カテゴリ:├ エオリエ諸島へ…( 1 )
登山靴放り込んでエオリエ諸島へ!!!
f0205783_16090077.jpg





シチリア島の北東に点在するIsole Eolie〜エオリエ諸島は、
世界遺産であると共に、ティレニア海屈指のリゾート地といってもいいだろう。

いつもの旅のスタイルからすると、そんなとこ行くなんて、
口にするのも恥ずかしいくらい全然全く似合わない場所である(笑)
それに、兼ねてから次回はモリーゼに行く!! って決めていた。
それが急転降下、今回の行き先に決まったのは。。。。。。

事の始まりは、BSで「イタリアの火山」とかなんとかという番組を見てしまったことだ。
その中で、ヴェスヴィオ、エトナ、ストロンボリがイタリア三大火山として紹介されていた。

桜島同様、煙を吐きつつ時折爆発するエトナ山は、ヨーロッパ最大の立派な現役火山である。
がしかし、ストロンボリ島 は常に…いいですか、常時、今この瞬間も噴火してる!ってこと。
番組のカメラだからじゃなく、一般人も火口付近まで登り、紅蓮の炎を見れることを知った。

へえ〜〜スゴイね〜!! と感心してたら、旅の相方が、
「ココ、ココ行きたいっ!!! 登りたいっ!!!」と言い出したのだ。
またまた出ました「未知との遭遇」はいぃい〜〜?!な世界である(笑)

アハハ! そらまた冗談でっしゃろ?

アタシはアウトドア大好き人間だが、年々低下していく体力は、陸にあがったカバにも劣る始末。
ましてや往復5時間?!しかも夜間に登るなんて……
ムリムリ絶対ムリ〜〜っ!!! ってか… ヤダ〜〜っ!!!普段、小山すら登ったことないンすよ?!

船に乗って海上から見ることもできるので、
「それ、それエエやんっ!! 船にしよ〜よ〜!」と懇願したのだが、
既に「夜間トレッキング@炎の噴火ショー」な妄想でいっぱいの友人、聞く耳もたない。

ハイ…アテクシ…腹をくくりました。

この先、六甲縦走できるほど体力が向上するとは思えない。
体力つける努力もしない…多分。
ってことは、少しでも早く(若いうちに(笑)登っておいた方いいってことだ。

それに…いつもアタシが決める旅程に機嫌よく付き合ってくれてる友人が、
登りたい行きたい!と、激しく自己主張している。これは本気で珍しいこと。
なら…たまには彼女のリクエストにつきあってあげなければ…うん。

この結論に後で激しく…それはもぅ〜呪いたくなるほど激しく後悔したが(笑) こうして旅のメインが

リゾーティなエオリエ諸島で汗まみれになって火山なストロンボリ島に登る

になったのだ。
はへえぇえ〜恐ろしや恐ろしや………(TOT)//

ま、半日がかりのトレッキングを片付ければ(!!)後は島でいくらでも遊べる。
海は素晴らしくキレイだし、キャッホ〜♪な温泉もあるではないかっ!!

いつもはクルマを駆ってそこら中動き回るけど、
島々なリゾート地に腰を落ち着けてマッタリするのも悪かないだろう♪♪
だからといって、甘いカクテル片手に優雅に過ごせたワケじゃなく、
あんな涙やこんな涙も流した「エオリエ諸島編な備忘録」

いろんな所でネタをチョロチョロ小出ししたので、
2度出し、焼き直しの部分が多々あると思う…じゃなく、あるけど、
好きなだけ引っ張って(!!) 盛れる(!!) 完全版(!!) として、お付き合いくださいませ(^^ゞ

[PR]
by 21giova | 2016-05-27 23:52 | ├ エオリエ諸島へ… | Comments(0)