カテゴリ:├ バーリ( 3 )
バーリ 3. 最後の夜は肉食系で
f0205783_11232599.jpg




プーリア記最後をしめる写真がコレでイイのか?!
自分でも強烈やな!と苦笑いしつつ、でも載せる(笑)

昼食はタップリ取ったけど、ヘルシーなシーフードだったし、
何より旅の最後の夜デス。飲みに行こうぜぃ!と町に繰り出す。

小さな広場に面した感じのよさげなリストランテを選ぶ。
街の喧噪がダイレクトに伝わる外のテーブルは夜風がキモチよく、
冷えた白ワインがクイクイすすむ。

で、問題のうずまきは、サルシッチャ (ソーセージ) なんだけど、
口にした瞬間、みんな目を細めて呻いた。

ああ〜〜!!肉だ!ニクぅう〜〜!!

コメだニクだとうるさいが…(笑)

「うましゅぎる〜〜!!お肉って全然食べてなかったっけ?」
「う〜ん。あっ!でも羊食べたよね?」

そうそう、チステルニーノで確かに羊を喰らったけど、
それはもぅ去年の話?ってくらい忘却の彼方で(笑)
噛みしめてニクニクしくジュ〜シ〜なソレを、一同、貪るように食べたのであります。

もぅ一品、串焼きの豚肉も食べたのだが、コレもデラウマ!でお代わりしたし(^^ゞ
人間、ここぞ!という時は (ど〜ゆ〜時やねん!) 肉を食べなぁアカンなぁ〜うんうん (違!)

しかし_肉を食べ過ぎたのか、Tクンのお腹が夜中に決壊!

帰国する翌朝になっても顔色真っ青!で、かわいちょ〜でした (>_<)/
過ぎたるは〜かもしれないが、旅の疲れも出たのだろう。
よくココまでがんばりました!!



f0205783_1320670.jpg



やっぱ最後はちゃんとしておこうvv

細長いプーリアを、とにもかくにも北から南へと縦走。
限りある時間の中では、タッチ&ゴ〜な所も少なくなかったが、
それより、このメンツでいろいろ回れた…ってことが大事。
時間と機会って、あるようでないから。。

実際、この後、2人に子供ができたので、こんな旅ができたのも、最初で最後。

最後ブッ倒れても、他人様の車にブッ擦っても、
みんなみんな良い思い出となった……よね?(笑)

素晴らしい時間を共に過ごせたことを、心から感謝するよ♪
またいつか、共に旅立てることを願って。。。。

【2008年プーリア記 了】
[PR]
by 21giova | 2011-02-26 23:21 | ├ バーリ | Comments(0)
バーリ 2. アヤシイHPはアヤシカッタか?
f0205783_1422102.jpg



   
迷路な旧市街と違い、京都のように整然と通りが切られた新市街。

バーリはプーリアの州都だけに活気があるのだが、
大きな港町でもあるので、行き交う人やレストランの文字にイタリア意外の匂いも多く、
何某かの異国情調も感じられる街である。
もちろんショップも多く、最後の夜だ!買い物だ!と飛び回る(^^ゞ

で、この旅のラストを飾るバーリのホテルだが、予約時からちくと問題があった。

よさげな所があったのでHPを見せると……

「う〜ん、なんかおかしい」
「なにがぁ?」
「だってコレ、明らかに“絵”じゃん?アヤシイよ?」
「・・・・」

ヴァージニア・ウルフとかオスカー・ワイルドとか、部屋の名前にするそのセンスは確かに?だし
言われてみれば部屋の写真…はイラストだ。
今見ると、胡散臭い匂いがフンプン!とする(笑)
いつもならこんなとこ絶対選ばない!はずなのだが、結局ココに予約を入れた。

なんでだろ????

いろんな場所のホテル探しに疲れてたのかもしれない…うん、多分そぅだ(^^ゞ



f0205783_17235570.jpg



そのツケ?は辿りつく前に早速やってきた。

指定の住所に行っても、それらしきB&Bがない。
車も多く、道も広く混みいってる大都市の中で、車で迷うほどタチの悪いモノはない。

それすら探すのに一苦労!な空いた路肩に車を止め
K嬢に聞き込みに行ってもらうと、やっぱHPとは似ても似つかぬ「ホテル」だった!(笑)

が〜ん!こんなんB&Bちゃうやん?ウソツキ〜〜!!

しかし…だ。HPよりずっと機能的で近代的なホテルで
部屋も広くキレイだったし、最後の夜の大仕事、荷物整理をするにはもってこい!であった。
滝のように勢いよく出てくる熱いシャワーにも大満足だったしvv

翌日の出発が早かったので、朝食をテイクアウトできないか?と聞くと、
快く用意してくれたスタッフも親切だったし、
場所もそこそこ便利だったし、総じて良い所だったと思う。
だから、HPにはちゃんと「正直」に記すべきだと思います(笑)

問題のサイト *B&B Residenza Sveva
動転して名称を確認するのを忘れちゃった(^^ゞ

実際は1本裏手にあったのだが、 住所はいちおあってたみたい。
しかも P.zza Luigi di Savoia Duca degli Abruzzi ってナイス!
だからよい所だったんだわvv (違)
[PR]
by 21giova | 2011-02-14 23:18 | ├ バーリ | Comments(5)
バーリ 1. ゴールの街の人情下町旧市街
f0205783_14172299.jpg




旅の最後の街、バーリ。
とうとうここまで来たか。

トラーニから始まってバーリまで、
南北グルリと、よくこの日程で回ったものだ(笑)

整然とした新市街とは全く異質の旧市街。
しかしどの街にも、そこに見所が詰まってる。

傾きかけた陽の光に照らし出されているのは、
人々の心の礎ともいえるサン・ニコラ聖堂〜 Basilica di San Nicola
ここから数百mのところにあるドォーモと同じ、簡素な美しさが印象的だ。

聖ニコラは、街の守護聖人であると共に、子供たちに尽くしたことから、
サンタクロースの起源になったともいわれている。
はるか遠く北欧から南イタリアへ。ちょっと不思議…だよね。




f0205783_1418297.jpg




ナポリより物騒だと評判だったバーリの旧市街。
それでも1人で歩き回っていたら、いろんな人が声をかけてくれた。

「カバンは閉まってるか?」
「カメラはちゃんと中に入れとけ!」

はたまた…

「そっちは行き止まりだよ」
「写真撮ってよ!」

なんてのも。

入り組んだ迷路の中は、確かにちょっと危険な香りもしたけれど、
ジモティたちはみんな人なつっこくて、やさしかった。
それがとってもうれしかったっけ。

あれから10年。

当時を思い起こさせる面影を残しながら、
それでも少し、危うい雰囲気が薄れたような気もする。
それがいいことなのか悪いことなのか、わからないけれど。




f0205783_14283768.jpg




あっあっ、イイもんみっけ!

え?これは売り物じゃないんだ?う〜ん残念。

おっ!向こうは値札が出てるから大丈夫だよね?と向かうは、
ドライトマト〜Pommodori Secchi の赤い山。

コープとかでよく買うパック品は、芯までカチンコチンに乾燥してるけど、
これはほんのりやぁ〜らかい♪

ザカザカ〜ってビニル袋にいれる無造作も、ココではイイ感じ。
ちくとオマケ付きの人情下町、それが旧市街。



f0205783_16241061.gif
Città di Bari
[PR]
by 21giova | 2011-02-07 23:12 | ├ バーリ | Comments(0)