カテゴリ:├ グロッタ・ジンザルーサ( 3 )
グロッタ・ジンザルーサ 3. 今すぐ大至急!な Adesso Now!!
f0205783_15532121.jpg



ど〜でもイイことだが、備忘録としては是非残しておきたいエピが…(^^ゞ

スーザン・サランドン似のオーナーは、
教師をしてるだけあって、物言いがハキハキして気持が良いのだが、
何かの拍子に「 adesso now ?! (アデッソ・ナウ) 」ときた時には、
ズッコケそうになるほどウケタ!!

adesso とは、英語で now …という意味なので、
日本語でいうと「今 now 」って事と一緒である(笑)

ココでも日本人初宿泊客として歓迎された我々。
つたない伊語会話に (教師だし) 英語でしゃべんなきゃ!って思ったのだろう。
(至らぬ伊語でスイマセン…)
伊語と英語が思わずごっちゃになって出てきてしまったと思われる(笑)
(本人は全く気が付いてなかったけど(^^ゞ


いや、そんなことはイイんです。。。
コミュニケーションとろうとしてくれたのはウレシイことだし。
ウケタのはその語呂、その語感。

Adesso Now あでっそ・なぁあぅう〜〜!!

ど〜です?このリズム、この抑揚 ザッツ・パーフェクト!!

しかも、ただの「今」 Adesso でも Now でもない、
緊急、今すぐ大至急!地球滅亡まであと1日!的な、グルグルレッドゾーンな切迫感がイイ♪
   
時代は「あでっそ・なう」(笑)

【注釈】
「あでっそ (mf〜メゾフォルテ)」の後、一呼吸入れ、
「なぁあ〜うぅう!! (fff〜フォルティッシッシモ)」と決めるとなおよろし。

いやあ〜帰って来てからも、ちょくちょく使ってはクスクス笑い、
彼の地にいるスーザン・サランドンを、懐かしく思い出すのであります(^^ゞ  



f0205783_1621251.jpg




見事 (?!) 流行語大賞を得たスーザン女史に敬意を表して……(違)
オリーブオイルを絞るこんな立派な石臼が、サロンに残されています。

*これまた余談だが、、、
2010年度の流行語大賞に、マジでホントに「なう」が選ばれた。
この話は、2年前に起こった出来事なんだが、
スーザンはまさに時代の先端をいってたのね!(笑)
[PR]
by 21giova | 2010-11-28 23:44 | ├ グロッタ・ジンザルーサ | Comments(0)
グロッタ・ジンザルーサ 2. Marittima 〜マリッティマのステキなB&B
f0205783_15365053.jpg



ワオゥ♪と思わず歓声を上げるほど、てんこ盛り子のフルーツ。
鮮やかな色合いが、爽やかな朝にピッタリだ。

時々、どーして見てくれはイイのにそんなに酸っぱいのよ?!という
「裏切りの街角」にあうこともあるが (なんだソレ?(笑)
媚びない甘さを身上とする伊国の果物が、アタシは好きである。

食後に1つ2つと手に持って帰ろうとしたら、
「ホラホラ、もっと持っていきなさい」と
スーザン・サランドン似の女主人が、ビニール袋いっぱいにいろいろ放り込んでくれた。


Grotta Zinzulusa から数キロの山の手にある小さな町、Marittima 〜マリッティマ。
今思うと、たとえばガッリーポリとかに取ってもよかったのに、
なぜだか、ここを選んでしまった(^^ゞ

でも、、帰国後みなで「どこの宿が一番よかったか?」という話をしたときに、
Mちゃんはここの名をあげた。
ちょっと意外だったけど、なんとなくわかる。うん。

通りに面した入口は、看板がなければわからぬほど目立たぬが、
一歩中に入れば、風格ある家屋と中庭が広がっており、
よくある、いやあ〜外からは想像もできませんでした(^^ゞ という、
立派な作りになっている。



f0205783_1839282.jpg



外観はね〜箱モノ的だけど、部屋の中は調度品も含め、とってもクラシカル。
オートラントの部屋もキレイだったけど、
こういったしっとりしたクラシック感はなかったから、
Mちゃんはソレが気に入ったのかもしれない。

そして何よりビビくりしたのは、天上が高いっ!!!!ってこと。

まぢで、日本の2階分くらいある(笑)
だから、ただでさえ広い部屋が、もっと広く感じる。

声も異様に響くので、ちょっとしたホールみたいで、
思わずラララ〜♪と歌ったり、ステップ踏んでみたくなるほど (^^ゞ
冬は寒いかもしれないが、この空間の広さと引き換えなら、アタシは後者を選ぶな vv

隅々までとてもキレイにしてあって、コレはスーザン・サランドン (仮名) の手入れの賜か。
古いミシンとか、昔の簡易洗面台?とか、小物もシャレている。
とにかく、B&Bというにはもったいないほど雰囲気のよい宿だった。


B&B Trappitu dei Settimi
[PR]
by 21giova | 2010-11-24 23:24 | ├ グロッタ・ジンザルーサ | Comments(0)
グロッタ・ジンザルーサ 1. 陽光が生み出す青の万華鏡
f0205783_1344094.jpg




地図で見る限り、あくまでなだらかな海岸線を描くサレント半島だが、
自然の力とは恐ろしいモノで、長年波風に浸食された岸壁は、
そこら中がガリガリ削られ、たいへん猛々しい姿をしている。

だからこの海岸線には大なり小なりグロッタ〜洞窟が多いらしく、
その中でも特に名を知られているのが、ここ Grotta Zinzulusa

今までカプリの「青の洞窟」に2度振られた身としては、
プーリアの青の洞窟は是非とも行ってみたい♪と、近くに宿まで取って来た次第でアル。


ってか、もぅうう〜〜〜なんなん?この青!

誰か止めて止めて止めてくりぃ〜〜!!
じゃないとザップン!と、飛びこんでしまいそう〜〜〜〜

まさに天上の青!神秘の蒼!
眩しすぎてクラクラしちゃう♪




f0205783_1993137.jpg




でもみんな絶対思うはず……
そう、、、バスクリ〜〜ン!!! ←情緒ナッシングだな…(^^ゞ  
ブ〜ブ〜!取り消しマス!!

この洞窟の中をボートで入ると思いきや、中は鍾乳洞となっており、
まずはグループでココを見学…と相成る。

地形上、入り江と洞窟(鍾乳洞) が別になっているから、
青の洞窟とは見学のシステムが違っておるワケでございます。
というより全く“別物”ですね。




f0205783_19101556.jpg




同じプーリアの Grotte di Castellanaに、
マルケの Grotte di Frasassi にも足を運んだアタシ。実は大のグロッタ好き(^^ゞ
(どっちもスゴイ!!大鍾乳洞だから!近くに行ったら是非!と薦めたい)

この二大グロッタと比べるのはいささか酷ではあるが、
それでも充分立派な鍾乳洞である。

多分、こ〜ゆ〜鍾乳洞が、他にもたくさんあるんだろうな。
これもまた自然が創り出したアートである。




f0205783_13165086.jpg




小さなボートに乗り込んで入り江に繰り出す。

夏のシーズンともなると、多分鈴なりの乗客なんだろうが、
まだ少し早いとあって、我々だけの「貸し切り」状態(笑)

コレはコレでラッキ〜♪である。



f0205783_19141651.jpg




こぉんな小さな入口を、見事な舵さばきで器用にくぐり抜ける。




f0205783_19183455.jpg




真っ暗な洞内に満ちた海水は、それでもしかし群青の藍を残し、
日の光がひとたびフワリと水面をなでると、生き物のように発光する。
パシャパシャ波のリズムにあわせて、妖しく神秘的に。

形容する言葉が見つからないほどキレイでフシギ。




f0205783_13402453.jpg



ポッカリ不気味に空いた洞窟と、見事なまでに青い海が、
まるでファンタジー映画の一コマのよう。

見る場所によって海の色が全く違うの。
とびきり明るく透明な日の光がつくりだす、これは青の万華鏡。

ほんの数十分のクルーズだが、
もぅこれで「青の洞窟」に行かなくてもいいよね…と、大満足なアタシでした(^^ゞ




f0205783_13513637.jpg




見るからに濃い青が、その深さを物語っている。
結構な高さである。

きっとアタシもすくんで動けなくなっちゃうだろうが、
それでも、この紺碧の水面にダイビングしたら…と思うと、妙な高揚感が沸き上がってくる。

度胸よく先に飛びこんだのは、裸同然のビキニの女の子たち。
キャアキャア言いながら、早く来なさいよ!と、及び腰の男性陣に手を振りあげる。

こんなところでも、イタリア人女性は強かったのでアル (笑)
[PR]
by 21giova | 2010-11-11 23:40 | ├ グロッタ・ジンザルーサ | Comments(2)