カテゴリ:├ヴェスーヴィオ山( 2 )
ヴェスーヴィオ山 2. 火の山には霧隠才蔵サマが君臨しておりました(^^ゞ
f0205783_1715175.jpg




いざ出発!と、登山口に立ったところで…
アレレ…もしかしてあれに見えるは頂上?既に見えてる?と、ちょっと拍子抜け(笑)

といっても、箱根駅伝「山の5区」のように、
くの字くの字を繰り返し、結構歩かなければならない。

ふぅふぅふぅ… 身体、温まってきましたvv

てっぺんまで小一時間ってとこだろうか。
距離があるが傾斜はゆるい。くっちゃべりながら歩いていたらアッという間でもある。

但しご覧のような砂利道なのでサンダルが滑るし、小石が入りこんでイタイイタイ(TOT)//
防寒着と共に、できればココはスニーカーで歩くとよいと思う。




f0205783_17111615.jpg




名は知らねど、高山植物って、可憐でキレイなモノが多いよね。
小さいな花をめいっぱい咲かしてるところが健気である。

それと対を成す荒々しい岩は、火山がビョンビョン吹っ飛ばした成れの果て。
気泡がいっぱい入っており、見た目よりずっと軽いそうだ。





f0205783_17225576.jpg





てっぺん着いたよ〜〜♪♪ と思ったら…
アヤヤ! 当たり一面真っ白け〜〜〜!!!

先を行く人影が、そろそろと白いモヤの中に消えていき、まんま霧隠才蔵状態でアル(笑)

え〜ん!! これじゃあ〜見えないじゃん!! だが、心配召されるな(๑•̀ㅂ•́)و✧

風神サマのひと吹きで、ブワ〜〜〜っと白いヴェールが晴れると、、、、




f0205783_17345573.jpg




うぉおぉおう〜!!!! 火口が見えましたっ!!!

この期に及んで、あれ〜マグマはないんだね?!と、アホな事言ってるお連れサマは放っといて…
(だいだいグツグツしてたら、こんなイージーに登れないでしょうが!!!!! )

すり鉢だね〜〜アリ地獄だね〜
直径は約600mほどらしいが、それよりずっと大きく感じます。

それと「深いっ!」の。地獄が!!





f0205783_20271441.jpg




対人物比:青Tのお兄ちゃん、左手から登場〜!! 見える??わかる?

確か宍戸開が何かの番組で、クライミングしながら特別に「下まで」降りてたけど、
それっくらい深くえぐれてるのだ。恐るべし噴火の威力!




f0205783_1843849.jpg





Google Map で見るとこんな感じ。
そう…これをついうっかり見てしまったから、登ってしまったのだ(笑)

でも…いやぁ〜〜〜あんなとこ歩いたんだね!! 立ってたんだね〜と、ちょっと感動♪♪
ストリートビューって旅の「前」に見る事が多いけど、帰ってからまた見直してみるのも一興だと思った。

現地でガイドが同行。尾根づたいをを歩くコースもあるそうなので、興味がある方は是非!
アタシも時間あったら歩いてみたかったわ〜 (おいおい!!)

>>詳細はコチラ






f0205783_1818329.jpg




1944年を最後として沈黙を守り続けているヴェスーヴィオ。

今は、コノ人生きてるの?ってくらい穏やかだけど、
深さ数キロほどにマグマ溜まりがあり、ガスや水蒸気が立ち上ってる場所もあるのだとか。
ナポリの街までわずか数十キロ。
地図上で見ると、ビックリするほど山と街は近い。

もし大噴火でもしたら、ナポリは第二のポンペイになりかねない。
実際、地球環境がどんどんおかしくなってるし、いつそうなっても不思議じゃないよね。

「ナポリを見て死ね」とはあまりにも有名な言葉だが、最近はこうも言われてるそうだ。

「ナポリが死ぬ前に見ろ」 と。

全然全く笑えないジョークだが、
当のナポリっ子たちは、コイツが一緒じゃないとナポリじゃない!と、一蹴しそう。
良くも悪くもやっぱナポリの象徴なのだ。ヴェスーヴィオ山って。

それでもマリアさま。どうぞこの山と街と人々を、お守りください。。。









ほんのちょっとだが、珍しく?! 動画撮ってたのでご覧くだされ。

風の音スゴイでしょ? 吹き飛ばされそうだったよ〜。
ただし、霧(雲)もなく晴天なら、最後パンした場所から、カプリ島をも臨むことができるそうだ。
う〜!! 島も写真も…この天気!残念だったな〜(>_<)//

正直、登るンだ…と、お付き合い気分だったけど、楽しくよか体験ができたvv
ちょっとだけ格好に気をつければ、ハイキング気分でラクラク登れるし、
「あの」ヴェスーヴィオ山に登った!って、この国を愛する者としてちょっとウレシイ。
外国人が富士山登る…みたいな…ね(笑)




f0205783_1984044.jpg




チェッチェッ!! 晴れてるや〜ん!!
登山後、クルマで少し降りただけで、空模様がこんなにも違う。
山の天気はやっぱ侮れない。

ナポリ湾を挟み、ヴェスーヴィオ山をバック従えたナポリの街を見下ろした事があるが、今度はまんま反対。
自分がヴェスーヴィオ山にいて、そっからナポリの街を見てるんだな。
左手奥、うっすら見えてる島影は、明日行く予定のイスキア島だ。

ああ〜ここにも「ナポリを見て死ね」な、絶景があったのである。
ナポリよ、永遠なれ!!
[PR]
by 21giova | 2016-01-15 23:23 | ├ヴェスーヴィオ山 | Comments(0)
ヴェスーヴィオ山 1.  行こう 行こう 火の山へ!!!
f0205783_1558610.jpg




向こうに見えるは Il monte Vesuvio〜ヴェスーヴィオ山
自分で運転しながら眺めるって、ちょっと特別な気分♪♪

旅の相方が、アマルフィ海岸の華ともいえるポジターノを、
観光もせずスル〜するのを難なく受け入れたのはワケがある。

旅の前に Googleストリートビューで、現地の様子を見る事ってないですか?
(いやはや便利なモンができたもんだよね!!)

市中を絶対!!! 走りたくないナポリをかすめるので我々も下見したのだが、その時気がついたのだ。
ヴェスーヴィオ山の頂上に向かってシュルシュルと伸びる道があることを!
それ見てすかさず友人が言い放った。

ねえねえ〜道があるってことは登れるんだよね? 行ってみよ〜‹‹\(´ω` )/››
ワッハッハ〜!!! まったまたご冗談を!!


......(´༎ຶД༎ຶ`)...... エ~ン

えっえっ、え"っ〜〜〜?!まぢで??!!

......( ˘•ω•˘ )...... ウンウン

ガ〜〜〜!!!!  じ、じゃあ〜行ってみる?  ←基本やさしいアタシ。。。

......⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾ ...... ヤッタ~!!!


やれやれ……

ということで、ポジターノよりヴェスーヴィオ登山の方が大事だったワケ(笑)
高い所が大好きなサル女だったとしても、変わってるよね(^^ゞ
そして、それに付き合うアタシも、、、、なんてイイ奴なんだ〜!!!(TOT)//

やれやれ……




f0205783_17261183.jpg




このまま快適なドライブウェイが続けばいいのになぁ〜♪
阿蘇山走った時の事思い出すくらい、景色も道もヨカヨカですvv

調べてみると、、、、
標高1281mのうち1000m付近までクルマで行けるので、実質「登る」のは数100mほど (ヨカタ〜!!)
結構お手軽に登れるみたい♪ (ヨカタ〜!!)

ヴェズーヴィオ山といえば、言わずと知れたポンペイを壊滅させた火山。
現在は眠れる獅子としておとなしくしているが、
ヨーロッパ大陸において、陸地に存在する唯一の火山であり、
今年になって活動が盛んになっている桜島とは、義兄弟の契りをも交わしている。
(実際には鹿児島市とナポリ市が姉妹都市)

そしてもぅ1つ。我々にとって馴染みがあるのは、フニクリッ♪フニクラァア〜♪ じゃないだろうか。
えっ?オニのパンツ♪ の方だって?ま、それでもイイでしょうvv

実際アタシたちも、

「100年はいても破れないぃい〜〜♪♪強いぞぉお〜強いぞぉお〜♪」って車中で歌ってたから(^^ゞ

しかし…パンツな替え歌になってるなんて、作者が知ったら卒倒するだろうな(笑) スイマセン!!

と書いてる間に、なんてタイミング!ってなくらいシチリアのエトナ山が噴火した。 
アタシの中でのエトナ山って、たとえかすかでもいつも噴煙がたなびいてるイメージがあるのだが、
今回は溶岩流を伴うかなり大きな噴火だったみたいで、ちょっと心配デス。。。

*その他エトナ山Photo





f0205783_18183754.jpg




さて、ヴェスーヴィオ山一帯はParco Nazionale del Vesuvio ヴェスーヴィオ国立公園 になっており、
噴火で形成された特異な自然環境が手厚く保護されている。

また、噴火によって形成された土壌は、ミネラルやカリウムを豊富に含み栄養満点!
農作物はもちろん、ブドウの栽培にもたいへん適しており、赤白ともにめっぽ〜美味いワインが造られる。

ファランギーナ、グレコ、フィアーノ、アリアニコ……などなど。
みんなみんな、アタシの大〜好きなワインになるブドウばっかでございマス(๑˃̵ᴗ˂̵)و

カンパーニャには DOCGワイン が4銘柄あるが、
全ての生産地は、ヴェスーヴィオ山の東、50キロ圏内にあるのがその証拠!! …多分(笑)

ち、ちくそ〜!ムショ〜に飲みたくなったぞ(TOT)//






f0205783_189918.jpg




という素人ワイン談義を挟んで…

さぁ〜上まで上がってきましたよvv
クルマで楽すると1000mの実感があんまりないが、外に出ると間違いなく現実とご対面できる。

か、風…強い〜〜!!!吹き飛ばされそう〜!!!!

でもって…さ、寒い〜〜〜!!!

「常夏」のカッコしてたアタシたち。こらたまらん!!と、ありったけの服を身に付ける。

そう…山をなめてはいけない。
暑くなったら脱げばいいんだから、夏でも上着を用意していくのがベターだと思います。

つづく…
[PR]
by 21giova | 2015-12-11 17:05 | ├ヴェスーヴィオ山 | Comments(0)