滋味深いスープと黄金の酒に酔いしれた夜
f0205783_21523822.jpg



1910年創業。リパリで最も古い店である Filippino にわざわざ来たのは、
そう… Buon Ricordo のお皿が欲しかったからに他ならないv

なんせシチリアに4軒しかない店の1つがリパリにあり、
これが記念すべき10枚目のお皿になるなら、何が何でも行かねばならぬっ(๑•̀ㅂ•́)و✧

そう思うと エーリチェでゲットしとけば
シチリア@コンプリートできたかもしれない…と、ちょっと残念。
ただあの時は料理がクスクスで、イマイチ気乗りしなかったのだ。。。。

それはさておき…お皿の料理 Zuppetta del nonno Filippino は
離乳食でもオウケイなほどトロットロに煮込まれた魚介のスープであった。
その名の通り、ジイちゃんが魚介の切れっぱをぶち込んで作った
フィリッピーノ家定番のひと皿だったに違いない。

いわゆる “貧しい料理〜Cucina povera” だけど、
それは安価で身近な食材を、シンプルに、美味しく調理することであって、
額面通りの“貧しい”という意味では決してない。
むしろ、イタリア料理の基本の「キ」じゃないだろうか。

レストランで出す上で、それなりの手間もかけているだろうが、
ジンワリシッカリ出汁が効いて、見た目通りのド・ストレートな味わいに、心が、身体が、大喜び!
「キ」ができていれば、何だって間違いなくウマくなるのだ。

その地の郷土料理になることが多いお皿の料理。
ほとんど美味しく頂くが、中には「諸般の理由」で持て余す時もぶっちゃけある(笑)
しかしながらこのZuppetta はベスト3に入るくらいオイシカッタ〜♪♪

お皿もカワイイし、大満足デス♪♪





f0205783_21161560.jpg





そしてもぅ1つ。リパリに来てコレを飲まずしては帰れない。
ギリシャ人が伝え、“神々の酒”とうたわれた黄金色の Malvasia Delle Lipari

甘美ともいえる上品な甘さ、かつ、さまざまな果実香がもたらす余韻もすばらしく、
伴侶に選んだピスタチオのタルトも奇をてらわないシンプルなつくりで、まさにベストマリアージュ♪♪
最後の〆を見事に飾ってくれたのでありましたv

この時いただいたのは、ズバリFilippino印だったけど、
老舗店らしく、他の多くの Malvasia Delle Lipari を取りそろえているので、
いろいろ飲み比べてみるのもいいかも。





f0205783_16091462.jpg




ホロ酔い加減で帰途に着く passeggiataは、さっきとはまた違うよか気分。

コルタ港はすっかり様相を変え、
人々のざわめきやグラスの触れ合う音が、静かに、確かに響き渡っている。

彼らにしたら「これから」が本番。
きっと夜遅くまで賑わいが絶えることがないだろう。





f0205783_20115292.jpg




あれだけいた兄ちゃんたちもいなくなって、港内もひっそり静かです(笑)

イタリアに限らず、欧州のオレンジ色の街灯ってキレイだよね〜♪
ちょっぴりほの暗く、ちょっぴり妖しく、そしてあったかい。

なんでも欧州人って、昼間のような明るさの蛍光灯を嫌う傾向があるらしい。
それに、リラックスするにはオレンジ色〜白熱灯がよいそうだ。
うんうん、それ大正解!

そんな光を追いながら、ゆっくり足を進めていく。
洗濯物乾いてるかな?と、えらく現実的な事を考えながらも、
毎夜、同じ部屋に帰るっていいな〜。テラスでまた軽く(?!)飲むか(^^ゞ





f0205783_22121623.jpg



〜オマケ〜

1番の作り手のも飲んでみなきゃ!と、Malvasia Delle Lipari を買って帰った。

昔は海に浮かぶ孤島といった感で、多くの人が島を離れ、ブドウ畑も廃れていたそうだが、
エオリエ諸島に惚れ込み移住したブレシア出身のハウナーが、ブドウ栽培の復活に注力。
今やエオリエ諸島を代表する作り手となったHAUNER のPassito です。

更に糖度が上がり、大好きなババを添えれば、これまたご結婚おめでとうございます!にv
それほど甘党じゃないアタシだが、甘いものに甘いもの。
このダブルパンチは、延髄切りくらうほど破壊力がある(笑) それほど美味しい。

ブドウも味わいも違うけど、
DONNAFUGATAのBen Ryé が好きな人は絶対気に入ると思うし、日本でも買えます。
お値段も若干、安いと思うよ〜(๑˃̵ᴗ˂̵)و





[PR]
# by 21giova | 2017-03-13 23:40 | ├ リパリ島 | Comments(0)
硫黄臭を漂わせながら(!!)夕暮れのリパリを歩くのだ
f0205783_16001382.jpg




ヴルカーノから帰り、しっかりシャワーしたのにまだ硫黄臭がするけど、まぁ〜イイや…(^^ゞ
2日目だというのに全然見てないリパリの町へ、繰り出す。

ストロンボリやヴルカーノといった素朴な島に比べると、
リパリは本当に「ザ・観光地!」賑やかで開けている。
しかしそうゆう所は何かと“誘惑”が多いので(!!) 今日は人が少なそうな裏通りを歩いてみる。

ね、キミも同じ心境だろ?!とは、孤高に歩き行く黒猫クン。
レディを(!!)見向きもせずに、塀の向こうに消えていきました…。





f0205783_16181752.jpg





うっすら朱に染まった海が、
島向こうで盛大に沈んでいるであろう夕陽の名残を届けている。

脳天で目玉焼きができるんじゃないかと思うような昼間の暑さがウソのように引いた夕暮れ時。
朝に次いで1番心地よい時間帯でもある。

アハハ!まるで松竹梅!(もちろん右から(笑) ランク違いのヨットが仲良く並んでるよ。
梅クラス…いや、モーターボートでもいいから、
誰かアタシに一隻プレゼントしてくんないかな〜。





f0205783_20203740.jpg





なんだか人が多い所に出てきたよ。
ポッチリ浮かんだお月さまの下にそびえるのは、
リパリの大聖堂〜 Cattedrale di San Bartolomeo の鐘楼。

町の守護聖人である聖バルトロメオとは、ミケランジェロの最後の審判の中で、
彼の自画像が描かれている“皮”を持っている人なんだって。

でっかい絵だけど「ミケ好き」としては、そこだけはジックリ見ていたので、
おぉお〜!そうなのか?!と、ちょっと嬉しく(?!)思った。

あ、ココに最後の審判のその部分の写真が載ってます!
なるほど。じゃあ〜反対の手に持ってるのは、ナイフだろうか。
逆むけひとつであんなに血が出て痛いのに「皮剥の刑」だなんて。
中世の拷問って、古今東西おぞましすぎる(TOT)

大聖堂の他に、考古学博物館や古代遺跡が遺るこの周辺は、いわゆるリパリの歴史地区。
今日は遅いから、後日ゆっくり見学するとしよう。






f0205783_21162531.jpg





大聖堂からゆるりと南下すると、観光船が発着するMarina Corta〜コルタ港。

観光客と見るや、島巡りしない?!と、あちこちから声がかかる。
記憶にある限り、滞在中、アジア人を見かけなかったので、
トウがたったアタシたちでもよくモテました(笑)
しかもみなさん、こんがり細マッチョなオトコマエ揃い。ココロが(大いに)揺れる(//∇//)

でもここはキリリと顔を引き締めて、チラシだけもらう。
そらもぅ〜い〜っぱいクルーズツアーがあるもんだから、
浮かれてないで、よく読んでから決めないと( ✧Д✧)// ←案外冷静(笑)





f0205783_21155153.jpg




西日をいっぱい浴びて、
どっかで1杯ひっかけているであろうパパの帰りを待つおチビちゃん(by妄想)

観光地な島の常として、レストランが開くのは早くて19時。
ジモティたちの夕食はもっと遅いだろう。
でも…ハラは減る。確実に。
小さいお腹も、大きなお腹も、お互い早くご飯にありつこうね!

と、いい具合にpasseggiataしたその先に、目当てのレストランが見えてきた。





[PR]
# by 21giova | 2017-02-20 23:21 | ├ リパリ島 | Comments(0)
ヴルカーノ島2. 泥んこ温泉の次は海底温泉へダイブだ!
f0205783_21340633.jpg





あんまり長く浸かっていると水着が溶けちゃいますよ!…ではないが、
伊国にしては殊勝な事に時計が設置されている。

その下に…「泥はしっかり落としてねv 」との注意書き。
そう、ファンゴを落として飛びこむ先はシャワー……
じゃなく、海にダイブ〜だぁ〜!!!






f0205783_21420671.jpg




泥んこ温泉のすぐ横から入れるもう1つの目玉「海底温泉」
海の色が白濁して見えるのは、海底から湧き出す温泉のせいである。

この時期、どこに入っても適温になってる海だけど、温泉の「あったかさ」はまた違う。
あ"ぁあ"〜あったけぇ〜♪♪という「あったかさ」なのだ(笑)

こちらも泥んこ温泉と同じく、所々に隠れてる吹きだし口からかなり熱い熱湯が吹き出していて、
それが、ザッパラパ〜んと寄せては返す波でかき混ぜられていく。

心身が開放的になっているからか、
自然って、地球って、スゲ〜な!って、素直に感動する。






f0205783_16104705.jpg







そうだ!「アレ」あるよね、絶対!
と、プカプカしながら見渡すと、、、、ほぅら、やっぱりあった!
浅瀬に岩をグルリと積んで作ったお手製の「浴槽」(笑)
作ってくれた人ありがと〜〜♪♪

こちらは湯を溜めてる分、かなり温泉チックに温まれる。しかも海の中で。
ほンとぉ〜うに、至福のひと時です(//∇//)

写真右手の方に港があるので、
ビックリするくらいでっかいフェリーが、まるでロープでひっぱられてるように、
音もなく水平線の上を滑っていくのが間近で見えるのも楽しく、
あらら、みんなもぅ上がっちゃったのね?!ってくらいゆっくり楽しんだ。






f0205783_22080532.jpg




というように、2種類の、まんま自然の温泉が楽しめるヴルカーノ。
エオリエ諸島に行ったら、温泉好きなら、海が好きなら、絶対行くべ〜し!です!

ミラッツォからも高速船ならわずか40分。
船が着く港から200mも歩けば泥んこ温泉だよ♪





f0205783_22313676.jpg




ほとんど人がいなくなった真っ昼間まで居てしまった我々だが、
賢い人は1日のうちで最高潮に暑い時に外にいるバカはやめよう(笑)

エオリエ諸島の島は、総じて島の中より「外」にお楽しみが多いので、
温泉を楽しんだら、船でヴルカーノ島の西側に行ってみるのも手である。

ちょっとショボそうだが、Piscina di Venere 〜ヴィーナスのプールや、

Cavalloって「馬」って意味だけど、
伊国では、タツノオトシゴは「竜の子」ではなく「馬」に例えられるそうで、
その名も「海の小さな馬っ子〜 Cavalluccio Marino」という。(と、調べて知った(笑)

想像するとカワイイね〜♪
それに、チェスのナイトはソレに似てないこともない。
ニワトリの鳴き方が国によって千差万別なように、
いろんな捉え方、見方があるんだと“勉強”になったわ(^^ゞ






f0205783_12262708.jpg




さ、そろそろリパリに戻ろう。
船が来るまで港のBARでひと涼み。
ビールも魅力的だけど(笑)はしゃいだので甘いものが欲しい。
南イタリア…いや、シチリアなら、ジェラートより断然グラニータだ。

で、このピスタッキオの美味しかったことといったらア〜タ(@▽@)//
そら、名産品ですけど、なんですか?この濃厚さ!スキ〜スキ〜大好き〜!!!

しかも、なんのてらいもないフツ〜のBARで、フツ〜に出てきて…だ。
オソルベシ〜〜!!! 明日から毎日グラニータ食べよっと(๑•̀ㅂ•́)و✧








[PR]
# by 21giova | 2017-01-31 23:27 | ├ ヴルカーノ島 | Comments(0)