カテゴリ:├ チェターラ( 1 )
チェターラ  漁師町で作られる 古代ローマ人も愛した味
f0205783_17454399.jpg




クルマは急に止まれない… は正解だが、
停める場所がないと止まれない… も正解。

よって、あれよあれよという間に通り過ぎてしまったのは、
ヴィエトリ・スル・マーレのお隣の町、Cetara〜チェターラ

教会のクーポラがやっぱマジョルカ焼きでカワイイね〜♪ と
そこだけかろうじて愛でて、さらばじゃ〜 ( ̄o ̄)//
駐車事情が楽でないアマルフィ海岸では、止まるなら予め調べておかなきゃダメだな。

チェターラは、アマルフィ海岸唯一の漁港であると共に、
とっても有名なスローフードあるので、それだけ書き留めておこう。

それは…カタクチイワシで作った魚醤
Colatura di alici di Cetara〜コラトゥーラ・ディ・アリーチ である。

創業1950年の老舗 Delfino にこんなPVがあったので貼っておこう♪♪
町の様子もちょっとわかるかな?









材料はイワシと塩だけ。う〜ん。実にシンプル。
キモとなる塩は、苦みの強いティレニア海の塩が使われているそうな。

そうか〜エキスを獲った後の身がアンチョビになるんだね。
今でも頑なに創業当時の製法にこだわり、
約5ヶ月発酵させて作るコラトゥーラは、1つの樽から年間200本ほどしか取れないそうだ。

そ〜いえば「テルマエ・ロマエ」でしょっつる を舐めたルシウスが
「これはガルム だ!」って唸ってたが、
もちろんのこと、コラトゥーラのルーツとなっているのが、ガルムである。

古代ローマ人ってホント食いしん坊だったんだね(笑)
そして、日本にも同じ魚醤があるって事が、ちょっと嬉しく思うのであります。

と、エラソにごたくを並べているが、ううむ。しまった!
タラリラ〜♪ と、通り過ぎてしまったことが悔やまれる(TOT)//
せめてイルカマークのコラトゥーラだけでも買っておくべきだった。。。。

ちなみに…町章にもイルカ君があしらわれているので、
隣町のロバ君のように、何らかの理由があるのかも…しれない。
このアニマルシリーズがどこまで続くか、乞うご期待!である (^^ゞ



f0205783_1911237.jpg
Città di Cetara
[PR]
by 21giova | 2015-06-09 23:40 | ├ チェターラ | Comments(0)