<< スルモーナ3. 幸せを運ぶお菓... スルモーナ1. 着いてさっそく... >>
スルモーナ2. 幸せを運ぶお菓子〜コンフェッティ1
f0205783_11171990.jpg



イタリアにはアーモンドを使ったお菓子がたくさんある。
シチリアの銘菓、あたしも大、大好きな Torrone〜トローネもだが、
もっと「全国区」なアーモンド菓子が、ここスルモーナにある。

アーモンドを砂糖でコーティングした Confetti〜コンフェッティである。

ちょいとつまんで食べるだけでなく
イタリアでは祝い事に欠かせないお菓子として知られています。
ほら、引き出物の中に入ってることありません?
またの名を「ドラジェ(仏名)」ともいいマス。

*薬学分野では、糖衣がけした錠剤も「ドラジェ」と呼ぶそうだ。
なんで「コンフェッティ」じゃないの?って思うけど、名前が長かったんでしょうね…多分(笑)



お祝いの時に贈る数はきっかし5粒。
カラフルな色にもちゃんと意味があって
 
結婚の時は5粒全部 白。

洗礼の時は、男児だとブルー1に白を4、女児はピンク1に白を4。

卒業の時は赤を1に白を4。

銀婚式では銀が1に白を4。

金婚式では金が1に白が4となるそうだ。

す、スゴイ決まりだね〜(笑)

なんでもその昔、スルモーナの菓子職人が、砂糖を熱し糖衣をつくることを発見。
アーモンドやヘーゼルナッツの糖衣がけをつくったのがはじまりだとか。

あてくしは全く知らなかったんだけど(^^ゞ
イタリアでは「スルモーナ=コンフェッティ」と連想するくらい
有名なお菓子のひとつとなっています。



f0205783_12445727.jpg




そしてさすが発祥の地。
通りを歩けば、コンフェッティの店、店、店!!

専門店以外にも、BARに土産物屋、食料品屋あらゆる所で目にする。
あっちもこっちも、犬も歩けばコンフェッティに当たる…状態 (^^ゞ

その中でも一際目を惹くのが、
見事にデコレートされたコンフェッティの花である。
軒先に花屋と見まごうばかりに咲きはなち、
知らなければソレが「コンフェッティ=食べれるモノ」とは思いもしない。

1本でもいいし、色など選んで、オリジナルの「花束」もできるらしい。
花束ですよ〜?!シュゴ〜イ!誰かちょ〜だい♪(笑)

ちょっとグロテスクな虫シリーズはいただけないが
キッチュでパワフルな色遣いが、とってもイタリアらしい。
しかも、コンフェッティを使ってこんな器用な細工するんだ〜と、ビックリもした。
いや…マエストロの国だから、これくらい朝飯前でしょうけど(^^ゞ

思いのほか安価で、買おうかと思ったが、
針金が曲がるし、セロファンも破れるやろ…とスルーしたことを
今、とっても後悔している(TOT)/

旅先で「欲しいな」と思ったモノは、後先考えず(イイのか?)ゲットすべし!
なんだよね…やっぱ。
[PR]
by 21giova | 2009-06-28 23:16 | ├ スルモーナ | Comments(4)
Commented by viaggi at 2009-07-02 15:35
はじめまして♪ 過日にコメントいただきましたviaggi ともうします。
長くブログ放置しておりましたので、うかがうのが遅くなってしまいました。 ごめんなさい!
スルモーナがコンフェッティの発祥地だなんて知りませんでした~! 色の決まりもちゃんとあるのですね。 この前イタリアの結婚式でもらったのは全部白だったかしら? とてもお勉強になりました。 またゆっくり遊びに伺いますね。 こちらからもリンク貼らせてください。 これからもどうぞ宜しくお願いします!
Commented by 駄菓子 at 2009-07-02 16:33 x
ジョバさん、こんにちは!
イタリアから帰ってきました。どこにコメントつけようかと思ったけど。

ヒツジまみれの話はヒジョーに楽しく読みました! 忙しくてコメントをつけるヒマなくてすいませんでした~。

今回、私は半ば未踏の地、マルケ、リグーリアをまわってきました。
そうそう、マンダリーナダックのトロリーバッグも買いました。
ミラノのリナシェンテだけど。茶色でかなり大型。
なんとバーゲンで2割引。
Commented by 21giova at 2009-07-03 16:20
viaggiさん、はじめまして、こんにちは。
ブログ、もぅ閉鎖?!されてしまったのかと心配していたので
コメントいただき、とても嬉しく思います。
リンクもありがとうございます♪
えらそ〜なごたくをいろいろ並べてますが、
私も色の決まり事も、後で知った次第でございます…(^^ゞ
という手前味噌なブログではありますが(笑)
イタリア好き同士、こちらこそこれからもどうぞよろしくお願いいたします♪
Commented by 21giova at 2009-07-03 16:29
駄菓子さん、こんにちは。そして、おきゃ〜りなさい♪♪
コメントは、どこでもいつでもオウケイですのでお気になさらずに♪
マルケとリーグリア周遊とは、近いような遠いような…って、遠いやん!(笑)
お天気よかったですか?暑かったでしょう?
私も今年はマルケを再訪するので、さっそく師匠のブログ見にいかなくっちゃ!

>マンダリーナダックのトロリーバッグ
イイですね〜!そっか〜もしかして今ってバーゲン?!きゃほ〜vv
あたしが行くまでしてますよぅに!っと〜(^^ゞ
<< スルモーナ3. 幸せを運ぶお菓... スルモーナ1. 着いてさっそく... >>