カテゴリ:├ ラクイラ( 3 )
ラクイラ3. 緑に囲まれた珠玉の聖堂〜サンタ・マリア・ディ・コッレマッジョ
f0205783_10375113.jpg



   はじめて写真を見た時、なんてキレイなんだろう♪と、一瞬で恋に堕ちた。

   だからたとえ99の噴水を犠牲にしても、ココだけは絶対来たかった
   Basilica di Santa Maria di Collemaggio サンタ・マリア・ディ・コッレマッジョ聖堂。

   「見た目」も大事だが、どんな場所にあるか…も、とっても大事!
   ってことがとってもよくわかる教会だと思う。

   緑の木立に囲まれ、芝の上に佇むその姿は、まるで可憐な宝石箱のよう。
   上に、下に広がる空間が、シンプルな美しさを一層際だてている。

   訪れる人はみな、遠くからその姿を存分に愛で、
   サクサク芝を踏んで歩み寄り、仰ぎ見る。

   ミラノのドゥオモみたいに、街中に突然出現するのとは違う
   ゆったり、たおやかな時間がココには流れている。



f0205783_16552866.jpg



   ファサードを飾るのは、
   エレガントなロマネスク様式の扉と、赤と白の正方形が作り出す幾何学模様。

   一見、相反するようで見事な融合を魅せている。
   西日を壁面いっぱいに浴びてキレイですね〜♪ウン

   夕方のミサ中で写真は撮らなかったが、内部はとてもシンプルです。

   円蓋下には、この聖堂で戴冠した Papa Celestino V〜ケレスティヌス5世の棺があり、
   毎年8月には、多くの人で賑わう
    Perdonanza di S. Celestino 〜聖ケレスティヌスの許しという大きなお祭りがある。

   が…先の地震で祭壇上の屋根が落ち(!)お墓も損傷。
   聖堂にもあちこちヒビが入ったとか…(TOT)// OMG!!!

   *でもこの人、即位後わずか半年で法王を辞任。
   「辞めたい〜」と言ったのが「ケレスティヌスの許し」なのだろうか??(違!!)



f0205783_10485096.jpg



   アブルッツォでも屈指のデッカイ祭りの舞台であり、
   ラクイラのシンボルでもある聖堂の損壊は、住民たちの心を深く傷つけただろうが、
   どっこいそこはマエストロの国、イタリアである。
   何十年、何百年かかろうとも、きっと元通り修復するだろう。

   この風景がまた見れることを願って…
   ココではラクイラを後にすることにする。


f0205783_13354773.gif
Comune di L'Aquila
[PR]
by 21giova | 2009-05-06 23:52 | ├ ラクイラ | Comments(0)
ラクイラ2. 見逃した99の伝説…
f0205783_15402496.jpg



   ラクイラの街の紋章に描かれているカタシロワシ(肩白鷲、Aquila heliaca)

   そぅ〜なんです。Aquila〜アクイラとは、ワシの事なんですね〜♪
   街ができた当時は、アクイラと呼ばれていたそうデス。

   すぐお隣に大きな自然公園がある自然豊かな場所だから
   昔はワシもぴゅうぴゅう飛んできたんでしょう。

   そんな街の中心、 Piazza del duomo。
   右端にちょこんと写ってる鐘塔を持つ建物が Duomo です(見えなくてスイマセン)

   こんな大きな街の Duomo とは思えないほどシンプルなのは
   ネオ・クラシック〜新古典主義様式で建てられたからだろう。
   悪くないが、もっとこぅ、どぉおぉ〜も!的な華やかさを求めてしまうのはアタシだけでしょうか…
   中は豪華なのかもしれないけど ←入ってない人(^^ゞ

   この広場にとてもキレイなインフォメーションがあり地図をもらいにいく。
   ラクイラ、アブルッツォの観光情報って
   日本でほとんど入手できなかったから、ホント助かりマスvv

   親切丁寧なお姉さんに説明をうけ
   Fontana delle 99 Cannelle 〜99菅の噴水の場所に◎つけてもらう。

   が・・・・・・・・
   行きたかったのに、がんばったのに………(TOT)


f0205783_16545062.gif


   クルクル回って止まって、降りて歩いて、上がって下がって…ってしたのに
   時にはKちゃんを「斥候」にまで出したのに
   なんでかわからんが、結局とうとう発見できなかったのでアル……あ"あ"あ"〜〜!!

   おっかしぃなぁ〜
   いま地図見ると、ごつぅう〜イージーに行けそうなのに…
   
   駐車場と正反対の町外れな場所で、車で行ったのが間違いだったか?
   時間も無くて泣く泣く断念したが、ホント残念であった…クスン。


f0205783_17183093.jpg



   ちなみに、ガォオゥウ〜って開けたお口が全部で 99!も並んでる…という
   こんなステキな噴水ですねん(遠い目……)

   都市伝説!?によると、その昔、ラクイラには99の城があり、
   その城下〜教会も広場も噴水も99あったという。

   「99の街」と呼ばれていたラクイラにとって、だからこの数はとっても意味がある。
   この噴水もそうだし、今でも市民広場の鐘は99回鳴らされるという(凄!)


f0205783_17505881.jpg



   プラプラ歩いてた公園やお城
   *写真:中は国立博物館〜Museo nazionale d'Abruzzo
   で時間を食ったのが悔やまれるが、
   半日そこらで見て回ろうとする自分たちが悪いというもの(TOT)//

   この国立博物館だって、なかなか立派なコレクションじゃないですか!
   と、よくできたサイトを見て、今頃勉強してるあたし…
   相変わらずダメダメちゃんデス……(合掌)
[PR]
by 21giova | 2009-04-30 23:37 | ├ ラクイラ | Comments(0)
ラクイラ1. 聖人が眠るサン・ベルナルディーノ聖堂
f0205783_18151191.jpg



   フラスカーティから高速に乗って、いよいよアブルッツォに入る。

   ローマからも、アドリア海からも約100km。
   ちょうど真ん中に位置するのが、アブルッツォの州都 L'Aquila〜ラクイラである。

   L'Aquila。先日の大地震で大きな被害を被った街である。

   07年当時、私たちが訪れ見た街の姿は、今はない…かもしれないが
   短い滞在の間に撮った写真で、少しでも紹介できたらと思う。
   ホントに少ないんだけど………(TOT)//

  

f0205783_20214680.jpg



   聖カテリーナと並ぶシエナの守護聖人、聖ベルナルディーノは
   ナポリに布教に行く途中、ここラクイラで没した。

   すぐさま墓が作られ、優雅な後陣を拝するルネッサンス様式の教会が建った。
   それがこの Basilica di San Bernardinoである。

   なだらかに広がる大階段が、教会に入る前、ひと息フッと心を落ち着かせてくれる。
   街はずれにあるのだが、その分、ゆったりとしたアプローチが印象的である。
   そして、シンプルともいえる内部で一際目立つのは、堂々たる聖ベルナルディーノの墓だ。

   聖カテリーナが百合や書物を持つように、
   聖ベルナルディーノの象徴として描かれるのは、教えを説く際用いたという銘板で、
   そこには「イエス」のギリシャ語を短くした「IHS」と描かれている。
   後陣の壁にも、そのマークが見てとれる。   
   *写真は Wikipedia より San Bernardino di Siena by El Greco

   この華奢なファサードが地震でどうなったのかあまり想像したくないが、
   聖人が眠るこの場所は、未来永劫変わりはしない。
   それを想う人びとの気持もまた、未来永劫変わらない。
   ラクイラの街も、もっともっと美しく生まれ変わるに違いない。
[PR]
by 21giova | 2009-04-29 23:05 | ├ ラクイラ | Comments(0)