<< ストロンボリ島3. 汗と涙の火... ストロンボリ島1. いざ火の山へ! >>
ストロンボリ島2. 汗と涙の火の山登山 〜準備編〜
f0205783_2023478.jpg




マルコの家に着くと早速山登りの支度をし、気付け?!のカッフェをいただき、さぁ〜もぅ出発だ。
この期に及んで、まだ100%にソノ気になってなかったアタシだけど、
うだうだ悩ンでるヒマなんてないから覚悟も決まる(笑)

マルコの家からテクテク歩いて15分ほど。
港付近と同様、ちょっと賑やかな島の中心地、サン・ヴィンチェンツォ広場に、
ストロンボリ島の火山ツアーを一手に引き受けている〈MAGMATREK〉のオフィスがある。

名物ガイドのマリオは、黒い愛犬(上の子ね) と共に日本のTV番組にも出ていたので、
もしかして見た人もいるかもしれません。

まずここで料金を支払い(当時25エウロ) 何があっても自己責任!な契約書にサインしたり(怖)
諸々の説明を聞きながら、準備を整える。

*ツアーは事前に予約しておくのがベターです (英語メールでOK!) 同時に宿泊場所の確保も忘れずに。





f0205783_16572533.jpg




「ガイドは伊語と英語、どっちがいい?」って聞かれ、
どっちもどっちやなぁ〜と(数分)考えてる間に、そそくさと英語グループに振り分けられたアタシたち。
忙しい時のイタリア人は、関西人並みに“いらち”でせっかちである(笑)

「ハイ、じゃあ〜赤いヘルメットね」

このカラフルなメットは、ツアーグループの目印になると共に、本来の大事な役目も担っている。
それは…いつ何時飛んでくる (かもしれない) 「何か」からオツムを守るためである(笑)
いや…突然大噴火する可能性もある火口付近まで行くのだから、これは全くの冗談ではない。
→ よって誓約書を書かされる(^^ゞ

その他にストック(トレッキングポール) 代わりの竹の杖も貸してくれる。

日本では、せいぜい登って伊吹山…ってくらい「登山」経験のないアテクシだが、
追々延べていく (地獄のような(!!) 今回のトレッキングを踏まえ、装備の事を言わせていただくと…

この竹の杖は 必ず絶対2本!! 借りること!

普段から使ってる人は重々承知でしょうけど、ストックは2本あって初めてその効力を発揮する。
アホなアタシは1本だけ借りて、後で泣きました。ハイ。

また、帰りが夜間になるのでヘッドライトも必要だ。
もちろん、トレッキングシューズは自前に限る。

そうでなくてもゴツくてカサ高いシューズをスーツケースに入れる時、
ああ〜このスペースに、あんなモノやこんなモノ買って詰めれるのになぁ〜って思っちゃったけど(笑)
足元は大事なので、物欲を捨ててでも履き慣れたシューズを持っていくべきだと思う( ✧Д✧)//




f0205783_1736405.jpg




その他に…帽子、タオル(数枚)、手袋、防寒具、ハイカロリーな行動食(お腹減ります!!)、
理由は後で説明するが、マスクとゴーグルもあった方がよい。

そして何よりっ水っ!
サイトの説明では最低1リットル…と書いてあったけど、持てるだけ持っていくのがイイと思う。

というのは、17〜18時の間で時間差で各グループが出発するンだが、
20時を回りようやく日が傾きかけるこの時期、その時間って、
まだまだ陽射しが強いうえに、丸裸な山腹は逃げ場が全くない。

アタシが特別汗っかきだったからかもしれないけど、どんどん水分が失われて、
1リットルなんて、ア〜タ、往路で既にないですから!!!
途中、足がツってしまったのは、絶対水が足りなかったからだろうと思う。

だから…大事です。命の水!!!

と、ここまで、自分で準備できるものは持っていったらいいし、
ヘッドライトなどちょっと特殊な装具や、
頭の先からつま先まで、まるまる一式貸してくれる店もあるので、急に思い立って登ることも…できる。




f0205783_18441932.jpg


さてここで、ストロンボリ島についてちょっとお勉強v

wikiにもあるように、我々が「ストロンボリ島」と認識しているのは、
海上から突き出たほんのわずかな部分でしかない。
その実態は、はるか2000mも下、海底へと続いている。

うわ〜こんなになってるんだ!!!
ホントはエトナ山(3,329m)並みのでっかい火山なんだね。

全体でいうとその八合目辺りからスタートし、上記の地図の赤線コースを辿り、
島の最高地点926mのうち750mあたりまで登り、降りるのが今回の登山ルートとなる。

750m?! へっ!そんだけですかい?!ってお思いでしょう。
ええ、ええ、認めます。ハイ。確かに数字上、大した高さではありません。

が…普段座ってばかりのデスクワークで圧倒的な運動不足、不良債権のような身体のアタシにとって、
たかが750m。されど750m。遠いぞ750m。なみだの750m…だったのだ(TOT)//
[PR]
by 21giova | 2016-07-15 23:11 | ├ ストロンボリ島 | Comments(0)
<< ストロンボリ島3. 汗と涙の火... ストロンボリ島1. いざ火の山へ! >>