵入を防ぐために作られた監視塔は、
ユリウス2世によってさらに堅固な城となり、
その名をとって Castello di Giulio II と名付けられている。





f0205783_11211254.jpg





周囲は「ボルゲット」と呼ばれる歴史的地区になっており、
ユリウス2世城横にある小さな城門をくぐると、
かあいらしい家屋が、まぁ〜キュウキュウと肩寄せながら並んでいる。

台形型の通りは、クルリと回っても15分ほどで見終わってしまうが
チンクエテッレのように、隣同士、色がダブらないように塗られた壁がなんともイイ感じvv
年期の入ったハゲ具合とか、ムラムラな塗り方とか…がねvv

  



f0205783_12385638.jpg





でもって、こ〜ゆ〜通りにはもぅ絶対!ってイイほどネコがいる!!

ハイっ!こっち、こっち!こっち向いて〜♪キレイよステキよ〜〜♪
と、アホな事言いながら…あ!シャッターちゃ〜〜んす!!〜〜〜パシャ♪

ホントは犬の方が好きだけど、
美男より美女より、町並みにとけ込む憎いヤツ♪ それがネコ
だってココは、彼らの「庭」だもんね vv





f0205783_11582134.jpg




日が暮れ出すとオレンジ色の街灯が灯り、とてもロマンティック♪

後でもう一度歩くと、リストランテのテーブルが通りに出され、これも激しくエエ感じ♪
久しくローマで食事してないからわからないが、
メニューを見る限り、お値段かなり良心的と見た。

この通り沿いに、小さいながらも清楚な教会 Basilica di Sant'Aurea があるのだが、
ウエディングの予約でいっぱいなんだとか。
なんか。。。。わかる!わかるよ〜(≧▽≦)//

ローマ・リド線の Ostia Antica 駅からも近いし、
なんてったってローマから1時間かからない…ってのはアクセスグ〜♪だろう。

ポンペイまで行かなくても素晴らしい遺跡が見れるし vv (見てないけど(笑)
こぢんまり落ち着けるボルゲットといい、
実は知る人ぞ知る、とっても穴場!な所じゃないだろう〜か。

寝るだけのために泊まってしまったけど、もぅ一度来て遺跡巡りをしなくっちゃ!と
お月サマに誓うアテクシでした(^^ゞ


*Ostia Antica
[PR]
by 21giova | 2011-04-06 23:32 | ├ オスティア・アンティーカ | Comments(0)
大好きなマルケへ、いざゆかん
f0205783_10422921.jpg




イタリアを訪れる時、今度は何処に行こう?と、嬉し楽しくアタマを悩ませる。

基本はこぅだ。「行ったことないとこ」

動けるうちはいろんな所に行ってみたいし、イタリア全州を制覇するのが夢でもある。

その中での最有力候補は、未踏の地モリーゼだったのだが、
旅の相方、Kちゃんの休みが夏休みド真ん中!に取れることを鑑みて
今回は珍しく?!よぉ〜っく考えてみた。

伊国もヴァカンス真っ只中。
それはイコール、いろんなイベントをやってる、見れる、ってこと。
グフフ…と、すぐ思いついたのが野外オペラである。

といっても、アタシは真性オペラファンではない。
話はサクッ!としか知らないし、堂々と寝るし、長丁場でお尻が痛いのもツライ。
お気に入りのアリアはあるが、指揮が誰で歌い手が誰とか、あまり興味がない(^^ゞ

でも夏の野外オペラには、そんなこと固いこと問題ナッシングのユルくて楽しい雰囲気がある。
夜風に吹かれながら、お月さまの光に抱かれながら、壮大なショーを観る。
アタシにとってそれは、テーマパークのアトラクションに通じる楽しさとなる。

そうだ!それなら…
2005年に行ったマチェラータのスフェリステーリオ劇場

当時は残念ながら見学できなかったけど、
楕円形の一風変わった劇場で、一度夏の野外オペラを観てみたい!って思ってたんだ♪♪

調べてみると、旅程中にバッチリ開催vv
しかも演目、馴染みある「La traviata」
ココで決まりました。09年の旅は、ラララ♪ マルケ!

オペラを観に行く旅…とはエラソすぎて言えないけど、
マルケはだぁ〜い好き!な州のひとつでもある。

以前行けなかった所にも行ってみよう。
海もキレイだぞ!食べ物もワインも美味しいぞ!

……というわりには、ラツィオにウンブリアと寄り道も多くなったけど、
いつものように忙しい道中…ということで(^^ゞ 09年の旅の備忘録はじめます。

*旅のINDEX
[PR]
by 21giova | 2011-04-02 23:42 | ├ マルケへ… | Comments(0)
2009年〜旅のINDEX
f0205783_1031240.gif


  ┣ マルケへ…  
  ┣ Ostia Antica(Lazio)
  ┣ Castel Romano(Lazio) 
  ┣ Grottammare 
  ┣ Ripatransone
  ┣ Offida
  ┣ Ascoli Piceno
  ┣ Sirolo
  ┣ Ancona
  ┣ Macerata
  ┣ Todi (Umbria)
  ┣ Civita di Bagnoregio(Lazio)
  ┣ Viterbo(Lazio)
  
[PR]
by 21giova | 2011-04-01 23:30 | 2009旅のINDEX | Comments(0)