<   2010年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
カステル・デル・モンテ 2. 天才が創った摩訶不思議な城
f0205783_1533576.jpg



豆腐だケーキだと失敬な事を書いたが(笑)
目前で見るカステル・デル・モンテは、そう_これはまさに「王冠」ではないか。
威風堂々、丘の上に君臨する絶対王者の風格である。

それもそのはず、これを建造したのは、
9カ国語を操る優れた学者であり、広い学識と探求心を持ち、
交渉によって、聖地エルサレムを無血奪取。
「世界の驚異」とまで呼ばれた稀代の名君フェデリーコ2世 その人である。


その彼が、自身が持つ天文学、数学、占星学の知識を駆使して作ったというカステル・デル・モンテ。
堅固な外観や「Castel del Monte〜山の城」という名前とは反対に
城であるべき備え〜城壁や堀、銃眼や兵舎などを全く持ち合わせていない。

そらぁ〜こんな平地に城壁もなく建っていたら、
どぅぞ好きに攻めてください、となってしまうわな(笑)
じゃあ〜別荘だったの?というと、厨房さえ無いらしい。
   
フェデリーコ2世は、プーリアに200以上の城を建設したというが (凄!)
このカステル・デル・モンテだけは、その用途がはっきり解明されておらず
今だ多くの謎を抱え持つ摩訶不思議な城となっている。




f0205783_18465190.jpg





淡い桃色に輝くプーリア産の石灰石が積まれた今の姿は、
直線的なプロポーションと実によく合ってると思うが、
当時はその表面が、モザイクや色大理石で美しく装飾されていたそうだ。

それが時を経て、剥がされ盗まれ、荒れ放題だったところを
国がタダ同然 (笑) で買い上げ修復したそうだ。

そこでエライな〜って思ったのは、
最低限の修復はするけど、無い所はそのまま放っておきましょ、と手をつけなかったこと。

再現しようにも資金がなかった…という可能性も大いにありそうだが(笑)
キラキラな姿になっていたら、さてこの特異なまでの存在感は残っただろうか、と思う。

特異…そうなんです。
カステル・デル・モンテはまだまだ不思議がいっぱい。

真東を向いたファサードにある、この城の中で唯一といってもいいほど装飾的な門。
五芒星による完璧な黄金比で作られているというこの扉を抜けて
さあ、中に入ってみましょう。


   
[PR]
by 21giova | 2010-01-29 23:32 | ├ カステル・デル・モンテ | Comments(0)
カステル・デル・モンテ 1. 道草しながら白い城へ
f0205783_18575416.jpg



ワインの道〜 Strada del Vino だけでなく、
オリーブオイルの道〜 Strada dell'olio まであるなんて、さすが伊国であります♪
しかもココ大事!!「Extravergine olio」(笑)

プーリアって、ちょっと郊外走ればすぐ気が付くのだが、
オリーブがそれこそジャングルの密林のように生い茂っており、
遠目で見ると、緑なオリーブの大海が広がっているかのよう。
トスカーナとは全く違う大地の逞しさに圧倒される。

だからねホラ、エメラルド色に輝く液体は、こんなにも味が濃いンですvv

ということで…

トラーニを出発して間もないというのにさっそく道草、オイルの買い出しvv
タンクから計ってもらうこと、1リットル 0.8エウロ也。安っ!!
(他にもいろんなランクがあるけど)

まだ初日だから、ボチボチ買いなよ、と注意しながらふと気が付いた。
KちんとMちんは、買い物思考が似てて、オマケにじっくり長考型。
Kの長っ尻ショッピングにいつも手を焼いているといぅのに
ゲゲっ!こいはマズイんじゃないだろうか?
同士Tよ、お互いがんばろうな…(TOT)//

*Strada dell'olio extravergine Castel del Monte




f0205783_19424072.jpg



さて_
気を取り直し、延々と広がるオリーブ畑を抜け、ブドウ畑を抜け、クルマを走らせる。
空はどこまでも青く、大地はどこまでも緑。
とってもキモチのいいドライブだ。

と、小高い丘が見えてきたと思ったら、
その上に、イチゴ抜きのショートケーキのような、木綿豆腐のような白い物体が。

おお〜!!カステル・デル・モンテが近づいてきましたよ♪

ってか、ホンマに潔いくらいぽつねんと建ってるんやな〜(笑)
[PR]
by 21giova | 2010-01-26 23:53 | ├ カステル・デル・モンテ | Comments(0)
トラーニ5. いよいよ今日からプーリア周遊へ
f0205783_17153883.jpg




移動に便利なように幹線道路沿いのB&Bに宿をとったのだが、
着いてベル鳴らしても返事がなく、
隣のリストランテの人にお願いして電話してもらい、よぅやく開けてもらうことができた…

見るからにチャラい男性管理人は、
(チャラ)ンと鍵を渡すと「ハイ、後は好きにしていいよ♪」と、そそくさ出ていく。
ええ、ええ、好きに使いましたとも!!!

といっても慌ただしい1泊だから、
キッチンを使うヒマもなく、ソファでゴロゴロするのが精一杯。
悲しいかな、時間のない日本人でアル(TOT)/
広いバスタブと眺めのよいベランダはよかったけど。

ちょうど東向きのベランダは朝日がとってもキレイに見えて
眼下の海岸では、こんなはよから海に入ろうとしてる恐ろしく元気な人たちもいる。
そりゃまぁ〜泳げる…かもしれないが、ソレ、寒中遊泳ちゃうん?!


B&B LE PALME

f0205783_17271757.jpg




あんなんで、朝、ちゃんと顔出すんかいな?と思ってたチャラ男。
来なかったら「泊まり逃げ」してやる!って思ったけど
半分以上寝てる顔でフラフラとやってきたのはエラかった(笑)

「ええと…朝ご飯はあそこで食べて」
「あっこってどこよ?」
「向こうにBARが見えるでしょ?そこ」
  
と、朝食チケットみたいなのを渡される。
こんなん初めてだったけど、なるほど、こぅゆうシステムもあるんだな、と1つ勉強vv

が1つ問題。

頼めるのはカップチーノと1杯とコルネット1つ…だけ。
安宿の朝食でさえ、コルネットの他にビスケットやクラッカーがあるし、
運が良ければフルーツにトルタ、ヨーグルトさえ出て、カッフェは飲み放題!!なのに…だ。

みんなガッツリ朝食食べたい派だったので、
「え?これしか食べれないンですか?」と、目が三角に!!(笑)
でも自腹を切って追加するのも何かシャクで帰りかけたら、、、

通りの向こうに見えるのは……
あ!アレってもしかしてパン屋ちゃう〜〜ん!!ヤホ〜!

まさに今焼き上がったピッツァの鉄板を持ってる兄ちゃんに
朝日のごとく後光が差してたのは言うまでもありません(笑)


ここで、プーリアの名物パン、タラッリ〜taralli を教えてもらう。
作り方 も似てるし、もっと固いベーグル、グリッシーニの変形版のようでもある。
ゴマやシード、ハーブ入りなどいろ〜んな種類があって、
ほどよく固く香ばしく、ウン、コレはスナック的でウマイね♪
道中のオヤツに重宝しようvv

ブ〜ブ〜な朝食のおかげで?!、思わぬ発見があってよかった♪
っていうか、20代の頃は、朝食を取ることはおろか
昼過ぎまでしゃべることもできなかった超低血圧のアタシは一体どこへいったんだろう?
   
今はこの通り、朝からモリモリ元気いっぱい♪食べないと機嫌が悪いくらいでアル。
人間、いろんな意味で生まれ変わるモンなんだな(笑)
   

  
f0205783_1116383.gif
Città di Trani
[PR]
by 21giova | 2010-01-21 23:15 | ├ トラーニ | Comments(0)
トラーニ4. 青の中に浮かぶプーリア・ロマネスクの最高傑作
f0205783_16294636.jpg


   

初日は嬉しがって何かとパチパチ写真を撮ってるので(笑)
もぅ少しカテドラーレの様子をご紹介♪

白い町〜チッタ・ビアンカや、三角屋根のトゥルッリのように、
他州とは一味違う趣のある名所が多いプーリアだが、
ノルマン時代に花開いた「プーリア・ロマネスク」もまた
この地の建築を彩る重要なファクターのひとつ。

側面に楚々と開く薔薇窓も、ファサードを飾る装飾も、
全体からしてみると、ほんのひとつまみ程度のアクセントなのだが、
それがかえって「わびさび」的な雰囲気を引きだしており、
ある意味、とても日本人の心情に訴えかける美しさがあると思う。

無駄のないプロポーションに見えながら、後陣はどっしり重々しく、
まるでイタリア人女性のようだ…といったら「女王サマ」に怒られるだろうか(笑)

いやいや、プーリア・ロマネスクの最高傑作と言われるこの大聖堂。
多少お尻が立派でも、もちろんとっても美しいです(^^ゞ




f0205783_17553437.jpg




ギリシャからローマへ行く途中、トラーニで没した若き巡礼者ニコラのために
「巡礼者聖ニコラの大聖堂」として建てられたというのが、カテドラーレ建設の由来らしい。

内部は実にシンプルでそっけないほどだが、
地下にはいくつものクリプタがあり、
ひんやり冷たい空気とともに、どこか湿った時の匂いを感じさせる。

時代時代で作られ増やされ、歴史の地層のようになってるんだな。
その中には、聖ニコラの聖遺物もちゃんと残されています。




f0205783_17383377.jpg




朝からこぅゆう場所を回ると気分がいいよね。

もちろんこのカテドラーレがステキなこともあるんだけど、
その魅力を百万倍素晴らしいものにしてるのは
何よりこのロケーションだと思う。

青 蒼 青!な空と海に囲まれた、まさに三位一体の美しさ。
聖ニコラの奇蹟が、この地を選んだんだろうか。

アタシなんかに言われるまでもなく、みんなそう思ってると思うけど(笑)
トラーニの人たちは、オラが町の宝!と胸張っていいと思いマス。




f0205783_12314028.jpg




夜着いて午前中に出るという、まるで愛人の逢瀬のごとき短い触れあいだったトラーニ。
貴女に逢えただけで充分です…ではトラーニに申し訳ないので(笑)
またひっそり?! 会いに来るからねvv
[PR]
by 21giova | 2010-01-17 23:29 | ├ トラーニ | Comments(0)
トラーニ3. 朝のお散歩にて
f0205783_16162931.jpg



昨夜はというと、通り一帯の店がこうこうと光を放ち、老若男女でにぎわっていた港の周辺。

それが一夜明けると、、、

ンまぁ〜こんなに清々しい光景が広がっていましたvv


早起きの働き者は、網を広げるオヤジさんに、バケツを抱えたおかみさん。
ココではどんな魚が捕れるのかな?
答えはきっと、昨日食べたフリットの中にあったはず。


雲ひとつない真っ青な空に、しぃろいカモメが一羽、二羽。
ベンチの下には、野良ネコが三匹、四匹。
空から陸から、おこぼれをあずかろうと目を光らせている。

向こうにカテドラーレの鐘楼が見えるね。
クネクネ入り組んだ通りをぬって歩いていこう。
昨日は暗くてちょっと恐かったけど、今日はお天道様が一緒だから大丈夫。




f0205783_11474384.jpg




さっきから、足下にまとわりついて離れない黒犬クン。
立ち止まっては振り返り、トコトコトコトコ道案内。

オウケイわかった、ついてくよ。
こっちに行くんだな?

あっ、海が見えた♪



f0205783_11503632.jpg




角を曲がれば_おぉお〜♪

昨日は道がよくわかンなくて裏手から来たけれど、
今だって全然わかってないけど、
こんなステキなアプローチがあるなんて。

黒犬クン、グラァア〜ツエ♪

あれれ?
使命を果たした彼は、そそくさどっかに行っちゃった。
そうか、キミもココに来たかったんだな。




f0205783_2118352.jpg




朝日というには遅い時間だが、東の空から登った太陽が、
後光のように聖堂を照らしている(聖堂正面は必ず西向きなので)
その眩しさに目を細めながら、昨晩とはまた違う姿を愛でる。
 
反対に日が傾くと、その正面を真っ赤な夕日が染め抜く。
それはそれで、さぞ美しいことだろう。

夜に朝に夕に、姿を変えるトラーニの女王さま。
夕方のお顔は、またいつかのお楽しみにとっておくことにしよう。
[PR]
by 21giova | 2010-01-15 23:16 | ├ トラーニ | Comments(0)
トラーニ2. 憧れの大聖堂に出会う
f0205783_1554073.jpg



アタシにとって2度目のプーリア。
予想以上に南北に細長いこの州で、バーリから北は行ったことがなかった。
その中で、トラーニは是が非でも行ってみたい街のひとつだった。

それは__
この美しいカテドラーレがあったから。

Cattedrale di San Nicola Pellegrino 〜サン・ニコラ・ペッレグリーノ大聖堂

夜の岬。夜の広場。
真っ黒なアドリア海を背後に従え、すっくと裸身をさらけだすその姿は、
「プーリアの大聖堂の女王」と呼ばれるにふさわしいたいへん端正な美しさvv

回りに何もないのが イイ。

余計な光がないのが イイ。

人がいないのが イイ。

静かなのが イイ。

なんかとってもイイ時間に来た。
まさに「絵」になる立ち姿は、何時でも見ていられるほどキレイ♪♪

夜の闇にまぎれ、妖艶にも見えた「女王サマ」はしかし、翌朝、日の光の下で見ると
まるで何十歳も若返ったかのように、鮮やかに変身していたのでした。
[PR]
by 21giova | 2010-01-12 23:53 | ├ トラーニ | Comments(0)
トラーニ1. 祝T、祝プーリア上陸♪
f0205783_1824680.jpg




J◎Lみたいに、すわ潰れるか!果たして無事飛ぶんか?と
当日まで恐怖でビビってたアリタリアで、プーリアの州都バーリまで飛ぶ。

地方都市に飛ぶにはやっぱアリタリアじゃないと。
だからお願い…これからも航路残しておいてね(願)

そっから一気にトラーニまで走ったのは、もちろん厳しい日程ゆえ。
バーリから40キロ足らずだから、小一時間で着くはず…だったのに
例によってお約束のようにちょびっと迷い(ほんの少しだけね(^^ゞ
ジモティのあたたかい救いの手によって無事、B&Bに着いた時には、すっかり日も暮れておりました。


旅の初日って、とかく気が張って妙に元気なモノである。
腹はともかく、ちょっと1杯飲りに行こぅじゃないの…って、通りに繰り出したら、
なんと今日はTの誕生日だという。

なんなんソレ!もっと早ぅ言わんかい!

んだらば呑むべ喰うべ〜と頼んだら、なんでぃ!みんな結構食べるじゃん(笑)




f0205783_1112147.jpg





そぅ…このメンツの素晴らしいトコは、みんな飲み助食いしん坊なこと♪♪
旅の友として、コレは絶対必要不可欠な高ポイントvv
わーい!わーい!みんなサイコ〜だぜぃvv

プリプリサクサク新鮮な魚貝のフリット食べてると
ああ〜海の街に来たんだなあ〜って、時折歯に当たる小骨さえ愛しく美味しい(笑)

とにかく、、、

Tおめでたぅ〜♪ カンパ〜イ♪ チンチン♪
旅の無事を祈って♪ カンパ〜イ♪ チンチン♪
祝プーリア上陸♪ カンパ〜イ♪ チンチン♪

以下エンドレス…………

こうして、プーリア初日…トラーニの夜は、賑やかに更けていくのであった。
[PR]
by 21giova | 2010-01-10 23:24 | ├ トラーニ | Comments(0)
2008年〜旅のINDEX
f0205783_17585833.gif


  ┣ プーリアへ  
  ┣ Trani 
  ┣ Castel del Monte
  ┣ Vieste
  ┣ Altamura
  ┣ Matera (Basilicata)
  ┣ Cisternino
  ┣ Martina Franca
  ┣ Alberobello
  ┣ Locorotondo
  ┣ Ostuni
  ┣ Lecce
  ┣ Otranto
  ┣ Grotta Zinzulusa‎
  ┣ Santa Maria di Leuca‎
  ┣ Gallipoli‎
  ┣ Polignano a Mare‎
  ┣ Bari‎
[PR]
by 21giova | 2010-01-08 23:57 | 2008旅のINDEX | Comments(0)
懐かしプーリアへ
f0205783_16455784.jpg


2010年がやってきました♪
今年もどうぞヨロシクお願いしますm(_ _)m

と、胸はって言えない滞りがちなコチラですけど………(TOT)/
(ブログといっていいかも大いに疑問…)

ま、そこは置いといて__(^^ゞ

アブルッツォ記に続き、
2008年に回ったプーリア記をあげていきたいと思いマス。


イタ語学校で知り合ったMちゃん。
アタシを姉…いや、アニキのように慕い、
学校をやめた後も、良き友人としてずっと仲良くしてきた。

いつか一緒にイタリア行けたらいいね〜といいつつ月日が経ち、彼女は結婚。
ますます遠のきつつあったイタリア行きだったが、
ダンナの勤続ご褒美休暇が取れるということで
めでたく今回のプーリア行きが実現することに相成ったvv

イベント時には、外国人のように必ずダンナTを同伴させるMちゃん。
お陰で覚えもよく、皆の人気者なんだけど、
実は大いなるいぢられキャラで、違う意味での「かわいがれ方」してるのも事実(笑)
京大の院まで行った秀才も、カカア天下とその友人たちの舌鋒には歯が立たないとみて
今じゃすっかりアテクシの弟分と成り下がっている(笑)

そんなMちゃん夫婦と、イタリアの旅の相方Kちゃんと4人の珍道中。

「今度はいつ行けるかわからん!」という夫婦の悲痛な願いや、
(嗚呼〜日本人ってホントに休みが取れないのよね…)
2度目のあたしが行ってみたいとこなど、それぞれの要望を満たしていったら、
ンまぁ〜てんこ盛りの旅程となってしまった。

おでかけMAP作ってみて改めてビックリしたが、
わずか6日と半分の時間の中で、よぉ〜こんだけ行ったな…と(^^ゞ
   
まるで弾丸トラベラーみたいにハードなスケジュールだったけど、
ソレはそれで旅のテンションマックスハイ!でなんとかなるもんです。みんな元気です♪
最後、Tは倒れてたけどね…

例によって日が経つにつれ、写真を撮らなくなってますが (疲れた…ともいう(笑)
南北タッチ&ゴ〜なプーリア記、はじまりマス♪
[PR]
by 21giova | 2010-01-07 23:33 | ├ プーリアへ… | Comments(0)